「6年間使ったランドセル」のおすすめリメイク4選!大切な思い出を長く残す方法は?


はじめての小学校生活を6年間支えてくれたランドセル。お子さんはもちろんのこと、親としても思い出深いものですよね。

卒業後には捨てるに捨てられない方も多く、どうすべきか悩まれるでしょう。

株式会社GoodServiceが小学6年生の子を持つ親(513人)と中学生以上の子を持つ親(502人)に行った「ランドセルの処分とその方法」によると、卒業後に「お子さんのランドセルはどうする予定ですか?」という質問に「まだ決まっていない(48.2%)」「保管(27.3%)」「破棄(6.6%)」「普段使いの小物(ポーチ、パスケースなど)にリメイク(4.7%)」と続きました(2022年3月10日公表)。

最近では使わなくなったランドセルを小物などにリメイクされる方も増えています。大切なランドセルを長く残すためにおすすめのリメイク法を4つご紹介します!

■ミニチュアランドセルで一生の思い出に

イオングループのリフォームスタジオ株式会社が運営するリアット!楽天市場店では、ランドセルを小さくリメイクする「ミニチュアランドセル」を販売しています。

出典:イオン株式会社

通常のランドセルだと大きくて保管場所に困りますが、高さ約15センチ、幅約10センチ、奥行約8センチのミニチュアサイズなら、リビングなどへも飾っておくことができますね。

10年、20年と時を経ても、小学校時代の思い出を大切に保管することができるでしょう。

  • 価格:リアット!楽天市場店仕様 1万1800円(税込1万2980円)
  • リメイク後のサイズ:高さ約15cm、幅約10cm、奥行約8cm

■タペストリーでインテリアのアクセントに

工房系ランドセルメーカーの老舗である(株)土屋鞄製造所は、「ランドセルリメイク」の2022年度第1回注文受付を2022年3月22日(火)よりはじめています。

出典:(株)土屋鞄製造所

ランドセルのパーツをミニチュア化したタペストリーは、元の姿が活かされており卒業後も思い出として長く保管できます。

壁に飾れるので場所をとらずに、インテリアを彩ってくれるでしょう。

  • 価格:2万3000円(税込)
  • サイズ: 縦27.5×横38.5×厚み3.5cm

■愛着を持って長く使えるスツールに

静岡の鞄メーカーである池田屋は、ランドセルをスツールにリメイクする新サービスを2022年1月よりスタートしています。

出典:株式会社池田屋

「せっかく思い出の詰まったランドセルだから、日常生活で使い続けたい」と思われる方もいるでしょう。

スツール本体の木材は日本ヒノキ、チェリー、ウォールナットの3種類。ランドセルの顔であるカブセを座面に使用し、色合いに合わせて木材を選びます。

いつまで使えるスツールなら、お子さんでも愛着をもって長く使用できそうですね。

  • 価格:

・日本ヒノキ:税込1万8700円
・チェリー:税込1万9800円
・ウォールナット:税込2万900円
※樹種により価格が変わります。同じ樹種であればサイズによる価格差はありません。

  • サイズ:

・[OUTDOOR]幅31cm×奥行35cm×高さ約34cm (折り畳時:幅31cm×奥行9cm×高さ約45cm)
・[INDOOR]?? 幅35cm×奥行35cm×高さ約42cm (折り畳時:幅35cm×奥行9cm×高さ約53.5cm)

■パスケースでいつでも思い出と一緒

同じく(株)土屋鞄製造所では、L字形ファスナー付きのパスケースへのリメイクも行っています。

出典:(株)土屋鞄製造所

大人向けの鞄に用いる技術で制作されており、細部までこだわられたパスケース。

いつでも思い出と一緒に持ち歩くことができますね。

ランドセルは大きいので、小物であれば複数作れる場合もあります。事前に確認すると良いでしょう。

  • 価格:9000円(税込)
  • サイズ:縦10.0×横11.5×厚み2.3cm

■世界に一つだけの思い出の品を

ランドセルのリメイク方法は数多くあって悩みますよね。

大切なランドセルをどのように長く残していきたいかは、ご家庭やお子さんのお希望によって異なると思います。

お子さんの希望も聞きながら、世界に一つだけの品にリメイクしてくださいね。

■参考資料

  • PRTIMES「ランドセルの処分方法を決めていない人が半数以上!6年間の思い出が詰まったアイテムの後悔のない方法とは?」( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000047059.html )
  • PRTIMES「想い出いっぱいのランドセルを【ミニチュアランドセル】に!ネーム印プレゼントキャンペーン実施!!」( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002155.000007505.html )
  • PRTIMES「思い出いっぱいのランドセルを世界にひとつだけのスツールに。静岡の鞄メーカーと家具職人が手掛けるランドセルリメイクの新サービス。」( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000031333.html )
  • PRTIMES「【土屋鞄】2022年度「ランドセルリメイク」注文受付開始。ミニチュアランドセル、フォトフレーム、パスケースなど全5種類」( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000282.000007557.html )

関連記事(外部サイト)