【ガーデニング】オシャレな花が咲くオススメのハーブ7選!野趣あふれる美しさ、家庭菜園に彩りを


おうち時間が増え、自宅で家庭菜園を楽しむ人が増えています。

家庭菜園で育てられるのは野菜やハーブ。花が咲くハーブを植えると、菜園に彩りが加わりオシャレな雰囲気に。

今回は花や香りが楽しめるオススメのハーブを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

■家庭菜園で楽しむハーブ

ハーブは料理に使えるのはもちろんのこと、香りや見た目も楽しめて、庭や花壇をオシャレに彩ってくれる植物。

特にハーブは野趣あふれる美しい花を咲かせます。ひとつひとつは派手ではありませんが、集まって咲くと大変見応えのある景色になります。

attem/Shutterstock.com

ハーブはコンパニオンプランツとしても活躍します。ハーブの香りが苦手な虫も多く、野菜と一緒に植えると害虫を減らす効果も期待できます。

丈夫で育てやすいハーブですが、その丈夫さが他の植物の生育を阻害することもあります。繁殖力が旺盛なミント、オレガノ、レモンバームなどを地植えにする場合は注意が必要。

株をあまり大きくしたくない人は鉢やプランターで育てるのがオススメ。鉢ごと植えて根域を制限するのも一案です

■オシャレなカワイイ花が咲く!オススメのハーブ7選

beats1/Shutterstock.com

地植えで育てる場合は野菜とハーブを分けて植えましょう。素焼きのレンガやアンティーク調の柵、ピンコロ石などで囲むとステキなハーブガーデンに仕上がります。

鉢やプランターで育てる場合はテラコッタや木製のプランターなど、通気性がありハーブが映えるナチュラルな風合いがあるものがオシャレ。

飾り棚などを使って、野菜よりも高くレイアウトする飾り方もオススメです。プラスチック製の鉢は多湿になりやすいので注意しましょう。

■ラベンダー

cha_cha/Shutterstock.com

紫の花穂が揺れる姿が美しいラベンダーは人気のハーブのひとつ。その香りは気品があり、さまざまな製品に活用されているのはご存知のとおり。春から初夏にかけて紫や青、ピンクの花を咲かせます。

ラベンダーには豊富な品種がありますが、おおむね高温多湿が苦手。その中でもフレンチラベンダーは暑さにも強い品種。暖地でも育てやすいでしょう。※参考価格:300〜600円前後(3号ポット苗)

■ルッコラ

weha/Shutterstock.com

ピリッとした風味に、ゴマのような味わいがあるルッコラは家庭菜園でも育てやすいハーブ。葉が可食部分でサラダなどに使えます。種からでも比較的カンタンに育ち、初心者にもオススメです。

ルッコラはそのまま育てると、茎が伸びて先端に白の可愛らしい可憐な花を咲かせます。

茎が長いため、切り花として飾っても美しいですよ。※参考価格:300〜400円前後(3号ポット苗)

■チェリーセージ

Cristina Ionescu/Shutterstock.com

赤と白のバイカラーが可愛いチェリーセージ。サクランボのような香りも人気です。赤と白が派手なようにも見えますが、葉の緑がアクセントになり、とても爽やかで可愛らしい雰囲気です。

春から秋にかけて長く開花し続けてくれる観賞用ハーブなので、切り花や料理の飾り付けとして楽しめます。多湿に注意して、日向〜明るい半日陰で育てましょう。※参考価格:300〜500円前後(3号ポット苗)

■センテッドゼラニウム

aniana/Shutterstock.com

センテッドゼラニウムは花に香りをもつグループの名前。ローズゼラニウムやアップルゼラニウムなどが該当します。初夏から秋にかけ、白や赤、ピンクなどの花を咲かせます。素晴らしい香りも楽しめますよ。

日当たりと水はけ、風通しのよい場所で育てると元気に育ちます。冬の寒さは苦手なので、防寒対策が必要です。花が咲き終わったら、茎の付け根を折って取り除きましょう。※参考価格:300〜600円前後(3号ポット苗)

■カレープラント

ndriy Tkachenko/Shutterstock.com

カレーの香りがする、ユニークなハーブのカレープラント。初夏から秋にかけて咲く黄色の小花、シルバーカラーの茎と葉、いずれも観賞価値が高く、乾燥させればポプリやドライフラワーでも楽しめます。

日当たりが悪い場所だと枯れてしまう可能性があるので、葉焼けも防げる半日陰程度の場所で育てます。

やや乾燥気味に育て、過湿には注意しましょう。※参考価格:300〜500円前後(3号ポット苗)

■タイム

Flower_Garden/Shutterstock.com

香草として有名なタイムも、可愛らしい花を咲かせるハーブ。春から秋にかけ、ピンクや白のたくさんの小花で楽しませてくれます。

タイムには上に茎を伸ばす立性と、横に広がるほふく性のタイムがあります。ほふく性は繁殖力が旺盛なので、鉢やプランターで育てるのがおすすめ。日当たりがよい場所で育てると花付きも良くなりますよ。※参考価格:300〜500円前後(3号ポット苗)

■シナモンバジル

Nadya So/Shutterstock.com

甘いシナモンのような香りが魅力のシナモンバジル。バジルの仲間ですが、全体的にやや紫がかっているのが特徴。夏から秋にかけて、大人っぽいオシャレな紫色の花を咲かせます。

観賞用で流通しているものは、食べることができないため注意が必要です。食用の場合は、花が咲くと葉が硬くなるため、様子を見ながら収穫しましょう。日当たりと風通しがよい場所で育てると元気に育ちます。※参考価格:200〜400円前後(種)

■まとめにかえて

ハーブは香りや料理として楽しめるだけでなく、花も楽しめる植物。丈夫に育てて花も楽しんでみてください。

ハーブはそもそも強健な性質なので、環境さえ合えば手間もかからない植物。育てていたら、いつのまにかキレイな花が咲いていたということも。

野趣あふれる美しい花は見ている人の心をリラックスさせる効果も期待できます。花が咲くハーブガーデンをぜひ楽しんでみてくださいね。

関連記事(外部サイト)