【MAZDA CX-60】マツダ、新型SUVの日本仕様の画像初公開!発売日と気になる価格は?


マツダ(7261)は2022年4月7日、新世代ラージ商品群の第一弾である新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60(マツダ シーエックス シックスティー)」の日本仕様を公開したと発表しました。

今回はその画像と共に情報を簡単にご紹介します。

■1. マツダ・CX-60のコンセプト

新世代ラージ商品群第一弾のCX-60は、環境・安全性能を備えながら、一般道走行から高速道路を使った長距離ドライブまで余裕をもって運転できる「ドライビングエンターテインメントSUV」をコンセプトとした2列シートミッドサイズSUVです。

また、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」の進化に挑戦し、自然と調和する日本人の感性を活かしたタフさと緻密さを、その骨格や空間構成から表現しているとのことです。

デザインについては、画像をご参照ください。

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

■2. マツダ・CX-60のエンジン

マツダ・CX-60のエンジンは、2.5Lガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせています。

モーターならではの滑らかな加速フィールを特徴としたマツダ初のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」、直列6気筒ディーゼルエンジンに電動化技術M HYBRID BOOST(48V マイルドハイブリッド)を組み合わせています。

高い燃費性能を持った「e-SKYACTIV D」、高出力化とクリーンな排ガス性能を併せ持った直列6気筒ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 3.3」、軽快なパフォーマンスと優れた燃費性能を発揮する2.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」の4種類を設定したとしています。

これらのエンジンにダイレクト感と伝達効率に優れる新開発のトルコンレス8速ATを組み合わせ、優れた環境性能と走りを両立しました。

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

■3. マツダ・CX-60の最新機能

マツダ・CX-60には、ドライバーの発作・急病などの異常を検知し、事故の回避・事故の被害軽減を支援する「ドライバー異常時対応システム(DEA)」を初採用したとのことです。

加えて、より安心・安全な運転を目指し、利用者に合わせたドライビングポジションの調整支援を行う「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」を採用した機種を設定しています。

安全面でも、新たな取り組みが盛り込まれています。

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

■4. マツダ・CX-60に関する執行役員のコメント

執行役員国内営業担当の東堂一義氏は、CX-60について以下のようにコメントしています。

『全ての領域で意のままの走り、クラフツマンシップ、デザイン、安全性能を上質に磨き上げました。現在マツダ車をお乗りのお客様へ魅力的な選択肢をご提供することはもちろん、プレミアムブランドに対する選択肢として「上質」を求められるお客様にお薦めできる一台です』。

コンセプトからもわかる通り、「乗り心地」を非常に意識しているのが伺えます。

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

出所:マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」

■5. マツダの業績

ここで、直近のマツダの業績を振り返っておきましょう。

マツダの2022年3月期第3四半期の連結業績は、売上高が2,162,379百万円(前年同期比10.4%増)、営業利益が63,662百万円(前年同期は31,998百万円の赤字)でした。

販売台数の増加や製品ミックスの変化が主な増益要因となりました。

なお、2022年3月期通期では、売上高で3,100,000百万円(前期比7.6%増)、営業利益で82,000百万円(同829.7%増)を予想しています。

■6. まとめにかえて

マツダが初公開した「CX-60」。

日本での販売開始は今年初秋を予定しています。

なお、価格情報は今のところ開示されていません。

マツダの業績にどう寄与するのでしょうか。

今後も注目です。

■参考資料

  • マツダ株式会社 オフィシャルウェブサイト( https://www.mazda.co.jp/ )
  • マツダ株式会社 MAZDA NEWSROOM( https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/ )
  • マツダ株式会社「新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開」( https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2022/202204/220407a.html )
  • YouTube Mazda Official Web( https://www.youtube.com/MazdaOfficial )
  • YouTube "Introducing the MAZDA CX-60"( https://www.youtube.com/watch?v=HUhxntlDaXQ )
  • YouTube "MAZDA CX-60 | A RICHER LIFE"( https://www.youtube.com/watch?v=o0ARSZj3vno )
  • YouTube "MAZDA CX-60 | PASSION FOR DRIVING"( https://www.youtube.com/watch?v=REmUHIuMMVI )
  • YouTube "MAZDA CX-60 | HUMAN CENTRICITY"( https://www.youtube.com/watch?v=i5ywUk678fk )
  • YouTube "MAZDA CX-60 | LESS IS MORE"( https://www.youtube.com/watch?v=88lOF_C2y3w )
  • YouTube "Introducing the MAZDA CX-60(日本語版)"( https://www.youtube.com/watch?v=ic_IYPUMLS0 )
  • YouTube "Introducing the MAZDA CX-60(短編/日本語版)"( https://www.youtube.com/watch?v=dE7tNf1l7l0 )
  • YouTube "MAZDA CX-60:LESS IS MORE(引き算の美学)"( https://www.youtube.com/watch?v=6CHU4e6V6_k )

関連記事(外部サイト)