【47都道府県】年収・貯蓄額ランキング!意外な県が貯蓄2000万円以上にランクイン

− あなたの住んでいる場所はいくら? −


年明けに貯蓄の目標を立てたものの、できていない方もいるのではないでしょうか。

新たなことをはじめるのに最適な4月は、家計を見直したり、貯蓄の計画を立てたりするのに良いチャンス。値上げが続く今だからこそ、今年の貯蓄目標を再度考えたいですね。

いくら貯蓄できるかはご家庭の状況や、住んでいる地域によっても異なるもの。

今回は47都道府県の平均年収と貯蓄をすべて確認した後にトップ10をみていきます。貯蓄目標の参考にしてみてくださいね。

■【東日本】年収&貯蓄額をチェック

総務省統計局「家計調査報告(貯蓄・負債編)−2020年(令和2年)平均結果−(二人以上の世帯))」を参考に、47都道府県の年収と貯蓄を東日本と西日本に分けて見ていきます。

まずは東日本から確認しましょう。

■都道府県別:平均貯蓄額(年収)

全国平均1791万円(634万円)

  • 北海道1389万円(589万円)
  • 青森1013万円(461万円)
  • 岩手1393万円(619万円)
  • 宮城1767万円(588万円)
  • 秋田1695万円(563万円)
  • 山形1207万円(698万円)
  • 福島1642万円(549万円)
  • 茨城1785万円(602万円)
  • 栃木1785万円(602万円)
  • 群馬1693万円(625万円)
  • 埼玉2042万円(804万円)
  • 千葉2207万円(733万円)
  • 東京2542万円(816万円)
  • 神奈川2163万円(690万円)
  • 新潟1467万円(602万円)
  • 富山1989万円(767万円)
  • 石川1457万円(633万円)
  • 福井1750万円(587万円)
  • 山梨1626万円(647万円)
  • 長野1715万円(626万円)
  • 岐阜1955万円(701万円)
  • 静岡1842万円(645万円)
  • 愛知2333万円(657万円)
  • 三重1927万円(659万円)

貯蓄2000万円を超えるのは首都圏である「東京、埼玉、千葉、神奈川」と「愛知」でした。平均年収をみると「東京」と「埼玉」で800万円以上。

こちらは二人以上世帯すべての平均となるので高く感じる方もいるでしょう。

東日本でほかに貯蓄額が高い県をみると「富山1989万円」「岐阜1955万円」「三重1927万円」が貯蓄2000万円に近い水準でした。

■【西日本】年収&貯蓄額をチェック

次に西日本をみていきましょう。

■都道府県別:平均貯蓄額(年収)

全国平均1791万円(634万円)

  • 滋賀1919万円(676万円)
  • 京都2012万円(597万円)
  • 大阪1372万円(531万円)
  • 兵庫1787万円(617万円)
  • 奈良2047万円(642万円)
  • 和歌山1568万円(528万円)
  • 鳥取1765万円(658万円)
  • 島根1606万円(650万円)
  • 岡山1631万円(632万円)
  • 広島1783万円(639万円)
  • 山口1292万円(652万円)
  • 徳島2098万円(613万円)
  • 香川1662万円(629万円)
  • 愛媛1190万円(622万円)
  • 高知1135万円(578万円)
  • 福岡1612万円(695万円)
  • 佐賀1396万円(667万円)
  • 長崎1350万円(546万円)
  • 熊本1098万円(575万円)
  • 大分1152万円(554万円)
  • 宮崎1022万円(574万円)
  • 鹿児島1260万円(542万円)
  • 沖縄734万円(463万円)

西日本で貯蓄2000万円を超えたのは「徳島2098万円」「奈良2047万円」「京都2012万円」でした。

東日本とは傾向が違い、大阪はランク外で京都や奈良など古都がランクインしています。また、平均年収をみると東日本はいずれも平均年収以上でしたが、奈良以外は全国平均以下です。

2000万円に近いのは「滋賀1919万円」「兵庫1787万円」「広島1783万円」など。

大阪は1372万円、福岡は1612万円と全国平均に届かない結果となりました。

■年収・貯蓄額のトップ10は?

それでは全国の年収と貯蓄額トップ10を確認しましょう。

■貯蓄額トップ10

  1. 東京2542万円(816万円)
  2. 愛知2333万円(657万円)
  3. 千葉2207万円(733万円)
  4. 神奈川2163万円(690万円)
  5. 徳島2098万円(613万円)
  6. 奈良2047万円(642万円)
  7. 埼玉2042万円(804万円)
  8. 京都2012万円(597万円)
  9. 富山1989万円(767万円)
  10. 岐阜1955万円(701万円)

貯蓄額のトップ3は東京、愛知、千葉でした。首都圏に加えてトヨタのある愛知県がランクインしていますね。

西日本でトップ10に入るのは5位の徳島、6位の奈良、8位の京都です。

次に年収のトップ10を見てみましょう。

■年収トップ10

  1. 東京2542万円(816万円)
  2. 埼玉2042万円(804万円)
  3. 富山1989万円(767万円)
  4. 千葉2207万円(733万円)
  5. 岐阜1955万円(701万円)
  6. 山形1207万円(698万円)
  7. 福岡1612万円(695万円)
  8. 滋賀1919万円(676万円)
  9. 佐賀1396万円(667万円)
  10. 三重1927万円(659万円)

年収ではやはり東京や埼玉など首都圏が高いですが、3位に富山がランクイン。東日本が多く、西日本では7位の福岡、8位の滋賀、9位の佐賀でした。

■収入を増やすか、支出を減らすか

みなさんが住む都道府県の平均年収と貯蓄はいくらだったでしょうか。

今回の傾向を見ると、特に西日本では年収が高いから貯蓄額も高いとは必ずしも言えない結果になりましたね。親から受け継いだ資産などもあるのでしょう。

実際にはご家庭により、貯蓄状況は異なります。貯蓄を増やすためは基本的に収入を増やすか、支出を減らすかの工夫が必要です。

転職や副業、また共働きで世帯年収を上げるのも一つでしょう。

4月から食料品や日用品の値上げが相次いでいますが、これを機に固定費や食費を見直す、ポイ活を取り入れるなどの方法もあります。

ご家庭により収入を増やす、支出を減らす、両方取り入れるなどできることは異なります。まずはやりやすいものからはじめてみましょう。

■参考資料

  • 総務省統計局「家計調査報告(貯蓄・負債編)−2020年(令和2年)平均結果−(二人以上の世帯))」( https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200561&tstat=000000330001&cycle=7&year=20200&month=0&tclass1=000000330007&tclass2=000000330008&tclass3=000000330009&result_back=1&tclass4val=0 )

関連記事(外部サイト)