【すき家・松屋・吉野家】牛丼御三家の「カレーメニュー」価格とカロリー比較


牛丼チェーン大手各社は、牛丼以外のメニューも積極的に展開中ですね(※編集部注)。

豚丼や親子丼などのどんぶり物の他、鰻や焼魚をメインにしたメニューまで、幅広いストライクゾーンで老若男女の胃袋をわしづかみ。

カレーメニューもその一つ。大手牛丼チェーン3社(すき家・松屋・吉野家)ともにオリジナリティあふれるカレー商品を展開中。

いずれのお店でも、看板メニューの「牛」と「カレー」を合わせたメニューがあります。そして、そして3社のネーミングはそれぞれ個性的!

今日はすき家の「牛カレー」、松屋の「カレギュウ」、吉野家の「牛黒カレー」をご紹介しながら、価格やカロリーを比較していきます。

※ご紹介するメニューはいずれも2022年4月22日現在のものです。

【※参考記事】【松屋】ビビン丼がリニューアル復活【半熟卵と相性最強】シャキシャキ・ピリ辛メニューを食レポ( https://limo.media/articles/-/29140 )

■「すき家」の牛カレー

赤い看板でおなじみの「すき家」は、国内最多の店舗数を有する牛丼チェーン店。ゼンショーホールディングス傘下のすき家が運営しています。

すき家の「牛×カレー」メニューは、その名も「牛カレー」。詳しく見ていきましょう。

■すき家の「牛カレー」を詳しく知りたい!

すき家のカレーメニューは、並盛の量を基準として、4つのサイズで展開されています。

  • ミニ:ごはん少なめ・ルー並盛の半分
  • 並盛
  • 大盛:ごはん大盛・ルー1.5倍
  • メガ:ごはん2倍・ルー2倍

すき家の「牛カレー」

画像出典:すき家公式ホームページ メニュー

■すき家「牛カレー」

  • ミニ:590円/606kcal
  • 並盛:690円/912kcal
  • 大盛:830円/1269kcal
  • メガ:990円/1630kcal

テイクアウトも可能です。「WEB弁当」や「お弁当ダイヤル」で事前予約して、お店で受け取る方法もアリ。テレワークのせわしい「おうちランチ」タイムにも便利ですね!

次では、松屋の「オリジナルカレギュウ」をご紹介します。

■松屋の「オリジナルカレギュウ」

次にご紹介するのは、松屋の「オリジナルカレギュウ」。一度耳にしたら忘れないネーミングですね。

松屋「オリジナルカレギュウ」

画像出典:松屋公式ホームページメニュー

同社メニューでは「味覚に刺さるスパイスの効いた人気メニュー!」と紹介されています。サイズ展開は並盛・大盛の2種類。

■オリジナルカレギュウ

  • 並盛 680円/953kcal
  • 大盛 780円/1195kcal

もちろんテイクアウトも可能ですが、店内利用であればみそ汁が無料サービスになる点は嬉しいポイント。

さいごに吉野家の「牛黒カレー」をご紹介していきます。

■吉野家「牛黒カレー」

さいごにご紹介するのは、吉野家の「牛黒カレー」です。

ちなみに、吉野家の黒カレーメニューは、ルーだけの「黒カレー」のほか、牛黒カレー、牛カルビ黒カレーなどバリエーション豊富。

吉野家「牛黒カレー」

画像出典:吉野家公式ホームページメニュー

■吉野家「牛黒カレー」

  • 547円/670kcal

お肉が足りない人は、お肉2倍の「肉だく黒カレー」をチョイスするのもおススメです。こちらもテイクアウト可能な商品です。

■まとめにかえて

今回は、「牛丼御三家」、すき家・松屋・吉野家のカレーメニューから、「牛×カレー」商品をご紹介しました。

コロナ禍で外食を「控えめに」楽しむ風潮はまだまだ続きそうですが、美味しい食事は明日への活力です。

トッピングやサイドメニューを工夫して楽しんでみてくださいね!

■参考資料

  • すき家「カレーメニュー」( https://www.sukiya.jp/menu/in/curry/ )
  • 松屋「カレー」( https://www.matsuyafoods.co.jp/matsuya/menu/curry/index.html )
  • 吉野家「牛黒カレー」( https://www.yoshinoya.com/menu/curry/gyu-blackcurry/ )

関連記事(外部サイト)