Google Pixel 6の4つの特徴とは?AI技術が搭載された本当の意味での「スマートなスマホ」

− 【Google Pixel 6】他とは一線を画すGoogleの「スゴい」を体感 −


2021年10月に発売されたPixel6がこれまでのPixelと大きく違うのは、新しいSoC(System-on-a-chip)にGoogle Tensorが搭載されたことです。

スマホのOSがAndroid/iOS問わず、Googleのサービスを日常的に利用しているという方も多いのではないでしょうか?

Googleの“すごい”を最も体感できるスマートフォンがPixel 6です。

■【Google Pixel 6】Google Tensorはスマホ本体がGoogle AIになるすごいチップ

これまでのPixelはスマホの脳の部分とも呼ばれるチップにSnapdragonを搭載していました。Pixel 6からはGoogle独自開発のGoogle Tensorに代わったことにより、さらなるGoogleの技術を体感できるスマホとなっています。

AI研究機関としてもトップレベルのGoogleが誇るAI技術は、私たちにとっても身近なものとして日常で活用されています。

例えばGoogleアシスタントは最も利用しやすいAI技術で、スマホに慣れていない方でも簡単に音声によるネット検索ができます。

GoogleレンズではARとリアルタイム翻訳でカメラをかざすだけで目の前にあるものを翻訳してくれますし、Googleフォトを利用されている方なら放ったらかしでも自動で人物・被写体などを整理してくれる優秀さをご存知でしょう。

様々なAIの機能のほとんどはインターネット通信によって処理されますが、Pixel 6ではAIが搭載されたGoogle Tensorにより、通信しなくともデバイス上で完結できる機能があります。

その特徴をご紹介しましょう。

■Google Pixel 6の4つの特徴

ここからは、Google Pixel 6の特徴を解説していきます。

■Google Pixel 6の特徴1. Speech Recognition(音声認識)

Googleのアプリを利用していると、文字入力するより音声認識の方が早いし優れているなと感じることがあります。
例えば筆者はGoogle Keep(メモ機能)は、音声入力での登録しか使わないというほど便利に活用しています。

Pixel 6ではさらに「、」「。」「?」などの句読点は自動で配置され、話すスピードとほぼ変わらない速度でテキスト化してくれます。

また聞いたままにテキスト化すると誤字もあるものですが、前後の文章から正しい単語に修正していくというのがPixel 6では実装されています。

■Google Pixel 6の特徴2. Live Translate(同時翻訳)

リアルタイム翻訳と言えばGoogle翻訳アプリでも利用できますが、Pixel 6ではメールやLINEなどのメッセージアプリでも音声入力→翻訳が可能なので、わざわざコピー&ペーストする必要がありません。

異なる言語を話す相手との対面での会話にもPixel 6が役立ちます。
Google翻訳アプリでもその実力は体験できますが、Pixel 6ではさらにスピードアップして自然な翻訳に驚くことでしょう。

■Google Pixel 6の特徴3. Magic Eraser(消しゴム機能)

こちらのMagic Eraser(消しゴム機能)は、実際に使ってみると感動します。

機械学習により、画像の中に映り込んだいらないものを自動で選択してなかったかのようにキレイに処理してくれます。
もちろん自分で消したいものを選択することもできますよ。

画像編集アプリにもこのような機能はありますが、選択するだけで手作業が不要、且つこの仕上がりには処理能力の高さを実感するはずです。

■Google Pixel 6の特徴4. Motion Mode(モーションモード)

流し撮りや長時間露光で動きのあるものを撮影しようと思うと、三脚などでスマホ(カメラ)を固定する必要があります。

それでも思い通りの写真はなかなか上手く撮れません。

Pixel 6なら複数の写真を合成して、さらに動くものだけに動きを与えた一枚に仕上げてくれます。

こちらもAIによる機械学習が成せる技です。

まるで人間の思考と同じように「こう話しただろうな」「多分これはいらないな」「動いているのはこれだよね」などAIの判断は、「惜しいな」と感じていたのが段々と痒いところに手が届くようになってきたと感じます。

Google Tensorが搭載されたことで、これらはインターネット経由せずデバイス上で行うことが可能となり、バッテリーと通信量の消費を抑えることができます。

■Google Pixel 6を購入するには

Pixel 6は、Googleストア、au(128GBのみ)、ソフトバンクで取り扱っています。
128GBを一括購入した場合の価格は以下の通りです。

  • Googleストア→6万988円(5/16までのセール価格)
  • au→8万2695円
  • ソフトバンク→8万5680円

価格はGoogleストアが最も安くなっています。

Googleストアでは期間限定セールやプロモーションコードが配布されることがありますので、メールの登録をしておくといいでしょう。

auとソフトバンクでは各社の施策や返却プログラムなどを利用すればGoogleストアよりも安価に購入できます。

2022年4月中旬時点では、MNP(のりかえ)で一括1円のキャンペーンを行っているところもあるようです。乗り換え可能であれば、見つけ次第ゲットしておくといいですね。

Pixel 6の魅力は、何と言ってもGoogleの持つAI技術の一部をスマホだけで完結できるところです。

これぞまさにスマート(賢い)なスマホと言えるのではないでしょうか?
他のスマホとは一線を画す機能を、ぜひご自身で体感してみてください。

■参考資料

  • Google Presents( https://www.youtube.com/watch?v=WNarpiGz3Kk )
  • Google AI( https://ai.google/ )
  • Google Pixel6( https://store.google.com/jp/product/pixel_6?hl=ja )

関連記事(外部サイト)