女性は結婚相手に「経済力」を求めている!男性に年収600万円求めるのは高望み?

− 女性が結婚相手に求める3条件とは −


バブル期には「3高(高学歴・高身長・高収入)」に該当する男性が婚活市場で人気を集めていました。

一方、現代の20代・30代の女性たちは若くして経済の低迷を肌で感じ、高価なモノにさほど興味を示さない傾向にあるといわれています。彼女たちのなかには「3高」という言葉に馴染みがない人も少なくなく、むしろこの言葉に古臭さを感じる人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、日本リレーションシップ協会による調査の結果、今日においても未婚女性の多くが結婚相手に「経済力」を何よりも求めることが明らかになりました。

本記事では、未婚女性が結婚相手に求める条件を見た上で、多くの女性たちが男性に求めている「年収600万円」について考えます。

■女性が結婚相手に求める条件は「経済力」がNo1

日本リレーションシップ協会は25歳以上50歳未満の女性(全国414人)を対象に、「結婚相手に求める条件とパートナーの年収」という調査を2021年12月に行いました(2021年12月21日公表)。

出典:一般社団法人 日本リレーションシップ協会 調べ

この調査のなかで「結婚相手に求める3条件」を尋ねたところ、未婚女性で最も多い回答が「経済力」で63.7%という結果になりました。

2位の「価値観」が48.4%であることを考慮しても、結婚相手に経済力を重視する女性が多いことが分かります。

■日本に年収600万円の男性はどのくらいいるの?

前述の調査では、未婚女性の多くが結婚相手に「600万以上 800万円未満」の年収を望んでいるという結果になりました。

対して、国税庁の調べによると日本の平均年収は433万円です。平均年収を考慮すると、年収600万円は一般水準よりもはるかに高いことがわかります。

国税庁の「令和2年分 民間給与実態統計調査」では、年収600万円台の男性は全体の9.2%という結果になっています。

あわせて、同調査の報告書において注目すべき箇所は、年収600万円台の男性の平均年齢は45.2歳という点です。

厚生労働省によると、2020年における男性の初婚年齢は平均で31.0歳、女性は29.4歳。

婚活女子のボリューム層である20代後半から30代前半の女性が年齢が近く、かつ年収600万円以上稼ぐ未婚男性と出会うことのハードルの高さを窺えます。

業種によって給与に開きがあるため、高収入の男性と結婚を望む女性は男性の職業に着目してみることをおすすめします。

国税庁企画課が発表した「令和2年分民間給与実態統計調査結果について」によると、「電気・ガス・熱供給・水道業」が最も高額な給与水準となっており、金融業・保険業、情報通信業、学術研究・専門・技術サービス業、教育・学習支援業、建設業、製造業なども給与水準が他の業界と比較して高くなっています。

■夫の年収が600万円あれば贅沢できる?

多くの女性たちが結婚相手に求める年収600万円。

年収600万円の手取り額は個人差がありますが約460万円程度と考えられます。月給のみの換算では40万円前後になるでしょう。

参考までに、総務省統計局「家計調査 家計収支編 ー2020年ー」(2−3表)より、年収600万〜650万円の二人以上世帯(全国)の月々の支出をみると以下の通りです。

消費支出:28万4040円

  • 食料:7万7807円
  • 住居:1万4879円
  • 光熱・水道費:2万2543円
  • 被服及び履物: 9200円???
  • 交通・通信費:4万6303円
  • 教育費 :9373円?? ????
  • 交際費:1万5150円?? ?
  • 保険・医療費:1万3779円 など

上記で注意したいのが、住居費が1万円台になっているところです。

家賃は賃貸の場合、家族の人数やエリアによって異なりますが、夫婦と子ども1〜2人で生活するには都心部では10万円は少なくとも見積もっておきたいところでしょう。地方の場合には、10万円以下でも十分な物件が見つかるはずです。

また住宅ローンを抱えていても支出は上記より増えます。この他に非消費支出も必要となります。

上記から憶測できる通り、年収600万円は世間的に高年収であるものの、贅沢できる金額ではありません。シーズンごとに家族分の洋服を買い替えたり、夫婦で趣味に月々数万円費やしたりしているようでは家計が赤字になると考えられるでしょう。

また、年収600万円の男性が一人で家族を養い、子どもを私立一貫校に進学させることは不可能ではないものの、生活を切り詰めなければなりません。子どもの人数やどういう教育をしたいかによって教育費も大きく変わるでしょう。

■生活を考えた上で求められる経済力

いつの時代においても、多くの女性がパートナーに「経済力」を求めています。しかし、女性たちの多くが贅沢したいがゆえに経済力をパートナーに求めているわけではないはずです。

生活費や養育費、老後資金について考えた上で男性に「経済力」、ないし「年収600万円」を求めているといえるのかもしれません。

結婚相手には「経済力」のみならず、「人柄」や「価値観」も重要です。しかし、現実問題として、まだ女性が育児などで働き方をセーブすることが多い現代では、男性に経済力がない場合には生活が厳しいものになると懸念されます。

年収600万円は贅沢な暮らしはできないものの、家族とともにささやかな楽しみを感じながら、子どもをある程度安心して育てられる年収といえるでしょう。現代は共働き世帯も多いため、妻が働くことで貯蓄や教育費、趣味などにまとまった金額を割り当てることができるようにもなります。

■参考資料

  • 厚生労働省「令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況」( https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai20/dl/gaikyouR2.pdf )
  • 国税庁「令和2年分民間給与実態統計調査−調査結果報告−」( https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/minkan.htm )
  • 国税庁長官官房企画課「令和2年分 民間給与実態統計調査−調査結果報告−」( https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/pdf/001.pdf )
  • PRTIMES「【調査】結婚相手に求める条件とパートナーの年収 女の本音はやっぱり「経済力」! “パートナーの価値観を変え、年収アップさせる秘訣”をプロが伝授」( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000092251.html )
  • 総務省統計局「家計調査 家計収支編 2020年」( https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200561&tstat=000000330001&cycle=7&year=20200&month=0&tclass1=000000330001&tclass2=000000330004&tclass3=000000330005&result_back=1&tclass4val=0 )

関連記事(外部サイト)