【日経平均株価】プロがチャート分析。今週は米株が大幅下落する中、底堅く推移するか


■日経平均株価は2万7000円付近でもみ合うが下値も固い

2022年5月20日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日比336円19銭高の2万6739円03銭でした。

前日は500円を超える下落となりましたが、一転して自律反発の動きとなりました。

ファーストリテイリング、リクルートなどの値がさ株も買われました。

東証プライムの売買代金は概算で2兆9995億円と3兆円に迫りました。

今週の動きはどうなるでしょうか。

20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は前日比8ドル高の3万1261ドルでした。

小幅に反発したものの週間では934ドル安という大きな下落です。

また、8週連続の下落です。

ハイテク株中心のナスダック総合株価指数と、S&P500種株価指数はそれぞれ7週連続の下落となっています。

今週の動きはどうなるでしょうか。

ダウ平均が8週連続で下落したのは90年ぶりです。

米株が歴史的な下げ局面にさしかかっています。

背景には米連邦準備理事会(FRB)の引き締め策があります。

これまで、株式市場が軟調になると金融緩和を行ってこれを支えるのがパターンでした。
しかし、足元ではインフレが懸念されることから、FRBもこれを抑制するために引き締めの方向となっています。

ロシアのウクライナ侵攻により、原油をはじめとする資源高や、食料不足による物価上昇などが予測されています。

侵攻が長期化すると世界的にインフレが進むおそれもあります。

一方、国内では、日銀は金融緩和策を継続しています。

日用品、食品などで若干の値上げの兆候がありますが、まだインフレが懸念されるほどではありません。

足元では円安が進んでいることから、自動車や機械など輸出関連銘柄には追い風となっています。

こうした状況から、海外の投資家の間に、日本株について割安感を持つ人が増えているようです。

米株は軟調ながら、日本株は底堅い印象を受けます。

決算などの材料に応じて急上昇する銘柄も少なくありません。

柔軟に対応し、チャンスをつかみたいところです。

■日経平均株価はトリプルボトム形成で反発の動きになるか

先週の日経平均の値動きをテクニカル面から振り返ってみましょう。

前週は4月12日の安値(2万6304円)を一番底、4月27日の安値(2万6051円)を二番底とするWボトムが完成するかどうかが一つのポイントでしたが、直近の戻り高値の4月21日の高値(2万7580円)を超えることができず、Wボトム形成に失敗しました。

通常なら、ここから調整局面になるところです。

しかし、先週は週初に窓をあけて寄り付き、陰線となったものの、終値ベースでは上昇。

さらに、火曜日、水曜日も陽線となりました。

木曜日は窓をあけて下落したものの、ローソク足は下ヒゲの長いトンボとなり、戻りが期待されました。

実際に、金曜日は大きな陽線となりました。

今週以降の展開はどうなるでしょうか。

Wボトム形成は失敗したものの、その後再度反発しトリプルボトムが形成されようとしています。

週末の終値は25日移動平均線を回復しました。

ただし、直近の戻り高値である5月6日の高値(2万7053円)は超えられませんでした。
今週、まずはここを回復できるかどうかがポイントになります。

2万7000付近には現在、25日線、75日線も収束しており、ここを超えるのには少しパワーがかかるかもしれません。

それだけに、抜けてしまうと、下値サポートラインに変わることが期待されます。

逆に抜けられないと、短期的な下降トレンド継続ということになります。

短期的なチャネルの下限は2万5000円付近です。

ただ、そこまで行かなくても2万6000円付近で下げ止まることも考えられます。

関連記事(外部サイト)