【ガーデニング】美しい花と芳香が魅力のハーブおすすめ7選!ナチュラルな雰囲気で庭や花壇をステキに


料理やティーなど、私たちの生活にも身近なハーブ。ハーブにはたくさんの種類があり、美しい花が咲く品種や芳香が楽しめる品種などがあります。

ハーブは丈夫で育てやすく、初心者にもオススメ。庭や花壇を香り豊かに、そして美しく彩るハーブを育ててみませんか。

そこで今回は、美しい花が咲き、芳香が魅力のハーブを紹介します。育て方のポイントもお伝えしますので、さっそくみていきましょう。

■美しい花と香りが楽しめる!オススメのハーブ7選

葉や茎、花などを食用や薬用に使うハーブは、収穫する楽しさだけでなく、庭や花壇を美しく彩る花々でもあります。

自分の庭で採れたハーブをティーや料理に使うだけでなく、切り花にして香りや姿を楽しんでみるのもオシャレ。

野に咲いた花のように可憐な姿とすばらしい香りが、部屋をステキに演出してくれるでしょう。ガーデニング初心者でも気軽に挑戦できるので、ぜひ育ててみてください。

■ローマンカモミール

Mikulas P/Shutterstock.com

白い花びらが可憐で可愛らしいローマンカモミール。花や葉にリンゴのような爽やかな香りを持つ、ガーデニングでも人気のハーブです。ハーブティーやポプリなどにも活用できますよ。

高温多湿に弱いため、日本では一年草として扱われますが、こぼれ種で翌年芽を出すことも。八重咲き品種のダブルフラワーは背丈が低く、グランドカバーにもおすすめです。※参考価格:200~500円前後(3号ポット苗)

■モナルダ

apugach/istockphoto.com

香りがベルガモットオレンジに似ていることから、ベルガモットとも呼ばれるモナルダ。

多年草のハーブで、和名はタイマツバナといい、火花のような美しい花を初夏から初秋まで咲かせます。赤、白、ピンク、紫色の花が次々と咲き、庭を華やかにしてくれるでしょう。

種類によっては地下茎で広がるため、増えすぎには注意。定期的に整理するのがオススメです。収穫もかねて、花をドライフラワーにしてみても。※参考価格:300~500円前後(3号ポット苗)

■アニスヒソップ

Lex20/istockphoto.com

青い穂状の美しい花が印象的なアニスヒソップは、オシャレなハーブガーデンにぴったりの花姿です。ミントのような爽やかな香りが特徴で、葉や花はサラダに使ったり、ドライフラワーで楽しむこともできます。

開花時期は春から秋までで、白や紫などの花を咲かせます。半日陰で、やや湿り気があるところでも元気に育ちます。※参考価格:300円前後(3号ポット苗)

■フェンネル

AnnaDudek/istockphoto.com

ふんわりした葉と小花がナチュラルでかわいいフェンネルは、ウイキョウとも呼ばれ昔から親しまれている多年草です。

スパイシーな独特の香りが特徴で、葉や茎を料理に使ったり、種を香辛料にしたりしますが、花はドライフラワーにもなります。

緑葉に黄色い花が咲く従来種のほかに、ブロンズの葉が特徴のブロンズフェンネルもオシャレ。※参考価格:100~400円前後(3号ポット苗)

■ボリジ

Oksana_Schmidt/istockphoto.com

垂れるように星形の花を咲かせるボリジは、咲き始めのピンクから徐々に青紫に変わっていくのが特徴的なハーブ。ハーブティーや砂糖漬けなどにもよく使われています。

キュウリのような香りは、リフレッシュ効果が期待されます。一年草ですがこぼれ種でよく増え、手間要らずで毎年楽しめます。※参考価格:300円前後(3号ポット苗)

■セイヨウニンジンボク

Viktoriya Kraynyuk/istockphoto.com

花や葉、木からスパイシーな香りがする、落葉低木のハーブ。ナチュラルな雰囲気の藤色の花、スッキリとした葉が庭に映え、シンボルツリーにもオススメです。

ホームセンターや園芸店でも入手しやすく、丈夫で育てやすいので初心者向きです。

樹高は3メートルを超えることもありますが、好みの大きさに剪定してコンパクトに育てることも。※参考価格:700~1000円前後(3号ポット苗)

■サフラン

viperagp/istockphoto.com

パエリアなどに使う香辛料でおなじみのサフラン。実は秋咲きクロッカスの一種で、球根植物です。香辛料に使用するのは赤色の雌しべの部分。乾燥させて料理やハーブティーに使います。

花は春咲きクロッカスにそっくりで、ぱっと目を引く鮮やかな紫色。球根でも鉢植えでも出回っていて、秋から冬に花が咲きます。雌しべ自体には独特の香りがありますが、これを除くと、花全体はバラにも似た芳香があります。※参考価格:100~200円前後(1球)

■まとめにかえて

ハーブは基本的にどれも生育旺盛で育てやすいものが多いのも魅力。ただし庭のほかの植物の成長を阻害してしまったり、道などにも繁殖してしまう場合もあるので、剪定や間引きをして適切に管理をしましょう。

また、ハーブは子供や妊婦には禁忌とされる成分を含むことがあるので注意が必要です。自分の体調などに応じて、ハーブの香りや美しい花をぜひ楽しんでみてください。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?