ホンダヴェゼルが超人気!その理由とは?他のSUVと一味違うポイントやハイブリッドシステム「e:HEV」も解説

− ホンダヴェゼルの特徴とは −


ホンダ製SUVの中でも、ヴェゼルは同社が製造するミドルサイズSUV「CR-V」に次ぐ世界戦略車として知られています。2021年に現行型である2代目が登場し、日本国内では発売から約1ヵ月後に月間販売計画の5000台の6倍以上である3万2000台以上の受注を得たことで知られています。

出所:ホンダ公式

2021年度の日本国内での販売台数ランキングでは14位と、好調に売れているヴェゼルですが、人気の理由とは一体何かを解説します。

■ホンダヴェゼルは他のSUVとは違うスマートなエクステリアやインテリアが支持

出所:ホンダ公式

2代目ヴェゼルのスタイリングが他社のSUVと大きく違うのは、スマートですっきりとしたデザインだと言うことでしょう。

外観は前モデルと同じクーペSUV風のデザインを採用していますが、前モデルの初代ヴェゼルは塊感があるフォルムに、サイドにシャープなラインを採用することでスポーティなイメージが特徴でした。

一方で、2代目ヴェゼルは初代のデザインから打って変わり、水平基調のデザインに加え、余分な線を無くすことでスマートなイメージになりました。

また、主力グレードには、自動車のフロントフェイスで重要なフロントグリルに、あえて車体同色を採用。メッキパーツの採用や大型化することで迫力を出すのが流行している中、スマートな同色グリルは賛否両論あります。

ただ、同色グリルが気に入って購入したという人が多いため、ヴェゼルの狙いは成功したと言えるでしょう。

インテリアもエクステリアのイメージと同じく、ピアノブラックのパーツやソフトパッドを多く使用した質感が高いモダンなデザインとなっています。

一般的にSUVのインテリアは、アウトドアユーザーを重視したタフなスタイルや、スポーティなイメージを演出しているモデルが少なくない中、ヴェゼルは乗用車らしい高級感を重視したインテリアはオーナーに支持されており、成功していると言えるでしょう。

■【ヴェゼル】パワートレインはホンダオリジナルのハイブリッドシステム「e:HEV」が人気

出所:ホンダ公式

ヴェゼルに搭載されているパワートレインは、1.5リッターのガソリンエンジンと、1.5リッターのガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムの2つのパワートレインを用意。

主流のパワートレインであるハイブリッドシステムはホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載しています。

パワートレインで圧倒的な人気なのがホンダ独自のハイブリッドシステムe:HEVです。

このハイブリッドシステムは発進から街中での走行をモーターで行い、上り坂など力強く走行する場面ではエンジンが発電しモーター走行を実施。高速走行ではエンジンの力で走ることで、モーターの力をメインに使用しつつ、エンジンの得意領域を合わせることで燃費と走行性能を重視したパワートレインで、トヨタのハイブリッドシステム「THS-U」や、日産のシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」とは違うシステムを採用しています。

出所:ホンダ公式

オーナーレビューでもe:HEVの評価は高く、モーター走行が滑らかで静かで気持ち良いという意見が多くあります。坂が多い山道でも、モーターは非常にパワフルで不満がないと。
高速道路などでも非力な感覚は少なく、特に不満は無いという話もあります。また、高速域や上りが多い場所では頻繁にエンジンが始動するが、音が不快ではないという声も注目すべき所でしょう。

■ホンダヴェゼルはSUVでありながらスマートで高級感を重視したデザインとe:HEVで人気

ヴェゼルが人気の理由は、あえて他社のSUVとは違うスマートで高級感を重視したエクステリアやインテリアに加え、ホンダ独自のハイブリッドシステム「e:HEV」を主力として採用したのが大きいでしょう。

ヴェゼルのスタイリングは現代のSUVで流行しているスポーティな雰囲気や、メッキパーツを大量に装備して高級感を演出する、フロントグリルを大きくすることで迫力を出すような、攻撃的と言えるデザインをあえて採用せず、シンプルでスマートなデザインにすることで、迫力を重視した流行のエクステリアが好みではない人に支持されたのが大きいでしょう。

また、パワートレインの主力であるホンダ独自のハイブリッドシステムであるe:HEVにより、車体が重いSUVながら燃費の良さを評価する声が多いです。

ヴェゼルの価格は1.5リッターガソリンエンジン搭載車の場合は227万9000円から。ハイブリッド搭載車の場合は265万8700円からです。また、ホンダは公式サブスクリプションサービス「Honda Monthly Owner」を行っており、月々4万9800円で、最短1ヶ月からヴェゼルに乗ることができます。

■参考資料

  • 一般社団法人日本自動車販売協会連合会「乗用車ブランド通称名別順位」( http://www.jada.or.jp/data/month/m-brand-ranking/# )
  • ホンダ「e:HEV | Hondaのパワートレーン技術」( https://www.honda.co.jp/tech/auto/powertrains/ehev.html )
  • ホンダ「ヴェゼル」( https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/type/ )
  • ホンダ「Honda Monthly Owner」( https://www.honda.co.jp/monthlyowner/ )

関連記事(外部サイト)