「日本三大がっかり名所」夏の旅行計画に加えるのもアリ? 写真つきで紹介!


夏が近づいてきました。

今年の夏はどこに旅行に行こうか、考え始めている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

日本には、「日本三大がっかり名所※」と呼ばれる観光地があります。

※諸説ありますので、あらかじめご了承ください。

今回はそれらを写真付きでご紹介します。

■日本三大がっかり名所①:札幌の時計台

1つ目は札幌の時計台です。

Sarunyu L/shutterstock.com

Mai.Chayakorn/shutterstock.com

札幌の時計台は札幌市中央区にあり、重要文化財に指定されています。

正式名称は「旧札幌農学校演武場」と言いますが、現在は「札幌の時計台」として親しまれています。

現在は高層ビルに阻まれ、鐘の音は時計台周辺でしか聞こえない状況ですが、市内の小学校などでは時刻によって録音された鐘の音を鳴らしているようです。

ちなみに、時計台をモチーフにした非公式のゆるキャラ「とっけ」もいます。

出所:ゆるキャラグランプリ とっけ

■日本三大がっかり名所②:高知のはりまや橋

2つ目は高知のはりまや橋です。

Sanga Park/shutterstock.com

Jsita/shutterstock.com

はりまや橋は高知市の中心部にある長さ約20mの橋です。

「土佐の高知のはりまや橋で,坊さんかんざし買うを見た」と、よさこい節の歌詞にも出てきます。

また、2009年6月には映画「The Harimaya Bridge -はりまや橋- 」も公開されました。

周辺には、はりまや橋を中心に東西南北に伸びる路面電車、はりまや橋観光バスターミナル、はりまや橋商店街などがあります。

1時間おきによさこい節のメロディーに合わせて、よさこいの踊り子、高知城、はりまや橋、桂浜が登場するからくり時計なども見られます。

■日本三大がっかり名所③:京都タワー

3つ目は京都タワーです。

DAISY CHEN/shutterstock.com

京都タワーは京都府京都市下京区にある塔で、京阪グループの京阪ホテルズ&リゾーツが運営しています。

台座となっている京都タワービルを含めた高さは131メートルあります。

外観について、タワー部はミルキーホワイト色を基調としており、タワービル部には京都駅からJR東福寺駅を経由して祇園・清水方面への利用を促す広告などが設置されています。

タワー内では、ビアガーデンやバーベキューの楽しめるレストランがあるほか、お土産を買えるショップもあります。

公式のゆるキャラとして「たわわちゃん」というものもあります。

なお、6月1日は「たわわちゃん」お誕生日であり、ハッピー・バースデーイベントが開催されました。

出所:京都タワー たわわちゃん

■この夏、「日本三大がっかり名所」にあえて訪れるのもアリ?

今回は「日本三大がっかり名所」を紹介してきました。

この夏、海や山などに行くのもいいですが、あえてがっかり名所を訪れてみるのもいいのではないでしょうか。

ご参考になれば、幸いです。

■参考資料

  • 札幌市時計台( http://sapporoshi-tokeidai.jp/ )
  • ゆるキャラグランプリ とっけ( https://www.yurugp.jp/jp/vote/detail.php?id=00003381 )
  • 高知市公式ホームページ はりまや橋( https://www.city.kochi.kochi.jp/site/kanko/harimayabashi.html )
  • 京都タワー( https://www.kyoto-tower.jp/ )
  • 京都タワー たわわちゃん( https://www.kyoto-tower.jp/tawawachan/ )

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?