【ガーデニング】芳香が魅力のオススメ低木&高木10選、美しい花と香りが楽しめる庭のシンボルツリーに


庭に出てふんわりと漂う花の香り。季節を感じさせる香りを楽しめるのもガーデニングの魅力のひとつです。

花壇に咲く花々の香りを楽しむのもステキですが、木々に咲く花から放たれる芳香もまた格別です。

今回は、花の香りが素晴らしいオススメの樹木を紹介します。シンボルツリーにもなるオシャレな木々ですので、さっそく見ていきましょう。

■芳しい花の香りが楽しめる!オススメ低木&高木10選

■ジャスミン

Phatthaya Awisu/istockphoto.com

カワイイ白花が開花するジャスミンは甘くて華やかな香りが楽しめる半常緑のツル性低木。ジャスミンの品種はとても多く、なかでも日本で人気なのはハゴロモジャスミンです。

関東以西では地植えで育てられますが、寒冷地は鉢植えでの管理がオススメ。日当たりと水はけがよい場所を好みます。※参考価格:1000〜2000円前後(4号鉢)

■バイカウツギ

igaguri_1/istockphoto.com

6〜7月に梅の花に似た白い花を咲かせるバイカウツギは、樹高約2メートルの落葉低木。香りはほのかに香る程度なので、強くない香りを好む人にオススメです。

株元から枝分かれして、ブッシュ状の樹形になるため広いスペースに植えるとよく映えます。鉢での管理も可能で、西日を避けた日当たりのよい場所を好みます。※参考価格:2000円前後(4〜5号ポット苗)

■クチナシ

Mas042/istockphoto.com

6〜7月に濃厚な甘い香りの花を咲かせるクチナシ。

品種がとても多く、カワイイ小花を咲かせるコクチナシや大輪八重咲きのオオヤエクチナシ、葉に白い斑が入ったフイリクチナシなどがあり、いずれも樹高1〜2メートルの常緑低木です。

乾燥に弱いので、水やりはしっかりおこないましょう。西日を避けた日向〜半日陰を好みます。※参考価格:2000円前後(5号鉢)

■ブッドレア

Akbar Bhahesti/istockphoto.com

7〜10月頃に房状の小花を咲かせるブッドレア。樹高2〜3メートルの落葉低木で、花からは甘い香りが楽しめます。

花色は紫や白、濃い青紫や黄色など品種によって異なります。いずれも耐寒性、耐暑性が強く育てやすいので、ガーデニング初心者にもオススメです。

一年間を通して日当たりのいい場所で管理しましょう。※参考価格:2000円前後(5号ポット苗)

■キンモクセイ

c11yg/istockphoto.com

9〜10月頃、甘い香りがするオレンジ色の小花を咲かせるキンモクセイ。

樹高5〜6メートルの常緑高木で、離れた場所でも花の香りがすることから「千里香」と呼ばれることも。

耐寒性がやや弱めなので、寒冷地では鉢植えで育てるのがオススメ。日陰でも育ちますが、日当たりがよい場所のほうが花つきがよくなります。※参考価格:1500〜2000円前後(5号鉢)

■ロウバイ

oasis2me/istockphoto.com

12〜2月頃に上品な香りの黄花を咲かせるロウバイ。樹高3〜4メートルの落葉低木です。

花が梅の花に似ており、また蝋細工のような透明感があることからロウバイ(蝋梅)と名付けられました。

ロウバイの仲間で黒い花を咲かせるクロバナロウバイは、チョコレートに似た香りが楽しめる品種。いずれも半日陰でも育ちますが、日当たりがよい方が花が咲きやすくなります。※参考価格:800円前後(3号ポット苗)

■ジンチョウゲ

undefined undefined/istockphoto.com

2〜4月頃に甘い香りの花を咲かせるジンチョウゲは、樹高約1メートルの常緑低木。夏のクチナシ、秋のキンモクセイと並ぶ三大香木のひとつです。

花色は濃淡のあるピンクや白、黄色などがあり、いずれも香りは濃厚。

明るい日陰〜半日陰を好み、西日が強く当たる場所では葉が変色することがあるので注意しましょう。※参考価格:1000円前後(4号鉢)

■カラタネオガタマ

igaguri_1/istockphoto.com

4〜6月頃に、バナナの香りがする花を咲かせるカラタネオガタマ。樹高4〜5メートルの常緑高木です。花は白くモクレンにも似ていますが、花びらが厚いのが特徴です。

香りがやや弱く赤紫の花を咲かせるアカバナオガタマもあり、どちらも鉢植えで育てることが可能です。日当たりと水はけがよい場所で管理しましょう。※参考価格:2000円前後(5号鉢)

■スイカズラ

Denise Erickson/istockphoto.com

4〜6月頃に甘い香りの花を咲かせるスイカズラ。半落葉性のつる性低木で、フェンスなどに誘引しながら育てるとステキな樹形になります。

細長い花びらで形成される花は、はじめは白、のちに黄色に変わる不思議な特性があり、別名・金銀花と呼ばれることも。

半日陰〜日向が生育に適した場所。冬に葉を落とさなかった場合は、寒さで葉が痛む可能性があります。防寒対策をしておきましょう。※参考価格:1000円前後(3号ポット苗)

■ライラック

Marina Denisenko/istockphoto.com

4月〜5月頃、枝先に穂状の花を咲かせるライラック。樹高1〜6メートルの落葉高木です。花色は紫や赤、白や青があり、どれも優しさのある甘い香りが楽しめます。

北海道で地植えできるほど耐寒性が強いのですが、暑さには弱いため西日が当たる場所は苦手です。日当たりと水はけがよい場所で管理しましょう。※参考価格:2000円前後(4号ポット苗)

■まとめにかえて

今回は芳香が素晴らしい低木&高木を紹介しました。どれも芳香が楽しめる樹木ですが、香りの好みは人それぞれ。家族や近隣との状況を考えてから育てるようにしましょう。

花の香りは開花期だけ、期間限定のお楽しみです。その季節だけの素晴らしい香りと美しい花を楽しんでくださいね。

関連記事(外部サイト)