【日経平均株価】日本株は高値圏へ。3万円も視野に入る


■日経平均は一時、2万8000円直前まで上昇

2022年7月22日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日比111円66銭高の2万7914円66銭となりました。6月上旬以来の高値圏となっています。

7日続伸です。7連騰は3月以来です。

米株式相場が上昇していることなどを受けて、東京市場でも買われる展開となりました。
ただし、心理的節目となる2万8000円に近付くと、利益確定売りなども出やすく上値を抑えられました。

今週の動きはどうなるでしょうか。

22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日ぶりに反落し、前日比137ドル61セント安の3万1899ドル29セントで終えています。

米S&Pグローバルが22日発表した7月の購買担当者景気指数(PMI)で、米国の総合指数は4カ月連続で低下し、前月比で4.8ポイント低い47.5となりました。

好不況の分かれ目になる50を割り込んだことから、景気後退懸念が広がり、多くの銘柄が売られました。ユーロ圏の同指数も49.4と、50を割っています。

ただし、直近の上昇の反動からの短期的な押しと見ることもできそうです。

足元では、米連邦準備理事会(FRB)が急激な利上げを控えると考える投資家が増えており、リスクテイクの動きが復活しつつあります。

26~27日には、米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。一時は1.0%以上の大幅利上げを行うのではないかと懸念されましたが、現状は、0.75%にとどまると見込まれています。

ひとまず今月のFOMCは織り込み済みといったところですが、今後の利上げについて要人の発言によって相場が振られることもありそうです。

そういったことからも、今週前半は様子見になるかもしれません。

日米主要企業の4-6月期決算が本格化することから、むしろ、好業績の個別銘柄を物色する戦略がよさそうです。

円相場は当面の円安圧力は薄れたものの、依然として円安傾向は続いており、輸出関連企業には追い風です。

米国では26日にコンファレンスボード消費者信頼感指数、28日に4~6月の実質国内総生産(GDP)も発表されます。

■200日移動平均線を突破し、下降トレンドから上昇トレンドへ

先週の日経平均の値動きをテクニカル面から振り返ってみましょう。先週は、18日が海の日の祝日で休業だったため、営業日は4日でした。

前週末にローソク足の実体が75日移動平均線に迫っていました。先週はここを回復できるかどうかがポイントでした。

実際には、週初19日は窓をあけて上昇し、75日線を突破した位置で寄り付きました。

その後は短い陰線となりましたが、75日線を割り込みませんでした。翌20日には大きく窓をあけて上昇して寄り付くと、その後も大きな陽線となり、200日線も突破しました。週末も陽線が続きました。

今週以降の展開はどうなるでしょうか。

チャートの形は悪くありません。足元では昨年の9月中旬を始点とする中期的な下降トレンドに入っていました。

今年6月にいったんはこの下降トレンドのチャネルの上限を超える動きもありましたが、再度、下降トレンド内に戻ってしまいました。ところが、先週の上昇により、再度チャネルの上限を突破しました。

チャートの形としては、下降トレンドが終わったことを示しています。さらに直近の戻り高値である6月9日の高値(2万8389円)あたりを超えてくるようであれば、目線を上に持つことができるでしょう。

そうなると、いくつかの節はあるものの、3万円台まで視野に入ってきます。

まずは今週、心理的節目となる2万8000円および、6月9日の高値を超えられるかどうかを注視したいところです。

逆にこのあたりを超えられなくてもみ合うことになっても、75日線や2万7000円を割らない限り、押し目買いの好機と考えていいでしょう。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?