【ガーデング】夏の庭を涼しげに彩る「穂状の花オススメ10選」凛とした野性味がステキ


花の咲き方はさまざまなタイプがあり、それぞれ特徴や個性を持っています。

なかでも夏の庭を涼やかに演出してくれるのが、スッと花穂を高く上げ穂状に咲く草花。スリムな花姿が涼しげで、蒸し暑い夏の庭も爽やかな印象に。

今回は夏にピッタリな清涼感あふれる穂状の花を紹介します。

■「穂状の花」ってどんな形?

「穂状」は「すいじょう」と読み、文字どおり穂のような状態や形を意味する言葉です。植物の中で穂状に咲く花は、花の下の細い茎がなく、主軸となる長い茎に直接花が付きます。

undefined undefined/istockphoto.com

基本的に花は下から咲き開き、徐々に上へと開花していくのが特徴。細長い花姿がシャープで野性味があり、ナチュラルな雰囲気の庭によく合います。

■穂状に咲く夏の花オススメ10選

■セージ

Artesia Wells/shutterstock.com

爽やかな香りのするハーブとして知られるセージ。昔から薬用として使われてきたコモンセージをはじめ、花がキレイな園芸種までさまざまな品種があります。

耐暑性や耐寒性に優れ、強健な性質で旺盛に生長します。※参考価格:300~500円前後(3号ポット苗)

■クガイソウ

Hiyoman/istockphoto.com

クガイソウは日当たりのよい野山でよく見かける山野草。1メートルほどの草丈で群生すると美しく、スッと立ち上がるブルーや白の花に清涼感があります。

開花後は花ガラを剪定しておくと、脇芽からまた新しい花が咲きます。※参考価格:500~800円前後(3号ポット苗)

■夏の庭を涼しげに彩る!シャープでかわいい「ベロニカ」

■ベロニカ

Shchipkova Elena/shutterstock.com

ベロニカは品種が多く、直立性からほふく性まで多種多様。背丈が高くなる品種はスマートな姿が爽やかで、庭のアクセントとして存在感を発揮します。

暑さや寒さに強くとても育てやすい植物です。※参考価格:300~500円前後(3号ポット苗)

■サワギキョウ

High Mountain/shutterstock.com

青紫の花が涼しげな印象のサワギキョウ。宿根ロベリアという別名で呼ばれることもあり、高原の湿原などで自生する山野草です。

日当たりがよく多湿の土壌を好みます。土が乾いたらタップリ水を与えましょう。※参考価格:500~800円前後(3号ポット苗)

■オカトラノオ

agatchen/istockphoto.com

オカトラノオは名前どおり花がトラの尾のようにカーブするのが特徴。日本の野山で群生していることが多く、優雅さと素朴さを持ち合わせています。

白い花が押し寄せる波のようで、夏の庭を涼しげに演出してくれるでしょう。※参考価格:500~800円前後(3号ポット苗)

■【穂状の花】素朴な野性味が魅力。ミソハギ、ヤブランなど

■ミソハギ

Cornflakes/shutterstock.com

日本の田園地域でよく見かけるミソハギ。川辺や田畑の用水路などで自生し、野性味のある花姿です。ナチュラルガーデンやボーダーガーデンに最適。

日当たりがよく湿った場所でよく生育します。繁殖力が旺盛なので増えすぎないように調整しましょう。※参考価格:500~700円前後(3号ポット苗)

■ノゲイトウ

ncristian/shutterstock.com

キャンドルのようにスリムな花姿のノゲイトウ。「セロシア」とも呼ばれ、ピンクの濃淡がオシャレで人気があります。品種改良で背丈が低くコンパクトにまとまるタイプも出回るようになりました。

乾燥に強いのでドライフラワーとしても利用できます。※参考価格:300~500円前後(3号ポット苗)

■ヤブラン

crystaldream/shutterstock.com

ヤブランは耐陰性があり斑入りの葉がキレイな多年草。昔から和風庭園の下草として利用されてきました。細長く伸びる常緑の葉はシャープな印象で、洋風の庭にもよくなじみます。

夏から秋にかけて紫の花が咲き、夏の庭にシットリとした大人っぽさを添えてくれます。※参考価格:500~700円前後(3号ポット苗)

■凛とした花姿で庭を引き立てる「フィソステギア」

■フィソステギア

Nahhana/shutterstock.com

フィソステギアは「ハナトラノオ」という別名でもよく知られる花。夏から秋にかけて長い間咲き続けます。茎や花穂が四角形で、四方に整然と咲く花が特徴的。

繁殖力が旺盛で、地下茎を伸ばしてどんどん広がります。※参考価格:500~700円前後(3号ポット苗)

■リアトリス

RuudMorijn/istockphoto.com

花がアザミ、葉がユリに似ているので、「ユリアザミ」という和名を持つリアトリス。1メートルほどの背丈になり、糸のような細い花弁で蜜集して咲くのが特徴です。

日当たりや風通しのよいところで育てましょう。※参考価格:400~600円前後(3号ポット苗)

■まとめにかえて

穂状に咲く花は比較的背丈が高くなる品種が多く、風が吹くとユラユラ揺れて清々しい印象があります。花壇の後方に植えると高低差が出て、庭を立体的に見せてくれるでしょう。

ほっそりした花姿が美しい植物を植えて、夏の庭を爽やかに演出してみませんか。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?