【観葉植物】癒やしのインテリアグリーンで部屋がお洒落に【シーン別】おススメ品種8選

- ~キッチン・リビング・玄関をスタイリッシュに~ -


部屋に観葉植物があると、穏やかでスッキリした気持ちになれるという方も多いのでは?

今回は、シンプルで大人っぽいインテリアに合う観葉植物をセレクトしてご紹介します。

キッチン、リビング、玄関など、場所ごとのオシャレな飾り方も紹介しますので、参考にしてくださいね。

■キッチンにオススメの観葉植物【清潔感あふれる、スタイリッシュグリーン】

Olga Stabredova/istockphoto.com

キッチンカウンターを飾るときは、白い陶器製のポットカバーなどに入れて清潔感をアピール。

食器やコーヒーメーカーなどの色と合わせると統一感が出ます。あまり大きな観葉植物は調理作業の邪魔になるので注意しましょう。

■コーヒーの木

MakroBetz/shutterstock.com

alffoto/istockphoto.com

カワイイ赤い実がなるコーヒーの木。キッチンカウンターのコーヒーマシンの横などにもよく似合います。

矮性種がオススメですが、ある程度高さがある場合はローテーブルに置いてバランスを取るとよいでしょう。参考価格:コーヒーの木アラビカ矮性種(3号鉢)400~500円 

■シュガーバイン

KPG-Payless/shutterstock.com

明るめの場所なら一年を通じて育てやすいシュガーバイン。濃いグリーンの5枚の葉っぱがカワイイ、ふわっと優しく垂れ下がるタイプのツル性植物です。参考植物:300~500円(3号鉢)

■ポトス

Firn/istockphoto.com

ひと口にポトスと言っても色や形はさまざま。

上から吊るすのはもちろん、壁に這わせたり、深めのサラダボールや大きめのコーヒーカップに入れたり、飾り方も自由自由。ふわっと軽やかに飾るのがオシャレです。参考価格:400~1000円(3~4号鉢)

■【お洒落にくつろぐ】リビングにオススメの観葉植物

Followtheflow/shutterstock.com

リビングは最も広く、家の中の多くの時間を過ごす場所。存在感のある大きな観葉植物を活用しましょう。

■オーガスタ

Cathy Php/shutterstock.com

リゾートホテルにもよく飾られているオーガスタは、置くだけでラグジュアリーな空間を作ってくれます。強い植物で、水を頻繁に上げなくても枯れることはまずありません。

「輝かしい未来」「あたたかい心」というポジティブな花言葉を持ち、家族が集まるリビングにぴったりのシンボルツリーです。参考価格:4000円(6号鉢)

■ユッカ・エレファンティペス

K.Decor/shutterstock.com

乾燥地帯が原産のユッカ・エレファンティペス。

水やりなど管理が楽なので、観葉植物をいつも枯らしてしまうような初心者さんにもオススメです。上へ伸びるシャープな葉が特徴的で、置き場所をあまり取りません。参考価格:5000~6000円(6号鉢)

■フィカス・ウンベラータ

Sayuri Inoue/istockphoto.com

柔らかい葉色がリビングのシンボルツリーにぴったりのフィスカ・ウンベラータ。育てやすいので枝葉がしっかり茂った大きめサイズを選びましょう。

窓辺のコーナーに置くと、視線が窓向こうの空に続き、開放感が出せます。参考価格:2000~4000円(6号鉢)

■【おもてなしグリーン】玄関にオススメの観葉植物

PC Photography/istockphoto.com

玄関には、耐陰性のある小さいサイズの観葉植物を選びましょう。靴箱の上などちょっとしたスペースに置くことができ、おもてなしグリーンとして彩りを与えてくれます。

■イングリッシュアイビー

kuppa_rock/istockphoto.com

ArtBackground/shutterstock.com

耐陰性・耐寒力が強く、インドア・アウトドアのどちらにもオススメの常緑つる性植物。葉色が明るい「ピッツバーグ」など、多彩な種類からお好みを選びましょう。参考価格:250~450円(3号ポット苗)

■サンスベリア

Vitaliy Kyrychuk/shutterstock.com

Grumpy Cow Studios/shutterstock.com

乾燥に強いサンスベリア。本来は日当たりのよい場所を好みますが、乾燥気味に管理すれば暗く寒い場所にもよく耐えます。

「ありふれた品種じゃ物足りない!」という方は、ユニークな形状や斑入りを選んでみては。参考価格:600~700円(3~4号鉢)

■まとめにかえて

観葉植物を飾ると、同じ空間に植物がいることで心もカラダも爽やかに解放され、リラックスできそう!

毎日いっしょに生活するものなので、形や色などじっくりお好みのタイプをチョイスしたいですね。また、それぞれの場所に最適な品種を選んで育てましょう。

Liudmila Chernetska/istockphoto.com

カーテンや壁紙など、お部屋ごとのテーマカラーに合わせたポットカバーを選んでみるなど、スタイリッシュに飾ってみてください。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?