50代の貯蓄「平均と中央値」に潜む大きな格差をグラフで見る!羨ましい?貯蓄4000万円以上は何割か

- 50代の貯蓄の実態を探る -


「人生100年時代」という言葉が以前と比べ違和感なく受け入れられるようになった、と感じているという方は多いのではないでしょうか。

仕事をリタイアしてから過ごす時間が、一昔まえに比べると長くなると考えると、より多く準備をしなければならないのが老後の為のお金です。

文字通り人生100年と考えると、折り返しに当たるのが50歳。そう考えると、50代は老後の資産を貯めるラストスパート期間と言えるかもしれません。

今回は、そんな50代世帯の貯蓄事情を紐解きながら、老後のお金の備え方についてお話ししていきます。

■1. 50歳代の貯蓄平均「4000万円超」は?貯蓄の二極化進む

早速、50代の貯蓄の実態を、総務省統計局 家計調査報告(貯蓄・負債編)―2021年(令和3年)平均結果―(二人以上の世帯)から確認していきましょう。

出所:家計調査報告(貯蓄・負債編)-2021年(令和3年)平均結果-(二人以上の世帯)をもとにLIMO編集部作成

このグラフからは、50代の貯蓄額が二極化していることが読み取れます。「100万円未満」と「4000万円以上」がそれぞれ10万世帯以上存在しているのです。

2019年に金融庁のレポートから端を発した「老後資金2000万円」を既に保有している世帯は約30万世帯程度で、全体の3割弱となっていることもわかりました。

■2. 50歳代の平均貯蓄額はいくらか

50代の平均貯蓄額もみていきましょう。先ほどの総務省統計局の資料によると、50~59歳の貯蓄については下記の通りです。

50~59歳の貯蓄平均

  • 貯蓄現在高:1846万円
  • 負債現在高:692万円

貯蓄から負債を差し引いた「純貯蓄額」は1154万円です。住宅ローンや教育費など、人生のなかでも大きな支出のメドがつく人も多いのでしょう。貯蓄の成果を実感し始めている世帯が増えていく年代ともいえそうですね。

さらに、多くの人が、年収のピークを迎える時期と言えるかもしれません。ちなみに50代の年間収入は874万円となっています。

次では、50代の貯蓄の内容について深掘りしていきます。

■3. 50歳代世帯の貯蓄「通貨性預貯金」が最多に

引き続き同調査より、50代世帯の貯蓄の内訳を見ていきます。

  • 通貨性預貯金:587万円
  • 定期性預貯金:505万円
  • 生命保険など:406万円
  • 有価証券:289万円
  • 金融機関外:58万円

50代の貯蓄でもっとも高いのは通貨性預貯金で、500万円を超えていますね。次いで定期性預貯金も500万円を超える金額となっています。

また、「年金型貯蓄」は140万円、「外貨預金・外債」は41万円です。年金型貯蓄は全世代の中で最多となっています。

■4. 【50歳代の貯蓄平均】今さら聞けない老後2000万円問題

ここまで、50代の貯蓄について解説してきました。

2000万円以上を貯蓄できている人・できていない人がいましたが、ここで老後2000万円問題について振り返ってみます。2019年に、いわゆる「老後2000万円問題」が話題になりました。

金融審議会「市場ワーキング・グループ 第21回(厚生労働省提出資料)」では、老後に「2000万円」が必要となる根拠について、以下のように説明されています。

出所:金融審議会「市場ワーキング・グループ第21回(厚生労働省提出資料)」をもとにLIMO編集部作成

このモデルケースの夫婦が公的年金だけで暮らす場合、毎月約5万5000円の赤字が出ることになります。ここから、老後に必要となる金額を計算すると…

老後必要額=5万5000円×12カ月×30年(老後30年と仮定)=1980万円(約2000万円)となります。これが2000万円の根拠となる数字です。

将来必要と考える金額は人それぞれとは言え、まとまった金額が必要となるということは共通の課題ではないでしょうか。現役世代のうちから、老後を見据えて貯蓄を進めておくことが大事であると言えそうです。

■5. 50歳代になる前に貯蓄を効率的に増やすには

老後までの時間が限られている50代ですが、資産運用を始めるのに「遅い」ということはありません。

まだ資産運用をまったく活用していない場合は、「貯蓄を効率的に増やす方法」について、検討すべきタイミングに来ているかもしれません。

積立投資は長期で行うからこそ、成果が出ます。少しでも早く運用をスタートすることが成功への近道であることは間違いありません。まずは情報収集からはじめてみましょう。

■参考資料

  • 家計調査報告(貯蓄・負債編)-2021年(令和3年)平均結果-(二人以上の世帯)( https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200561&tstat=000000330001&cycle=7&year=20210&month=0&tclass1=000000330007&tclass2=000000330008&tclass3=000000330009&result_back=1&tclass4val=0 )
  • 金融審議会「市場ワーキング・グループ第21回(厚生労働省提出資料)」( https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/market_wg/siryou/20190412/02.pdf )

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?