「年収で1000万円超えプレーヤー」は仕事をする人の何パーセント?


「年収いくらから高所得者になると思いますか?」と聞かれたら、いくらと答えますか。もちろん、明確な金額の定義があるわけではありませんが、皆様の中には年収1000万円を一つの大台と考えている方が多いのではないでしょうか。

今回は日本国内に年収1000万円超稼いでいる人がどれくらいいるのかを見ていきたいと思います。

■年収1000万円超の人は日本国内での割合とは

令和元年9月に国税庁から発表された「平成30年分 民間給与実態統計調査」によると、平成30年12月31日現在の源泉徴収義務者(民間の事業者に限る)に勤務している給与所得者5,026万人を対象とした調査では、年収1000万円超の給与所得者の人数は248万9千人。

その割合は全体の約4.95%。すなわち100人の給与所得者の内5人弱存在しているという結果が出ています。

ちなみにこの内訳を見ると、男性が約227万人で全体の約4.5%、女性は約22万人で全体の約0.4%に過ぎません。まとめると以下の通りです。

●年収1000万円超の給与所得者の内訳(給与所得者5026万人中)

  • 男性 約227万人(4.5%)
  • 女性 約22万人(0.4%)
  • 合計 約249万人(4.95%)

皆様、多いと感じましたか。それとも少ないと感じましたか。

あくまでも民間事業者の給与所得者が対象です。フリーランスで活躍している芸能人やスポーツ選手、または公務員は含まれていません。

もし皆様の中に結婚相手の条件を「年収1000万円超!」と掲げていらっしゃる方がいれば、なかなかの覚悟とくじけない心の強さが必要であるというのが見えてきます。

■高年収プレーヤーが多いのはこの業種だ!

それでは次に、どの業種の就業者が比較的高い年収を獲得しているのかを見ていきたいと思います。

●業種別の給与階級別構成割合の内、年収800万円超の就業者の割合(上位3業種)

1位:電気・ガス・熱供給・水道業 40.6%
2位:金融業・保険業 25.0%
3位:情報通信業 20.9%

●業種別の平均給与(上位3業種)

1位:電気・ガス・熱供給・水道業 759万円
2位:金融業・保険業 631万円
3位:情報通信業 622万円

1年を通じて勤務した給与所得者について、業種別に給与階級別の構成割合を見ていきますと、上記のとおり、いずれも上位3業種の顔ぶれは変わらず、1位が電気・ガス・熱供給・水道業で平均年収759万円、全体の40%超が年収800万円を超える給与を得ています。

しかし、その一方で、平均給与が最も低い業種は「宿泊業・飲食サービス業」で、平均給与が251万円、年収800万円超の構成割合はわずか1.6%です。

このように、年収1000万円の大台に届くかどうかはどの業種に就業しているかも大きな要因になってくることが分かります。

■なぜ私たちは年収1000万円超に憧れるのか

27年ほど前に、とあるアメリカの田舎者一家が、庭で石油を掘り当てて一夜にして億万長者となり、高級住宅街に引っ越してくる映画がありました。

もしかしたら、「うちの庭から石油出てこないかな」と期待した人がいるかもしれません。
 
しかし、現実は、私たちは毎日せっせと仕事をし、手にした収入の中でこれから無慈悲に押し寄せてくる様々なライフイベントの荒波の中に漕ぎ出して行かなければなりません。

これまで、年収1000万円超稼いでいる人の割合、高収入の業種について見てきましたが、そもそも、なぜ私たちは高収入に憧れるのでしょうか。

  • 子育てに十分お金をかけてあげたい
  • 将来ゆとりある老後生活を送りたい
  • このまま独身かもしれないから、老人ホームにお世話になるかもしれない

もし、ふと浮かんだ理由が上記のようなものでしたら、年収1000万円に憧れる前に、まずは家計の見直しと、今ある収入での資産形成の方法を検討されてみてはいかがでしょうか。

■資産運用は年収1000万円超の人のための特権ではない

最近ではiDeCoや(つみたて)NISAなど、資産形成の手段が随分身近に感じられる制度が増えてきています。

また、書店に行けば、初心者向けの資産運用に関する本が所狭しと並んでいます。昔に比べ、資産運用に関するコーナーが、随分広くなったと感じます。

これは金融商品を上手に活用し、少額で長期間を前提に資産運用することで、子供の学資や自身の老後資金を少しずつ増やしたいと考える人が、増えているとも見ることができます。

■まとめにかえて

これから転職活動を行い、年収1000万円を目指すも、年収1000万円のパートナーを探すも、いずれもそれはあくまでも、将来迫り来るであろう、お金に関する荒波を乗り越えていくための手法の一つに過ぎません。

それと同様に、今自分の手の中にある限りあるお金の中から、将来に向けてコツコツと準備をし、人生の「荒波」を「さざ波」に変えていくのも、これもまた同じ手段の一つです。まずは、自分にできることから、始めてみてはいかがでしょうか。

●参考資料

国税庁「平成30年分 民間給与実態統計調査―調査結果報告―」( https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2018/pdf/001.pdf )

関連記事(外部サイト)