ソニー関係会社のエムスリーが爆騰で年初来高値を更新! 日経平均株価は続伸

− 【東京株式市場】 2020年5月18日 −


■株式市場の振り返り−日経平均株価は続伸、一時20,000円割れも底堅く推移

2020年5月18日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 20,133円(+96円、+0.5%) 続伸
  • TOPIX 1,459.2(+5.5、+0.4%) 続伸
  • 東証マザーズ株価指数 872.5(+33.0、+3.9%) 大幅続伸

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,251、値下がり銘柄数:844、変わらず:76
  • 値上がり業種数:22、値下がり業種数:11
  • 年初来高値更新銘柄数:40、年初来安値更新銘柄数:6

東証1部の出来高は12億1,082万株、売買代金は2兆37億円(概算)となり、いずれも先週末より小幅に減少しました。

新型コロナウイルス感染の影響懸念が残る中、目立ったニュースがないこともあり、盛り上がりに欠けた商いとなりました。ただ、売買代金はかろうじて2兆円を維持しています。

そのような中、日経平均株価は方向感に乏しい値動きとなり、一時20,000円割れの場面もありましたが、最後は続伸で終わりました。取引時間の高値は20,197円(+160円)、安値は19,999円(▲38円)となり、値幅(高値と安値の差)は約198円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで続伸となりました。

■東証マザーズ株価指数は大幅続伸、売買代金は21日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億5,517万株、売買代金1,884億円となりました。出来高は先週末より減少しましたが、売買代金は増加しています。売買代金は21日連続で1,000億円を上回り、再び2,000億円をうかがう動きとなっています。

また、株価指数も+4%高に迫る急騰となり、大幅続伸となりました。このまま900ポイントを回復するのか注目されます。

■ソニーの関連会社エムスリーが爆騰で年初来高値更新、日本郵政とゆうちょ銀行は暴落

個別銘柄では、先週末に決算発表を行ったエムスリー(2413)が、今期業績予想「未定」ながらも大きく買われ、一時+12%超高の爆騰となり、終値も+10%超高で引けました。

ちなみに、昨年9月に東京ドーム(9681)と入れ替わりで日経平均株価の採用銘柄となった同社株は現在、株価指数寄与度で第12位まで上昇し、ソニー(6758)より寄与度が高くなっています。なお、時価総額は約2兆8,000億円。

エムスリーの過去10年の株価推移

拡大する

その他では、金融株で三井住友フィナンシャルグループ(8316)が一時+5%高に迫る大幅高となり、不動産株では三井不動産(8801)と住友不動産(8830)が大きく値を上げたのが目を引きました。

一方、東証1部上場のレナウン(3606)の経営破綻(民事再生法の申請)を受け、オンワードホールディングス(8016)や三陽商会(8011)などの弱小中堅アパレル銘柄が一時大きく値を下げました。

また、ゴールドウイン(8111)のような大手アパレルも売りに押されて大幅安となっています。なお、上場廃止となるレナウンはストップ安で引けました。

また、米中貿易摩擦問題の再燃懸念が一気に高まったことを受けて半導体関連株や電子部品株が総じて大幅下落となり、TDK(6762)と太陽誘電(6976)が一時▲7%超安の急落、SCREENホールディングス(7735)は▲14%安に迫る大暴落となりっています。

その他では、先週末に決算を発表した日本郵政(6178)が一時▲10%超安の暴落となり、傘下のゆうちょ銀行(7182)は一時▲15%安に迫る大暴落となったのが注目を集めました。

新興市場(東証マザーズ)では、アンジェス(4563)が再び爆騰した他、中村超硬(6166)、ジーエヌアイグループ(2160)、ZUU(4387)などがストップ高まで買われています。

関連記事(外部サイト)