夏休みの旅行はキャンセル? コロナ禍でも夏を楽しむお金の使い方


新型コロナウイルスによる全国の非常事態宣言を経て、少しずつ日常生活を取り戻しつつあります。例年だと、もうすぐ学校も夏休みに入るため、旅行などの夏休みの計画の話に花を咲かせるご家庭も多かったのではないでしょうか。

しかし今年は新型コロナウイルスの影響を受け、学校の夏休み期間が短くなったり、会社でも例年通りのタイミングで連休が取れなかったりと、そもそもまだ予定が決まっていないという方も少なくないかもしれませんね。

そこで今回は夏本番を前に、コロナ禍で旅行に対する意識はどのように変わったのかを、最新の調査データを交えながら紹介していきます。

■旅行を再開するきっかけは?

大手旅行会社の株式会社JTBは、2020年5月に「新型コロナウイルス感染拡大による、暮らしや心の変化および旅行再開に向けての意識調査(2020)」を公表しました。

この調査によると、過去1年間に国内外の旅行を1回以上経験した人が、旅行を再開するきっかけとして挙げているのは、「治療薬やワクチンが完成し、効果が出る(45.6%)」「全国の緊急事態宣言が解かれたら(43.8%)」「WHOが全世界のコロナウイルス感染症の終息宣言をしたら(33.9%)」と続いています。

また、「旅行に行っても周囲からとがめられない状況になったら(26.8%)」「自治体が来訪自粛要請をやめたら(23.0%)」等の回答もあり、こちらは比較的男性よりも女性に多い傾向が見られます。

2020年6月末時点においては、日本全国での緊急事態宣言は解除され、県をまたぐ移動の自粛も緩和されているものの、例年のような夏休みの計画を立てられるようになるには、まだまだ時間を要しそうな印象ですね。

とはいっても、長い外出自粛要請期間を経て、「少しは遠出をして気分転換をしたい」「娯楽を楽しみたい」と思っている方もいるのではないでしょうか。コロナ禍でも今年の夏を楽しむための、具体的な選択肢を見ていきましょう。

■旅行先を近場に変更する

先ほどのJTBの調査では、旅行先に関する調査も行っており、制限緩和後にすぐに行きたい旅行先としては「友人・知人を訪ねる(24.4%)」「自然が多い地域への旅行(19.3%)」「帰省(18.0%)」などが上位に挙げられました。

友人・知人を訪ねることや帰省が旅行かどうかは置いておくとして、調査結果からはあまり遠出せずに、人との接触を抑えながら楽しめる場所に行きたい人が多いことがわかります。

たとえば、元々夏休みに考えていた旅行の計画が、飛行機を利用する3泊4日での旅行だったとするならば、車や電車で行ける場所への1泊2日の旅行に切り替えるというのも、現実的な選択肢になってくるでしょう。

また、旅行の時期が後ろ倒しになると、目的地の変更を余儀なくされるケースも出てきますが、今まで知らなかった近場の面白そうなスポットを探してみる良い機会かもしれません。今までのイメージにとらわれずに、様々なプランを検討してみましょう。

■自宅で楽しめる娯楽の充実に力を入れる

一方で、人によっては旅行の代わりに、自宅で娯楽を楽しむ方向に舵を切るという人もいるでしょう。総務省の家計調査によると、2020年3月のゲーム機やゲームソフト等に対する支出は、前年同月と比べて「ゲーム機(165.8%)」「ゲームソフト等(157.0%)」の伸びとなりました。

ニンテンドースイッチや、「あつまれどうぶつの森」「リングフィット アドベンチャー」といった対応ソフト
が軒並み品薄になっていたことからも、思うような外出がままならない中で、自宅での時間を楽しもうと考えた人が多かったことがわかります。

動画配信サービスなどのサブスクリプションも、コロナ禍を背景に利用者数を伸ばしており、家の中での娯楽の選択肢は以前と比べてずいぶん増えてきています。

旅行で使うはずだったお金を「おうち時間」を充実させるために使うことで、日々の生活の楽しみが広がり、自分にとっての新しい娯楽を見出すきっかけにもなるかもしれません。

■今年の夏の娯楽費は思い切って貯金しておく

とはいっても、「海外旅行が趣味だったのに、コロナでどこにも行けなくなった」「予定していた短期留学が、キャンセルになった」というように、何にも代えがたい残念な思いをしている人も中にはいることでしょう。

そういった人は、思い切って今回浮いたお金は、次回の旅行のために貯金しておきましょう。直近の旅行は諦めざるを得ませんが、この先もずっとこの状況が続くとは限りません。

旅行の予算を増やすことで、次回は日程を伸ばしたりグレードの高いホテルに泊まったりと、旅行の満足度も高めることができます。情報収集をしながら、次の旅行へのワクワク感を楽しんでいきたいものですね。

■おわりに

全国での緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ例年通りの夏休みというわけにはいかないようです。みなさんも自分が楽しめるこの夏の過ごし方を見つけてみてくださいね。

【参考】
「新型コロナウイルス感染拡大による、暮らしや心の変化および旅行再開に向けての意識調査(2020)( https://press.jtbcorp.jp/jp/2020/05/2020-4.html )」(株式会社JTB)
「家計調査 追加参考図表( https://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/pdf/fies_rf1.pdf )」(総務省統計局)

関連記事(外部サイト)