小売“一人勝ち”ニトリHDが8日連続で上場来高値更新! 日経平均株価は続伸

− 【東京株式市場】 2020年7月3日 −


■株式市場の振り返り−日経平均株価は続伸、米国市場の休場などで模様眺めムード強まる

2020年7月3日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 22,306円(+160円、+0.7%) 続伸
  • TOPIX 1,552.3(+9.5、+0.6%) 続伸
  • 東証マザーズ株価指数 977.8(+29.4、+3.1%) 7日ぶり大幅反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,333、値下がり銘柄数:759、変わらず:78
  • 値上がり業種数:22、値下がり業種数:11
  • 年初来高値更新銘柄数:30、年初来安値更新銘柄数:17

東証1部の出来高は9億8,246万株、売買代金は1兆6,954億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。新型コロナ感染拡大の懸念が残る中、特段の材料もなく、全体的には様子見スタンスが継続されました。

この日は米国市場が休場だったため、外国人投資家の参加者が少なかった影響も大きかったと見られます。売買代金は2兆円を大きく割り込み、出来高は10億株を下回る薄商いに終わりました。

そのような中、日経平均株価終日プラス圏で推移しましたが、上値の重い展開となりました。取引時間中の高値は22,312円(+167円)、安値は22,154円(+9円)となり、値幅(高値と安値の差)は約158円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで続伸しました。

■東証マザーズ株価指数は7日ぶり反発、売買代金は55日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億2,460万株、売買代金は1,836億円となり、いずれも前日より減少しました。売買代金は55日連続で1,000億円を上回りましたが、新興市場の商いも“一休み”という感じだったようです。

ただ、株価指数は自律反発による上昇もあり、7日ぶりの反発となりました。終値は1,000ポイントには達していませんが、今後の動向に注目が集まりそうです。

■東京エレクトロンが3日連続で上場来高値更新、三越伊勢丹HDなど百貨店株が売られる

個別銘柄では、半導体需要の拡大期待から東京エレクトロン(8035)が4日連続の上場来高値更新となり、アドバンテスト(6857)も上昇しました。

また、小売り株ではニトリホールディングス(9843)への見直し買いが続き、8日連続で上場来高値を更新、小売り株では“一人勝ち”状態です。

ニトリホールディングスの過去1年の株価推移

拡大する

さらに、医療・トイレタリー株も買われ、ユニ・チャーム(8113)とピジョン(7956)が年初来高値を更新し、ライオン(4912)も年初来高値に迫る上昇となりました。

その他では、ヤマトホールディングス(9064)が再び年初来高値更新となり、シマノ(7309)が連日で上場来高値を更新したことが目を引きました。

一方、東京都での感染者数急増を受け、休業要請が発令されるのではという懸念から百貨店株への売りが収まらず、J. フロント リテイリング(3086)は連日で年初来安値を更新し、高島屋(8233)や三越伊勢丹ホールディングス(3099)も大幅安となりました。

また、同じ小売り株では、青山商事(8219)が3日連続で上場来安値を更新し、AOKIホールディングス(8214)、オンワードホールディングス(8016)、三陽商会(8011)なども連日で年初来安値を更新しています。

その他では、東京電力ホールディングス(9501)、三菱自動車(7211)などが年初来安値更新となったのが目を引きました。

関連記事(外部サイト)