「いきなり!ステーキ」大リストラのペッパーFSがストップ高! 日経平均株価は3日続伸

− 【東京株式市場】 2020年7月6日 −


■株式市場の振り返り−日経平均株価は3日続伸、模様眺めムード強く低調な商いが続く

2020年7月6日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 22,714円(+407円、+1.8%) 大幅3日続伸
  • TOPIX 1,577.1(+24.8、+1.6%) 大幅3日続伸
  • 東証マザーズ株価指数 990.0(+12.1、+1.3%) 続伸

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,888、値下がり銘柄数:244、変わらず:38
  • 値上がり業種数:33、値下がり業種数:0
  • 年初来高値更新銘柄数:69、年初来安値更新銘柄数:5

東証1部の出来高は10億2,539万株、売買代金は1兆8,013億円(概算)となり、いずれも先週末より増加しました。新型コロナへの懸念が残る中、特段の材料もなく、全体的には様子見スタンスが継続されました。売買代金は先週末よりは増えたものの、連日で2兆円を割り込む薄商いとなっています。

そのような中、中国株式相場の急騰なども追い風となり、日経平均株価は終日プラス圏で推移し、大幅高となる3日続伸となりました。取引時間中の高値は22,734円(+428円)、安値は22,325円(+19円)となり、値幅(高値と安値の差)は約409円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きを示して3日続伸で引けました。

■東証マザーズ株価指数は続伸、売買代金は56日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億1,581万株、売買代金は1,779億円となり、いずれも先週末よりやや減少しました。売買代金は56日連続で1,000億円を上回りましたが、新興市場の商いも“一休み”という感じが続いています。

ただ、一部主力銘柄に買戻しが入ったこと等により、株価指数は続伸となりました。終値は1,000ポイントには達していませんが、今後の動向に注目が集まりそうです。

■ソフトバンクGが年初来高値を更新、オフィス面積半減報道が流れた富士通も上昇

個別銘柄では、ファーストリテイリング(9983)など株価指数寄与度の高い大型株が軒並み大幅高となり、ソフトバンクグループ(9984)、ダイキン工業(6367)、エムスリー(2413)などが年初来高値を更新し、東京エレクトロン(8035)は5日連続の上場来高値更新となりました。

また、小売り株ではニトリホールディングス(9843)がザラバで9日連続の上場来高値更新となりましたが、終値は横ばいでした。

さらに、景気回復期待から中国株式相場が急騰したことを受け、安川電機(6506)が急騰し、ファナック(6954)など機械株も大きく値を上げて引けました。

その他では、先週末に今後3年間でオフィス面積を半減させるという報道が流れた富士通(6702)が堅調に推移し、逆風となるはずの三井不動産(8801)など不動産株も反発したのが目を引きました。

なお、先週末にペッパーランチ事業の売却を柱とする大リストラ(「いきなり!ステーキ」の店舗閉鎖追加、希望退職募集等)を正式発表したペッパーフードサービス(3053)はストップ高で引けています。

一方、数少ない値下がり銘柄では、医薬品株の売りが目立ち、中外製薬(4519)、塩野義製薬(4507)、アース製薬(4985)などが下落しました。

新興市場(東証マザーズ)では、医療バイオ関連株の一角が利益確定売りに押され、オンコリスバイオファーマ(4588)やアンジェス(4563)が急落しました。一方、メルカリ(4385)が堅調に推移して年初来高値を更新しています。

関連記事(外部サイト)