任天堂が連日の大幅上昇で約12年ぶり高値! 日経平均株価は続落

− 【東京株式市場】 2020年8月18日 −


■株式市場の振り返り−厳しい薄商いが続く中、日経平均株価は方向感乏しく続落

2020年8月18日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 23,051円(▲45円、▲0.2%) 続落
  • TOPIX 1,610.8(+1.0、+0.1%) わずかに3日ぶり反発
  • 東証マザーズ株価指数 1,086.8(+35.7、+3.4%) 4日続伸

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:959、値下がり銘柄数:1,124、変わらず:90
  • 値上がり業種数:17、値下がり業種数:16
  • 年初来高値更新銘柄数:60、年初来安値更新銘柄数:1

東証1部の出来高は9億7,425万株、売買代金は1兆7,717億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。

特段目立った材料がない中、お盆休み等で市場参加者が少なかったこともあり、売買代金が2兆円割れの薄商いが続きました。出来高も連日で10億株を下回っており、夏枯れ相場の気配が復活しています。

そのような中、日経平均株価も方向感に乏しい値動きとなり、一時は23,000円を割り込むなど最後は続落で引けました。取引時間中の高値は23,128円(+32円)、安値は22,948円(▲148円)となり、値幅(高値と安値の差)は約180円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きでしたが、最後はわずかに上昇して3日ぶりに反発しました。終値も何とか1,600ポイントを維持しています。

■東証マザーズ株価指数は4日続伸、売買代金は84日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億1,423万株、売買代金は2,721億円となり、いずれも前日より増加しました。在宅時間が増えつつある個人投資家の物色意欲が盛り返した結果、売買代金は84日連続で1,000億円を超え、さらに4日連続で2,000億円を上回っています。

また、株価指数も4日続伸となり、約2カ月半ぶりに年初来高値を更新しました。終値でも徐々に1,100ポイントに迫りつつあります。

■マツダやニコンなど輸出関連株が下落、任天堂は連日の大幅上昇で約12年ぶりの高値

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • エムスリー(2413)
  • 東京エレクトロン(8035)
  • 中外製薬(4519)

新型コロナウイルスの感染再拡大を背景に、いわゆる“巣ごもり生活”関連銘柄に見直し買いが入り、ゲーム関連では「あつまれ どうぶつの森」の販売好調が続く任天堂(7974)が連日の大幅上昇で約12年ぶりの高値を付けました(当然、年初来高値更新です)。

また、SGホールディングス(9143)やヤマトホールディングス(9064)などの宅配株も値を上げ、業務スーパーの神戸物産(3038)も買われ再び年初来高値更新に近づいています。

その他では、医薬品株にも見直し買いが入り、小野薬品工業(4528)、ロート製薬(4527)、大幸薬品(4574)などが年初来高値を更新したのが目を引きました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • TDK(6762)
  • ソフトバンクグループ(9984)
  • アドバンテスト(6857)

為替相場が円高に振れたこと等から、マツダ(7261)、SUBARU(7270)、ヤマハ発動機(7272)などの自動車株が大きく値を下げました。

また、ハイテク株ではTDKや京セラ(6971)など電子部品株の他、キヤノン(7751)やニコン(7731)などの精密株も売られています。

その他では、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)など金融株がなかなか下げ止まらず、高島屋(8233)など百貨店株も低調な値動きが続きました。

関連記事(外部サイト)