総崩れのハイテク株でパナソニックが逆行高! 日経平均株価は反落

− 【東京株式市場】 2020年8月20日 −


■株式市場の振り返り−“夏枯れ相場”の中で日経平均株価は反落、終値は23,000円割れ

2020年8月20日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 22,880円(▲229円、▲1.0%) 反落
  • TOPIX 1,599.2(▲14.5、▲0.9%) 3日ぶり反落
  • 東証マザーズ株価指数 1,108.1(▲10.9、▲1.0%) 6日ぶり反落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:444、値下がり銘柄数:1,633、変わらず:96
  • 値上がり業種数:3、値下がり業種数:30
  • 年初来高値更新銘柄数:42、年初来安値更新銘柄数:2

東証1部の出来高は9億4,567万株、売買代金は1兆7,748億円(概算)となり、いずれも前日より小幅増加となりました。FOMCの議事録公開以外には特段目立った材料がない中、4日連続で売買代金が2兆円割れの薄商いが続きました。出来高も4日連続で10億株を下回っており、夏枯れ相場真っ盛りという状況にあるようです。

そのような中、米国株安を受けて日経平均株価も終日マイナス圏で推移しました。最後は続落となり、終値ベースでは8月12日以来となる23,000円割れとなっています。取引時間中の高値は23,078円(▲32円)、安値は22,851円(▲259円)となり、値幅(高値と安値の差)は約227円でした。

なお、TOPIXも同じような値動きで3日ぶりの反落となり、終値で再び1,600ポイントを割り込んでいます。

■東証マザーズ株価指数は6日ぶり反落、売買代金は86日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億1,517万株、売買代金は2,589億円となりました。出来高は前日より減少しましたが、売買代金は概ね横ばいでした。それでも、個人投資家の物色意欲が盛り返した結果、売買代金は86日連続で1,000億円を超え、さらに6日連続で2,000億円を上回っています。

ただ、株価指数は前日までの過熱感もあったことから、利益確定売りに押され6日ぶりの反落となりました。しかしながら、終値は1,100ポイント台を維持するなど高値圏にあります。

■村田製作所や富士通などハイテク株が下落、テスラ社向け増産のパナソニックが逆行高

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • 中外製薬(4519)
  • 塩野義製薬(4507)
  • 大和ハウス工業(1925)

ハイテク株が総崩れに近い状況となる中、米国テスラ社向けの車載電池増産が報じられたパナソニック(6752)が値を上げました。

また、花王(4452)、資生堂(4911)、ライオン(4912)、コーセー(4922)などディフェンシブ系の化粧品・トイレタリー株も概ね買われています。

その他では、日本航空(9201)や東海旅客鉄道(9022)などコロナ禍で株価下落が続いた輸送株が買い戻されましたが、株価上昇は限定的なものに止まりました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • 東京エレクトロン(8035)
  • ソフトバンクグループ(9984)
  • ファーストリテイリング(9983)

米中貿易摩擦の懸念等からハイテク株が大きく売られ、半導体関連では東京エレクトロンとアドバンテスト(6857)が大幅安となり、ルネサスエレクトロニクス(6723)とSCREENホールディングス(7735)は急落しました。

また、電子部品株の下落も目立ち、村田製作所(6981)、日本電産(6594)、TDK(6762)などの主力株も大幅安となっています。さらに、前日に大幅高となった富士通(6702)は大幅反落で引け、ソニー(6758)も大幅続落となっています。

その他では、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)などの金融株、三井不動産(8801)などの不動産株も依然として低調な値動きになりました。

関連記事(外部サイト)