マツダや三菱自など自動車株が下落! 日経平均株価は小幅続伸

− 【東京株式市場】 2020年8月24日 −


■株式市場の振り返り−“夏枯れ相場”が続く中で日経平均株価、TOPIXともに小幅続伸

2020年8月24日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 22,985円(+65円、+0.3%) 小幅続伸
  • TOPIX 1,607.1(+3.0、+0.2%) 小幅続伸
  • 東証マザーズ株価指数 1,151.1(+16.6、+1.5%) 続伸

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:999、値下がり銘柄数:1,070、変わらず:103
  • 値上がり業種数:16、値下がり業種数:17
  • 年初来高値更新銘柄数:85、年初来安値更新銘柄数:2

東証1部の出来高は7億7,614万株、売買代金は1兆5,397億円(概算)となり、いずれも先週末より減少しました。

特段目立った材料がない中、6日連続で売買代金が2兆円割れとなる厳しい薄商いが続きました。結局、売買代金は今年3番目の低水準に終わっています。また、出来高は8億株を下回っており、夏枯れ相場真っ盛りという状況にあるようです。

そのような中、日経平均株価は方向感に乏しい値動きとなりましたが、最後は小幅続伸で引けました。取引時間中の高値は23,012円(+92円)、安値は22,862円(▲58円)となり、値幅(高値と安値の差)は約150円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで小幅続伸となりました。

■東証マザーズ株価指数は続伸、売買代金は88日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億858万株、売買代金は3,256億円となりました。出来高は前日よりやや減少しましたが、売買代金は逆に大幅増加となっています。

個人投資家の物色意欲が拡大し、売買代金は88日連続で1,000億円を超え、さらに7日連続で2,000億円を上回り、今年2番目の高水準を記録しました。

また、株価指数も続伸となり、約2年2カ月ぶりの高値を付けています。新興市場の勢いは、夏枯れ相場となった大型株式市場と好対照の結果となりました。

■ソニーが6日ぶりに反発、任天堂は一時+5%高に迫る急騰で連日の年初来高値更新

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • ファーストリテイリング(9983)
  • ダイキン工業(6367)
  • 中外製薬(4519)

大型株では、エムスリー(2413)とトレンドマイクロ(4704)が連日で年初来高値を更新し、中外製薬やアステラス製薬(4503)など医薬品株の一角も値を上げました。

また、ハイテク株ではソニー(6758)が6日ぶりに反発し、オムロン(6645)や富士通(6702)も買い戻されています。

さらに、小売り株では、しまむら(8227)とケーズホールディングス(8282)も連日の年初来高値更新となり、「ドン・キホーテ」のパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(7532)は再び上場来高値を付けました。

その他では、ゲーム関連物色が続く中で任天堂(7974)が一時+5%高に迫る急騰で、連日で年初来高値を更新したことが目を引きました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • 東京エレクトロン(8035)
  • ファナック(6954)
  • 日立建機(6305)

大型株では、米中貿易摩擦の拡大懸念により、ファナックとキーエンス(6861)がなかなか下げ止まらず、揃って6日続落となりました。

また、同じ理由でハイテク株では日立製作所(6501)、キヤノン(7751)、日本電産(6594)などが値を下げています。

その他では、円高進行は一段落したものの、自動車株が総じて売られ、マツダ(7261)、三菱自動車(7211)、いすゞ自動車(7202)、日野自動車(7205)などが大幅下落となりました。

関連記事(外部サイト)