液晶工場買収のシャープが一時+7%高の急騰! 日経平均株価は3日続落

− 【東京株式市場】 2020年8月28日 −


■株式市場の振り返り−日経平均株価は3日続落、安倍首相辞任を受け目まぐるしい乱高下

2020年8月28日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 22,882円(▲326円、▲1.4%) 3日続落
  • TOPIX 1,604.8(▲11.0、▲0.7%) 3日続落
  • 東証マザーズ株価指数 1,081.5(▲52.8、▲4.7%) 大幅続落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:568、値下がり銘柄数:1,543、変わらず:58
  • 値上がり業種数:13、値下がり業種数:20
  • 年初来高値更新銘柄数:51、年初来安値更新銘柄数:4

東証1部の出来高は16億6,610万株、売買代金は2兆8,251億円(概算)となり、いずれも前日より大幅増加となりました。ジャクソンホール会議におけるFRB議長講演を無事に通過し、リスクオンモードが高まりつつあったものの、後場に安倍首相辞任の一報が流れると、市場の雰囲気があっという間に反転しました。

出来高、売買代金(3兆円には届かず)ともここ最近では高水準となりましたが、手仕舞い売りや利益確定売りが一気に出たと推察されます。

そのような中、日経平均株価は久々の乱高下となりました。辞任報道が流れた直後の急落からは+300円近く戻したものの、結局は3日続落で終値も23,000円を割り込みました。取引時間中の高値は23,376円(+168円)、安値は22,594円(▲614円)となり、値幅(高値と安値の差)は約782円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで3日続落となりましたが、下落率は比較的小幅に止まりました。

■東証マザーズ株価指数は大幅続落、売買代金は92日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億3,758万株、売買代金は3,135億円となり、いずれも前日より大幅増加となりました。売買代金は92日連続で1,000億円を超え、さらに11日連続で2,000億円を上回る高水準となっていますが、その多くが首相辞任報道を受けた利益確定売りだったと見られます。

実際、株価指数は一時▲6%超安まで急落し、終値も概ね▲5%安に近い急落となりました。終値は1,100ポイントを下回っていますが、それでもなお高水準と言えましょう。

■JDIの工場買収発表のシャープが一時急騰、エムスリーは利益確定売りに押され急落

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • ファミリーマート(8028)
  • アサヒグループホールディングス(2502)
  • 東京海上ホールディングス(8766)

FRB議長講演を受けた長期金利上昇を好感し、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)など銀行株と三井不動産(8801)など不動産株が買われ、首相辞任のニュースでも値崩れせずに上昇で引けました。

また、ハイテク株では、ジャパンディスプレイ(6740)から液晶工場の買収を発表したシャープ(6753)が一時+7%高に迫る急騰となり、終値も大幅高となっています。

その他では、猛暑が当面続く見通しを受けてビール株が買い戻され、アサヒグループホールディングス、サッポロホールディングス(2501)、キリンホールディングス(2503)が揃って大きく値を上げたことが目を引きました。

なお、年初来高値更新が続くしまむら(8227)は、取引時間中に6日連続で年初来高値を更新しましたが、終値は前日と変わらずで引けています。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • ファーストリテイリング(9983)
  • ソフトバンクグループ(9984)
  • 東京エレクトロン(8035)

首相辞任報道を受け、株価上昇が続いていた主力銘柄が利益確定売りに押されて急落し、エムスリー(2413)が一時▲8%安、中外製薬(4519)が一時▲5%安、ソニー(6758)が一時▲4%安へ下落しました。

また、「業務スーパー」運営の神戸物産(3038)が一時▲9%超安へ急落するなど、巣ごもり生活関連株も利益確定売りに押されて引けています。

その他では、Zホールディングス(4689)が一時▲5%超安の急落となったことが注目を集めました。

関連記事(外部サイト)