実は富裕層? 長寿アニメ家族のお金事情を今ドキの感覚でチェックしてみたら…!


物心ついたころから「週末になると、つい見てしまうテレビアニメがある」という方も多いのではないでしょうか? そして日本を代表するご長寿アニメを見ながら、「一般家庭のような雰囲気だけど、実はすごく裕福なんじゃない?」とギモンを感じてしまった経験はありませんか?

今回は、質素なように見えて実は超リッチなのではないか、という疑惑のあるアニメファミリーにスポットを当てて、主婦目線で分析していきます。

■国民的アニメ「サザエさん」一家の“実はリッチ”疑惑

まずは、家族の日常を描いたアニメの中でも、すでに半世紀の歴史を持つ日本を代表する作品「サザエさん」の生活から見ていきましょう。磯野家4人とフグ田家3人、タマ1匹と、計7人+1匹の二世帯で暮らしているサザエさんたち。フネさんとサザエさんが家を守り、波平さんとマスオさんが会社勤めという、ひと昔前に一般的だった家庭がアニメの舞台です。

小さな子どもを育てるママたちにとって、憧れの育児環境である磯野家。自分の両親や兄弟と一緒に結婚生活が送れるなんて、夢のようだと感じる人も多いことかと思います。誰しも一度くらいは視聴しているであろう「サザエさん」ですが、磯野家一同が住む家は平屋。細かい設定を調べると、東京都世田谷区にあの平屋を建てているそうなのです。

間取りはなんと、5LDK! 現在の世田谷区の家賃相場(※1( https://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/setagaya-city/price/ ))を見ると、3LDKでも約24万円というデータが出ています。5LDKの新築一戸建て物件となると、もはや庭付きの平屋なんて大手検索サイトでも引っかかることもなく…。

そこで気になるのが一家の稼ぎ頭である、波平さんとマスオさんの年収ではないでしょうか。

波平さんは、「山川商事」の事務職系サラリーマン。エリート並みの給料をもらっているようで、その年収は1,000万円超(原作に出てくる収入を現在の相場に換算した場合)という説もあるほどです。一方のマスオさんは、アニメでは28歳の設定。職業は、サラリーマン(海山商事営業課の係長)で、その役職からの推定年収は500万円台半ばと言われています。

二世帯合計で見れば軽く1,500万円を超える計算に。フネさんとサザエさんが家事・育児に専念できるのも、納得です。

■平均的な核家族「クレヨンしんちゃん」

次にご紹介するのは、子どもからも大人からも人気のある「クレヨンしんちゃん」。お下品なネタを交えつつも、映画では必ず大人の涙を誘う大人気のアニメです。野原家は、ひろし・みさえ・しんのすけ・ひまわり・シロの、4人+1匹の家族。

サザエさん一家と同じく、みさえは専業主婦でひろしが会社勤務というパターンです。野原家の自宅があるのは、埼玉県春日部市双葉町。しんちゃんが小さいころに中古で購入した3LDK・駐車場・庭つきの一軒家に住んでいます。

双葉町は架空の地名なので、最寄駅とされる春日部駅やイトーヨーカドー春日部店(作中に登場する「サトーココノカドー」のモデル)がある春日部市中央を所在地と仮定し住宅情報サイトなどで相場を調べてみると、築10年の一軒家の相場は2,800万〜3,400万円ほど。アニメの中でひろしがしきりに「家のローンが…!」という言葉を口にしているので、ローンを組んで購入したことがわかります。

仮に、住宅価格を2,800万円、頭金を500万円として年利1%、30年間のローンを組んだとすると、月々の返済額は7万4,000円ぐらい(ローン設定時の諸費用除く)(※2( https://loan.mamoris.jp/ ))。ごく一般的な家庭に近い数字と思えます。

ひろしの月々のおこづかいも3万円と、リアルな数字が並んでいるように思えますが、実はひろしは霞が関の商社マンであることを忘れてはいけません。アニメの放送内容からの推定年収は600万〜650万円、決して低所得ではないことがうかがえます。

しんちゃんの通うふたば幼稚園は、制服やカバンもきちんと統一されていることから、おそらく私立の幼稚園。裕福だと言える収入がありながらも、子どもたちと自分たちの将来を考え、堅実に生活しようとしているみさえの考えが見え隠れするアニメと言えるのではないでしょうか。

■いちばん庶民的?「ちびまる子ちゃん」

最後にご紹介するのが、アニメを見ていてもお財布のヒモが固く庶民的なイメージのある「ちびまる子ちゃん」。家族構成はまるちゃん目線で見て、おじいちゃん・おばあちゃん・お父さん・おかあさん・おねえちゃん・まるちゃんの計6人です。

おじいちゃん・おばあちゃんは年金暮らしであるため、一家を支えるのはお父さんのヒロシのみ。職業は作中では明らかにされていませんが、原作者さくらももこさんの父親がモデルとされていることから、八百屋を営む自営業者だとの説が有力です。

推定年収は約400万円、静岡県静岡市清水区にある家は3LDKの持ち家で、築年数は不明ですがけっこう古そうです。

シロアリに食われて家の壁が崩壊し始めるというようなエピソードもあり、今回ご紹介したアニメファミリーの中でも一番庶民的であることがうかがえます。とは言え、浴室に窓があったり、広い庭があったりと、古い戸建てならではのゆとり空間を満喫しているようにも見えます。

■ダントツのお金持ちは「磯野家」

今回ご紹介した3家族の中で、ダントツのお金持ちは「磯野家」だということがわかりました。稼ぎ頭が2人もいるうえ、都内の一等地に平屋を設けることができて、女性陣が専業主婦でいられるというのは、今の時代ではかなり裕福な家庭でないとできないことです。

もっとも、こんなシビアな話を子供の前でしたくはないですが…。

長年親しんだアニメも別目線で見てみると、また違った楽しみ方ができるかもしれませんね。次回、それぞれのアニメを見るときは、その家族の年収や家などにも注目してみては?

【参考】
(※1)ライフルホームズ:世田谷区の家賃相場情報( https://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/setagaya-city/price/ )(2020.8.27.現在)
(※2)住宅保証機構:住宅ローンシミュレーション( https://loan.mamoris.jp/ )
・フジテレビ「サザエさん」公式サイト( https://www.fujitv.co.jp/sazaesan/character.html )
・毎日放送「林先生の初耳学〈復習編〉/庶民の代表“磯野家”が危機!!」( https://www.mbs.jp/mbs-column/mimi/archive/2018/07/18/013159.shtml )
・テレビ朝日「クレヨンしんちゃん」公式サイト( https://www.tv-asahi.co.jp/shinchan/ )
・ITmediaビジネスオンライン「『サザエさん』『ドラえもん』『ちびまる子ちゃん』『クレヨンしんちゃん』——最も高い家に住んでいるのは? 査定してみた」( https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2003/11/news013.html )
・さくらプロダクション / 日本アニメーション「ちびまる子ちゃんオフィシャルサイト」( http://chibimaru.tv/ )

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?