菅氏発言でSBI-HDが年初来高値、ストップ高の地銀も! 日経平均株価は3日ぶり反落

− 【東京株式市場】 2020年9月4日 −


■株式市場の振り返り−日経平均株価は3日ぶり反落、米国株急落に比べると下落は限定的

2020年9月4日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 23,205円(▲260円、▲1.1%) 3日ぶり反落
  • TOPIX 1,616.6(▲14.6、▲0.9%) 3日ぶり反落
  • 東証マザーズ株価指数 1,139.9(▲30.5、▲2.6%) 大幅続落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:617、値下がり銘柄数:1,457、変わらず:97
  • 値上がり業種数:8、値下がり業種数:25
  • 年初来高値更新銘柄数:24、年初来安値更新銘柄数:6

東証1部の出来高は10億7,480万株、売買代金は1兆8,713億円(概算)となりました。出来高は前日より増加しましたが、売買代金はやや減っています。

目立ったニュースがない中、前日の米国株式相場の急落(NYダウは一時▲1,000ドル超安)を受けて様子見スタンスが一段と強まりました。売買代金は4日連続で2兆円を下回る厳しい薄商いとなっています。

そのような中、米国株式相場の急落を背景に、日経平均株価は終日マイナス圏で推移しました。ただ、結局は3日ぶりに反落したものの、下落は限定的だったようです。取引時間中の高値は23,257円(▲208円)、安値は23,098円(▲367円)となり、値幅(高値と安値の差)は約159円でした。

なお、TOPIXも同じような値動きで3日ぶりの反落となりましたが、こちらも下落は限定的に止まっています。

■東証マザーズ株価指数は大幅続落、売買代金は97日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は9,312万株、売買代金は2,613億円となり、いずれも前日より減少しました。ただ、減少したとはいえ、売買代金は97日連続で1,000億円を超え、さらに16日連続で2,000億円を上回る高水準となっています。

一方で、主力銘柄が利益確定売りに押されたことなどから、株価指数は大幅続落となり、1,200ポイント回復はいったん遠のいた形となりました。

■“菅内閣”誕生後の再編思惑で地銀株が急騰、NECなどDX関連株が下落

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • ホンダ(7267)
  • 信越化学工業(4063)
  • トヨタ自動車(7203)

大型株が総じて売られる中、前日に菅官房長官が地銀再編に言及したことから、時価総額の小さい地銀株がこぞって買われました。

福島銀行(8562)、栃木銀行(8550)、筑波銀行(8338)が大爆騰でいずれもストップ高となり、島根銀行(7150)は一時+15%弱高で年初来高値を更新しています。

また、その地銀再編を先導するSBIホールディングス(8473)も大幅高で年初来高値を更新しています。

その他では、ホンダやトヨタ自動車など自動車株の一角が逆行高となり、クボタ(6326)やコマツ(6301)など機械株の一角も値を上げましたが、大きな動きとはならなかったようです。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • ソフトバンクグループ(9984)
  • 東京エレクトロン(8035)
  • エムスリー(2413)

ハイテク株の下落が目立ち、富士通(6702)、NEC(6701)などDX関連で上昇した銘柄、東京エレクトロンやアドバンテスト(6857)など半導体関連株が大幅下落となりました。

また、株価上昇が続いたドラッグストア株も売りに押され、ツルハホールディングス(3391)とウエルシアホールディングス(3141)が揃って大幅安で引けています。

その他では、ディフェンシブ系の代表格である医薬品株も売られ、大塚ホールディングス(4578)が▲4%超安の大幅下落となり、第一三共(4568)も大きく値を下げたことが目を引きました。

新興市場(東証マザーズ)では、イグニス(3689)がストップ安まで売られ、メルカリ(4385)も大幅下落となりました。

関連記事(外部サイト)