菅発言で富士製薬工業が大爆騰! 日経平均株価は3日ぶり反発

− 【東京株式市場】 2020年9月8日 −


■株式市場の振り返り−日経平均株価は3日ぶり反発、模様眺めの中で狭いレンジ内の値動き

2020年9月8日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 23,274円(+184円、+0.8%) 3日ぶり反発
  • TOPIX 1,620.8(+11.1、+0.7%) 3日ぶり反発
  • 東証マザーズ株価指数 1,138.6(+21.1、+1.9%) 4日ぶり反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,757、値下がり銘柄数:344、変わらず:71
  • 値上がり業種数:30、値下がり業種数:3
  • 年初来高値更新銘柄数:57、年初来安値更新銘柄数:1

東証1部の出来高は10億7,485万株、売買代金は2兆941億円(概算)となり、いずれも前日より小幅増加となりました。7日の米国市場が休場だったことで、米国株の動きを見極めたいとする投資家が増えたと考えられます。売買代金は5日ぶりに2兆円台を回復しましたが、低水準に止まりました。

そのような中、日経平均株価は終日プラス圏で推移しましたが、値幅の狭いレンジ内での動きとなりました。最後は3日ぶりに反発したものの、膠着感が強かったと言えましょう。

取引時間中の高値は23,277円(+188円)、安値は23,129円(+40円)となり、値幅(高値と安値の差)は約148円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで3日ぶりの反発で引けました。

■東証マザーズ株価指数は4日ぶり反発、売買代金は99日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は8,959万株、売買代金は1,780億円となり、いずれも前日より減少しました。売買代金は99日連続で1,000億円を超えたものの、18日ぶりに2,000億円を下回る等、個人投資家の物色意欲が小休止した感があります。

ただ、株価指数は買戻しなどにより4日ぶりの反発となりました。ここから1,200ポイント回復を目指すのか注目されましょう。

■菅発言“不妊治療に保険適用”で富士製薬工業が大爆騰、任天堂は利食い売りで一時急落

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • ファーストリテイリング(9983)
  • リクルートホールディングス(6098)
  • 信越化学工業(4063)

取引時間中に自民党総裁選の候補者による演説会が開催されましたが、菅官房長官が不妊治療への保険適用を実現させると言明したことで、不妊治療薬を扱う医薬品株が軒並み急騰。

富士製薬工業(4554)が一時+27%弱高へ大爆騰し(終値も+25%弱高)、あすか製薬(4514)も一時+19%弱高の爆騰で年初来高値を更新しました。

まだ総理大臣になったわけではありませんが、菅官房長官の発言による株価変動は安倍首相をはるかに上回っています。

その他では、ファーストリテイリングが年初来高値を更新し、ローム(6963)など電子部品株の一角が大幅高になったことが目を引きました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • ダイキン工業(6367)
  • ソフトバンクグループ(9984)
  • エーザイ(4523)

前日に急落したソフトバンクグループが反発することなく続落となり、自動車株ではホンダ(7267)が大幅安となりました。

また、株価上昇が続いてきたゲーム関連株が利益確定売りに押され、任天堂(7974)が一時▲5%安に迫る急落となり、スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)も大幅安で引けています。

その他では、プラズマクラスターで空気中を浮遊する新型コロナウイルスが減少する効果を実験で確認したと前日に発表したシャープ(6753)が寄り付き直後に急伸したものの、次第に値を消し始め、終値は下落したことが注目を集めました。

関連記事(外部サイト)