子連れドライブを快適にする「カー用品&オプションパーツ」6選


家族でわいわいドライブ、とても楽しいですよね。しかし小さい子供と車に乗っていると、少なからずちょっとしたトラブルが発生しがち。大人にとっては些細なもの・ことでも、子供からしたら結構大問題だったりもします。

また大人側からしたら、子供を乗せていると標準状態の車ではやや物足りない装備があったりと、不便に感じることもあります。そこで今回は、子供と車に乗る際に取り付けておくと意外と便利なカー用品やオプションパーツをご紹介していきます。

■後席用モニター

定番中の定番のオプションといえば「後席用のモニター」。ドライブが長時間に亘ると子供が飽きてグズってしまい「もう飽きたー」なんて騒ぎ出す、なんて経験はないでしょうか。

後席モニターを取り付けてDVDなどを流してあげれば、そこまでグズらずにドライブをすることができる場合もあります。ただモニターを注視していると、日常とは違った風景を見るというドライブならではの楽しみがなくなってしまったり、車酔いをしてしまったりと弊害もありますので注意が必要です。

■後席用シェード

子供は基本的に後席に乗る、という家庭が大半でしょう。子供たちは車の心地よい揺れにウトウトしてしまうこともしばしば。

車の進行方向によっては太陽光が顔に当たって眩しいということも起こりますので、シェード(日除け)があるといいでしょう。後席用のシェードは、最近のミニバンやワゴンタイプの軽自動車には標準装備の場合もありますが、セダンタイプやコンパクトカーには付いていないことも多いので、カー用品店などで窓ガラスに吸盤でつけるタイプのものを検討してみても良いでしょう。

■シートカバー

子供はドライブ中、お菓子を食べたりジュースを飲んだりすることもきっと多いはず。お菓子を落とされる分には掃除機などで吸い取れば解決しますが、ジュースをこぼされたりしてしまうと後始末が大変です。

そんな時は、シートカバーをつけてシート本体を汚れにくくするというのはいかがでしょうか。シートカバーであれば汚れたら洗うこともできますから安心です。

全席分のシートカバーを撥水効果のあるタイプに変えるのも良し、コスト重視で子供が座る部分(チャイルドシートの部分)だけをカバーするタイプを付けるも良し、です。

ちょっとしたひと手間で、もしもの時に役立つ便利アイテムといえます。

■洗いやすいフロアマット、靴が置けるサイズのトレー

子供が大きくなるにつれて公園などで遊ぶ機会が多くなったり、野球やサッカーなどの屋外スポーツをやることが増えてくることでしょう。

晴れていればまだマシですが、雨が降った後やぬかるんだ場所で走り回ると靴が泥だらけ…なんてこともあるでしょう。そのまま車に乗り込まれてしまうと車内が泥だらけになってしまい、後始末が大変です。すぐに外せるタイプのマットであれば外して丸洗いをすればいいですが、そうでないタイプのマットもあるので掃除も一苦労。

その手間を少しでも減らすために洗いやすいフロアマットを買ったり、汚れた靴を入れておくトレーを車内に置いておくのも一つの手です。ミニバンの後列であれば、長方形の細長いタイプのビニールマットなども良いですね。

■室内用ミラー

ルームミラーだけだと後席の子供の様子が分からないこともあるでしょう。様子を見るために身を乗り出して後ろを見る、なんてこともできますが、信号待ちなどでしかできないので不便なことも。

そういうときは「補助ミラー」を活用するのも1つの方法です。

■簡易テーブル

ドライブスルーなどを利用したときは、車内で食事をすることもあるでしょう。そんな時に簡易テーブルがあると非常に便利。

これも標準装備している車もありますが、後付けタイプのカー用品も発売されています。これがあるのとないのとでは、利便性がかなり異なってくると思っています。ない人は検討してみてはいかがでしょうか。

■まとめ

子供との楽しいドライブをさらに快適にするカー用品やオプションパーツをご紹介しました。費用がかかるものもありますが、用意することで車内が快適な空間になることも多いアイテムですので、ぜひ考えてみてください。

関連記事(外部サイト)

×