スポーツテイストもあり?おしゃれなデザインの「女性向けの車10選」


街中を走っている車はいろいろあります。ごく普通なセダンタイプの車からスポーツに特化した車など、それぞれが個性的。

その中にも外見や内装がおしゃれな車もあり、女性にピッタリな車もあります。今回は、外見も内装もこだわりたい女性に向けた、オススメな車をご紹介していきます。

(LIMO記事上では、小見出しの車名をクリックで公式HP、または「カーセンサー」( https://www.carsensor.net/ )の該当ページへジャンプします)

■『MINI(ミニ)』( https://www.mini.jp/ja_JP/home.html )

おしゃれな車の代名詞といえば『MINI』ではないでしょうか。

『ミニ』といえば『MINI COOPER(ミニクーパー)』が有名でもありますが、最近はSUVタイプの『MINI CROSSOVER(ミニクロスオーバー)』やワゴンタイプの『MINI CLUBMAN(ミニクラブマン)』などバリエーションも豊富。

『ミニ』は可愛らしい外見だけではなく、メーターやスイッチ類まで細部にまでこだわった内装も特徴的です。ライフスタイルに合わせてグレードをチョイスできるのもポイントとなっています。

■日産『MOCO(モコ)( http://history.nissan.co.jp/MOCO/SA2/1310/index.html )』/スズキ『MRワゴン』( https://www.carsensor.net/usedcar/bSZ/s006/index.html )

可愛い軽自動車の代名詞ともいえるのが日産『モコ』とスズキ『MRワゴン』。この2車種は兄弟車種ですが、『モコ』を見る機会が多いのではないでしょうか。

『モコ』の名前の由来は“モコモコ”としたカワイイ見た目からきているともいわれており、非常にキュートです。カラーリングもピンク色などをラインアップ。

現在は新車で購入することができない車ですが、根強い人気があります。

■ダイハツ『COPEN(コペン)』( https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/ )

こちらは2ドアのスポーツタイプの軽自動車。現在は2代目が発売されていますが、初代の印象が非常に強い車です。

フロントマスクは丸いヘッドライトが可愛さをアピール。見た目もさることながら内装のシートカラーなどもおしゃれにできることもあり、スポーツ志向の方だけでなく見た目で選ぶという方も多いです。現行型では『COPEN Cero(コペンセロ)』が初代のデザインを踏襲しています。

■スズキ『Lapin(ラパン)』( https://www.suzuki.co.jp/car/lapin/ )

スズキの人気軽自動車の『ALTO(アルト)』から派生した『ラパン』。「ゆるさ」をコンセプトにデザインされた車で、ウサギのエンブレムがとってもキュートです。

外見の可愛さから、購入層のおよそ9割が女性という女性人気の高い車です。かわいい軽自動車で探しているのなら、この車が候補の筆頭にくるのではないでしょうか。

■日産『Cube(キューブ)』( https://history.nissan.co.jp/CUBE/Z12/1210/index.html )

女性からの人気が高い車として日産の『キューブ』も忘れてはいけないところ。コンパクトカーの中では珍しく全高が高く、取り回しも非常にしやすい車として老若男女問わず人気の車です。

現行型の『キューブ』は見た目がブルドッグをモチーフとしておりブサ可愛い印象。内装についてはシンプルですが、シートの材質がソファーのような座り心地となっているので運転中も疲れにくくなっています。中古車で探すにしてもお手頃価格から探せるのもポイントですね。

■フォルクスワーゲン『The Beetle(ビートル)』( https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/thebeetle.html )

一度見たらきっと忘れない、特徴的な見た目をしているのが『ビートル』。一目見たら「あ、『ビートル』だ」と思うほどです。

実はこの車、長い長い歴史を持っており、前身となった『フォルクスワーゲン・タイプT』は1938年に製造されました。長い歴史を持つだけではなく、おしゃれな車の代表格として生産が終了しても根強い人気を誇っています。

■日産『MARCH(マーチ)』( https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/march.html )

「元祖かわいい車」ともいえるのが日産『マーチ』。特に3代目はキュートな外見とお求めやすい価格から爆発的なヒットを誇りました。現行型でもある4代目はカワイイ見た目を継承したものの3代目を超えることができず、内装のチープさも目立ってしまい、あまり人気がない様子。

MTを搭載したスポーツ志向の高いグレードもラインアップされていますので、入門者として購入するのもいいでしょう。

■光岡『Viewt(ビュート)』( https://www.mitsuoka-motor.com/lineup/viewt/ )

個性的な車を販売している光岡。その中でも人気のある車として『ビュート』があります。光岡の車は国内メーカーで販売されている車をベースにカスタマイズしているのですが、この『ビュート』は『マーチ』をベースに作られています。

他の人とは違った車を乗りたいという方には、光岡の車を検討してみるのも良いでしょう。

■フィアット『500(チンクエチェント)』( https://www.fiat-auto.co.jp/500/?utm_source=google_ss&utm_medium=text&utm_campaign=500&utm_content=500_201708&gclid=EAIaIQobChMI4-6Nh_OK7AIVwdaWCh12eQjTEAAYASAAEgJnRfD_BwE )

可愛い見た目だけど・・・なんて車?と考えてしまうのがこの車。500と書いて『チンクエチェント』と読みます。『チョロQ』のようなコンパクトなボディは取り回しやすく、日本の道路事情にマッチしているのではないでしょうか。

インテリアもイタリアのメーカーならではの個性的なつくり。ファッションの一部としてもポイントの高い車でしょう。

■マツダ『MAZDA ROADSTER(ロードスター)』( https://www.mazda.co.jp/cars/roadster/spirit/ )

最後にご紹介するのは今までの車と一風変わった一台。マツダの『ロードスター』です。どちらかというとおしゃれではなく「カッコいい」に分類され、男性が乗っている割合が高い車です。

こういった車に女性のイメージはあまりないかもしれませんが、海岸線を屋根を開けて走る姿がとても魅力的に映ります。

■おわりに

今回は女性向けに「かわいい」車を中心にご紹介しました。かわいいだけではなく、スポーツテイストを取り入れたクールな車が意外としっくりくることもあります。

色々吟味してみると面白いですね。

関連記事(外部サイト)