iPhone関連部品の太陽誘電が連日で約19年ぶりの高値更新! 日経平均株価は反落

− 【東京株式市場】 2020年10月20日 −


■株式市場の振り返り−日経平均株価は反落、売買代金は7日連続で2兆円割れの薄商い

2020年10月20日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 23,567円(▲104円、▲0.4%) 反落
  • TOPIX 1,625.7(▲12.2、▲0.8%) 反落
  • 東証マザーズ株価指数 1,325.3(+6.6、+0.5%) 続伸

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:536、値下がり銘柄数:1,593、変わらず:51
  • 値上がり業種数:2、値下がり業種数:31
  • 年初来高値更新銘柄数:60、年初来安値更新銘柄数:10

東証1部の出来高は9億2,369万株、売買代金は1兆7,349億円(概算)となり、いずれも前日より微増となりました。

米国株式相場の大幅安に加え、大統領選が終盤を迎えていることで様子見スタンスが継続しました。売買代金は7日連続で2兆円を割り込む薄商いとなっています。

そのような中、日経平均株価はほぼ終日マイナス圏で推移し、後場に下げ幅を拡大して反落となりました。取引時間中の高値は23,674円(+3円)、安値は23,518円(▲153円)となり、値幅(高値と安値の差)は約156円でした。

なお、TOPIXも同じような値動きで反落となり、下落率は日経平均株価より大きくなっています。

■東証マザーズ株価指数は続伸、売買代金は126日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は8,922万株、売買代金は2,282億円となりました。

出来高は前日よりやや減りましたが、売買代金は増加しています。依然として個人投資家の投資意欲は堅調であり、売買代金は126日連続で1,000億円を超え、14日連続で2,000億円を上回りました。

また、株価指数も続伸となり、1,300ポイントを着々と固めています。

■良品計画が一時+9%超高の急騰、キヤノンやニコンなど精密機器株が年初来安値更新

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • 東京エレクトロン(8035)
  • ダイキン工業(6367)
  • ファナック(6954)

特段のニュースはなかったものの、小売り株では業績好調が続く良品計画(7453)が一時+9%超高へ急騰し、西松屋チェーン(7545)は値を上げて年初来高値を更新しました。

ハイテク株では、前日に約19年ぶりの高値更新となった太陽誘電(6976)が連日で年初来高値更新となりました。太陽誘電は13日(現地時間)のiPhone12発表以来、関連部品株が買われる中で上昇基調となっていました。また、東芝(6502)も大幅高となっています。

その他では、大株主の1つである香港の投資ファンドから社長解任等の要求を突き付けられた東京ドーム(9681)が、構造改革期待から一時+4%高の大幅上昇となりましたが、終値は+1%超高に止まるなど目立った値動きにはならなかったことが目を引きました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • ソフトバンクグループ(9984)
  • ファーストリテイリング(9983)
  • オリンパス(7733)

百貨店株が一斉に売られ、高島屋(8233)、J. フロント リテイリング(3086)、三越伊勢丹ホールディングス(3099)がいずれも一時▲5%安に迫る急落となり、終値も大幅安となりました。

また、前日に再び年初来高値を更新した東宝(9602)が大幅反落となり、松竹(9601)も大幅下落となっています。

その他では、JR株も一斉に売られ、東日本旅客鉄道(9020)は▲5%安に迫る急落で年初来安値を更新しました。

なお、先週から売りが続いている精密機器株も値を下げ、キヤノン(7751)とコニカミノルタ(4902)は5日連続で年初来安値更新となり、ニコン(7731)も再び約26年ぶりの安値を付けて引けました。

関連記事(外部サイト)