ZOZOが日経225銘柄選定で梯子を外され連日の急落! 日経平均株価は小反落

− 【東京株式市場】 2020年10月26日 −


■株式市場の振り返り−薄商いの中で日経平均株価は小反落、狭いレンジ内の値動き続く

2020年10月26日(月)の主要指標 カッコ内は前日終値比

  • 日経平均株価 23,494円(▲22円、▲0.1%) 小反落
  • TOPIX 1,618.9(▲6.3、▲0.4%) 反落
  • 東証マザーズ株価指数 1,199.5(▲48.1、▲3.9%) 大幅4日続落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:815、値下がり銘柄数:1,245、変わらず:118
  • 値上がり業種数:11、値下がり業種数:22
  • 年初来高値更新銘柄数:26、年初来安値更新銘柄数:3

東証1部の出来高は8億839万株、売買代金は1兆5,929億円(概算)となり、いずれも先週末より減少しました。

米国大統領選挙もいよいよ最終盤に差し掛かって、様子見スタンスが一層強まった形です。結局、売買代金は10日連続で2兆円を割り込む薄商いとなり、今年4番目の低水準となりました。

そのような中、日経平均株価は先週からの狭いレンジ内での値動きを引き継ぎ、最後は小反落で引けました。取引時間中の高値は23,572円(+56円)、安値は23,475円(▲41円)となり、値幅(高値と安値の差)は約97円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで反落となりましたが、下落率は日経平均株価より大きくなりました。

■東証マザーズ株価指数は大幅4日続落、売買代金は130日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億142万株、売買代金は2,198億円となり、いずれも先週末より減少しました。

依然として個人投資家の投資意欲は堅調であり、売買代金は130日連続で1,000億円を超え、18日連続で2,000億円を上回っています。

ただ、先週から顕著になった利益確定売りがより一層多く出たと見られ、株価指数は▲4%安に迫る急落となりました。これで4日続落となり、終値ではついに1,200ポイントを割り込むなど一気に調整色が強まっています。

■梯子を外されたZOZOが連日の急落、くら寿司は「鬼滅の刃」コラボで年初来高値更新

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • ファーストリテイリング(9983)
  • 京セラ(6971)
  • ソニー(6758)

ハイテク株では引き続き電子部品株が買われ、上期(4-9月期)業績予想の上方修正を発表した村田製作所(6981)が約20年ぶりの高値を付け、引け後に決算発表を控えた日本電産(6594)は連日で上場来高値を更新しました。さらに、太陽誘電(6976)も約39年ぶりの高値を更新し続けています。

また、記録的ヒットになりつつある映画「鬼滅の刃」に関して、東宝(9602)は材料出尽くしで軟調に推移しましたが、くら寿司(2695)が同映画とのタイアップイベント(コラボグッズの抽選等)を材料視され、主要な外食株で唯一、年初来高値更新まで大幅上昇しています。

その他では、好業績の小売り株の一角が上昇し、しまむら(8227)が年初来高値を更新しましたが、その後は売りに押されて終値は下落しました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • ソフトバンクグループ(9984)
  • エムスリー(2413)
  • 中外製薬(4519)

先週末、日経平均株価を構成する日経225銘柄の新規採用(上場廃止になるファミリーマートの代替)の筆頭候補ながら、ふたを開けてみれば韓国系オンラインゲーム会社のネクソン(3659)に決定し、梯子を外された形で急落したZOZO(3092)がこの日も▲5%安に迫る連日の急落となりました。

また、毎日のようにリストラ報道が流れているANAホールディングス(9202)は、今度は従業員をトヨタ自動車(7203)などグループ外企業へ出向受入要請することが報じられ、大幅反落となっています。

その他では、通期業績見通しの下方修正を発表した東京製鐵(5423)が急落し、ソフトバンクグループが5日続落となったこと等が目を引きました。

新興市場(東証マザーズ)では、メルカリ(4385)が急落。上場来高値(5,930円)を付けた10月14日から2週間弱で約▲23%下落しています。

関連記事(外部サイト)