最終赤字転落のリコーが暴落! 日経平均株価は終値で今年最高値に

− 【東京株式市場】 2020年11月5日 −


■株式市場の振り返り−日経平均株価は大幅3日続伸、1月20日以来の24,000円台回復

2020年11月5日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 24,105円(+410円、+1.7%) 大幅3日続伸
  • TOPIX 1,649.9(+22.6、+1.4%) 3日続伸
  • 東証マザーズ株価指数 1,255.6(+38.5、+3.2%) 大幅続伸

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,543、値下がり銘柄数:574、変わらず:62
  • 値上がり業種数:21、値下がり業種数:12
  • 年初来高値更新銘柄数:48、年初来安値更新銘柄数:16

東証1部の出来高は13億4,474万株、売買代金は2兆7,052億円(概算)となり、いずれも前日より小幅に増加しました。

米国大統領選で民主党のバイデン候補が優勢となる中、民主党が求める大規模な経済対策に期待した売り買いが増加したようです。それでも売買代金は3兆円には届かず、2兆7,000億円レベルとなりました。

そのような中、日経平均株価は米国株高などを背景に終日プラス圏で推移し、前日に続く大幅高の3日続伸となりました。終値としては1月20日以来となる24,000円台に乗せています。

なお、一部ニュースに「日経平均株価が年初来高値を更新」とありましたが、正確に言うならば「終値としては今年最高値」となります。年初来高値は1月17日ザラバに付けた24,115円であり、この日の高値24,112円はわずかに届きませんでした。

取引時間中の高値は24,112円(+417円)、安値は23,756円(+61円)となり、値幅(高値と安値の差)は約356円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで3日続伸となりましたが、前日に続き上昇率は日経平均株価を下回りました。

■東証マザーズ株価指数は連日の急騰で大幅続伸、売買代金は25日連続で2,000億円超え

東証マザーズの出来高は9,650万株、売買代金は2,787億円となり、いずれも前日より増加しました。売買代金は137日連続で1,000億円を超え、25日連続で2,000億円を上回っています。

また、全体的に買い戻しが優勢となった結果、株価指数は+3%超高の急騰で大幅続伸となりました。終値も1,200ポイントを大きく上回り、再び1,300ポイントを狙う位置へ回復しています。

■認知症治療薬が進展のエーザイがストップ高の爆騰、リコーが一時▲11%超安の暴落

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • ソフトバンクグループ(9984)
  • エーザイ(4523)
  • 東京エレクトロン(8035)

エーザイが米国大手製薬企業と共同開発中のアルツハイマー型認知症治療薬が順調に承認される公算が強まったことを受け、寄り付きから買いが殺到し、終値は+18%高のストップ高となりました。

また、自動車株では、後場に決算発表を行ったスズキ(7269)が期待以上の内容を評価されて急伸し、一時+6%高に迫る急騰となっています。

その他では、前日に続きハイテク株が総じて買われ、ソニー(6758)、日本電産(6594)、TDK(6762)が年初来高値を更新し、NEC(6701)や富士通(6702)などDX関連銘柄も大幅続伸となったことが目を引きました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • 信越化学工業(4063)
  • ヤマハ(7951)
  • コマツ(6301)

ハイテク株が総じて上昇する中、前日に今期業績の最終赤字転落と減配を発表したリコー(7752)が一時▲11%超安へ暴落して年初来安値を更新し、終値も大した回復をせずに▲10%超安となりました。

また、キヤノン(7751)、ニコン(7731)、コニカミノルタ(4902)など他の精密機器株も軟調に推移しましたが、オリンパス(7733)は一時+7%高に迫る急騰となっています。

その他では、前日に大幅赤字となる上期決算を発表した三菱自動車(7211)が一時▲7%安に迫る急落となったのが目を引きました。

関連記事(外部サイト)