経済正常化期待でJR西日本やJALなどが爆騰! 日経平均株価は一時25,000円台で6日続伸

− 【東京株式市場】 2020年11月10日 −


■株式市場の振り返り−日経平均株価は6日続伸、一時は約29年ぶりの25,000円台回復

2020年11月10日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 24,905円(+65円、+0.3%) 6日続伸
  • TOPIX 1,700.8(+18.9、+1.1%) 6日続伸
  • 東証マザーズ株価指数 1,185.0(▲80.7、▲6.4%) 大幅反落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,337、値下がり銘柄数:788、変わらず:54
  • 値上がり業種数:27、値下がり業種数:6
  • 年初来高値更新銘柄数:110、年初来安値更新銘柄数:2

東証1部の出来高は20億6,535万株、売買代金は4兆746億円(概算)となり、いずれも前日より大幅増加となりました。

米国でバイデン政権への移行が進む中、大手製薬企業のファイザー社による新型コロナウイルスワクチン開発の進展が発表され、米国株式相場が一時急騰。これを受ける形で、東京市場でも一気にリスクオンモードが高まり、売買代金は4兆円を上回る約5カ月ぶりの大商いとなっています。

そのような中、日経平均株価も基本的には堅調に推移し、今年2度目の6日続伸となりました。また、取引時間中には約29年ぶりに一時25,000円台を回復しています。

一方で、利益確定売りによる手仕舞いも少なくなかったようで、後場は一時マイナス圏に沈む場面も見られるなど、終値では25,000円回復はなりませんでした。取引時間中の高値は25,279円(+440円)、安値は24,833円(▲6円)となり、値幅(高値と安値の差)は約434円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで6日続伸となり、この日は上昇率で日経平均株価を大きく上回りました。終値も2月14日以来となる1,700ポイント回復です。

■東証マザーズ株価指数は大幅反落、売買代金は28日連続で2,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億3,586万株、売買代金は2,648億円となり、いずれも前日より増加しました。

売買代金は140日連続で1,000億円を超え、28日連続で2,000億円を上回りましたが、かなり多くの手仕舞い売りが出たと見られます。

実際、株価指数は▲6%超安の急落となる大幅反落で引けました。下落率は2月28日以来となる今年最大レベルとなっており、終値は1,200ポイントを割り込んでいます。

■JR西日本がストップ高の大爆騰、小売り株では株価上昇が続いたニトリHDが急落

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • リクルートホールディングス(6098)
  • ファナック(6954)
  • アサヒグループホールディングス(2502)

米国の大手製薬企業ファイザー社が、新型コロナウイルスワクチンの治験で予防の有効性が9割を超えたとする初期データを発表。日本も同社からワクチン供給を受けることが決まっているため、経済活動の正常化を見込んだ投資家により、コロナ禍で売られ続けてきた銘柄に対する買戻しが一気に顕在化しました。

とりわけ、輸送関連と旅行関連が買われ、西日本旅客鉄道(9021)がストップ高となったのを始め、東海旅客鉄道(9022)と東日本旅客鉄道(9020)も+15%超高の爆騰となり、前日に暴落した日本航空(9201)が+20%超高、ANAホールディングス(9202)も+18%弱高へ大爆騰しました。

また、海外旅行の回復を期待してかエイチ・アイ・エス(9603)も一時+21%高のストップ高まで買われ、終値も+15%高の爆騰となっています。

さらに、コロナ禍で業績悪化に陥った三越伊勢丹ホールディングス(3099)などの百貨店株も軒並み爆騰し、在宅テレワークの定着によるスーツ需要減退から売られ続けたAOKIホールディングス(8214)が+15%高、青山商事(8219)も+12%超高の爆騰となりました。

その他では、オフィス需要低下で下落が続いた不動産株も買い戻され、三井不動産(8001)が+12%高に迫るまで爆騰となり、三菱地所(8002)や住友不動産(8830)も急騰したのが目を引きました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • ソフトバンクグループ(9984)
  • ファーストリテイリング(9983)
  • エムスリー(2413)

一方、コロナ禍で“巣ごもり生活”関連として買われ続けてきた銘柄の多くが、利益確定売りや手仕舞い売りに押されて大幅安となりました。

株価上昇が続いたSGホールディングス(9143)とヤマトホールディングス(9064)は揃って▲8%弱安の急落となり、ゲーム関連では任天堂(7974)が一時▲6%安に急落、前日に上場来高値を更新したバンダイナムコホールディングス(7832)は一時▲9%安に迫る急落、スクエア・エニックス・ホールディングス(9684)も一時▲9%超安へ急落しました。

また、小売り株では、在宅テレワークの普及で業績拡大が続くニトリホールディングス(9843)が▲7%安に迫る急落となり、ZOZO(3092)は▲10%安に迫る暴落となっています。

さらに、ウエルシアホールディングス(3141)やスギホールディングス(7649)などドラッグストア株が総じて急落し、前日に上場来高値を更新したエムスリーは一時▲8%安に迫る急落で引けています。

その他では、3密を防ぐに有効な自転車関連で上場来高値更新を続けてきたシマノ(7309)も一時▲9%弱安へ急落したことが目を引きました。

新興市場(東証マザーズ)では、メルカリ(4385)が▲11%超安の暴落となり、ユーザベース(3966)も▲13%超安へ暴落しました。

関連記事(外部サイト)