バイデンの米国:欧州は歓迎、ロシアは警戒、中東は大変動する理由

− 米国と各国の関係はどう変わる? −


米国大統領選挙の結果、民主党のバイデン氏が勝利した。バイデン氏が7400万票、トランプ大統領が7100万票を獲得するなど、稀に見る大接戦となった。トランプ大統領の得票数でも、12年前にオバマ元大統領が勝利した際の6900万票を上回っており、今回の選挙は米国の分断というものを改めて露呈する形となった。

では、バイデン政権になって各国との関係はどうなるのだろうか。

■バイデン政権と欧州・ロシアの関係は?

まず、バイデン氏の勝利が決定すると、フランスやドイツ、英国など欧州各国はすぐに祝福する言葉を贈った。

トランプ政権下でフランスやドイツなど欧州と米国の亀裂は決定的なものとなり、欧米の分断が進んだ。特にパリ協定や国連人権理事会、イラン核合意など多国間合意からの米国の一方的な離脱は、欧州主要国からの不信感を買った。

バイデン氏はオバマアメリカへの回帰を目指しており、これによって欧米関係は劇的に改善することだろう。

一方、ロシアにはバイデン氏の当選への警戒心がある。トランプ政権はNATOを問題視してきたが、バイデンアメリカによって加盟国内での分裂がなくなり、プーチン政権は米国が再び欧州と結託して安全保障上の問題を引き起こしてくると考えているかも知れない。

■イラン、イスラエル、サウジとの関係は?

また、バイデンアメリカの誕生は、中東情勢を大きく変化させる。

トランプ政権はイラン核合意から一方的に離脱するだけでなく、イランへの経済制裁を発動し、今年1月のイラン革命防衛隊ソレイマニ司令官の殺害のように、中東情勢を大きく不安定化させた。

また、トランプ政権のイスラエル重視政策によって、パレスチナの地位や尊厳は大きく揺らぎ、最近ではイスラエルとの国交正常化を巡りアラブ諸国の間でも分断が生じている。

しかし、こういったものはバイデンアメリカによって大きく変化するだろう。まず、バイデン氏はイラン核合意へ戻る姿勢を示しており、イラン核合意の行方は別として、トランプ政権下での米・イランの緊張は改善される。米国のイラン核合意への回帰は、フランスやドイツも歓迎している。

また、バイデン政権下ではイスラエルに偏った政策は抜本的に見直されると思われ、今後は米国とイスラエルの関係に距離が生じる可能性がある。

さらに、バイデン政権がイランへ関与する姿勢に転換することを、イランと敵対するサウジアラビアは良く思わないことから、米国とサウジアラビアの間にも距離が生じる可能性がある。

いずれにせよ、バイデン政権ではオバマ政権時へ回帰し、トランプ政権4年間での政策を根本的に転換することになる。

関連記事(外部サイト)