ドアを開けても大丈夫?「悪質訪問販売業者の手口」 新興住宅地で体験したこと


今年の春頃から水道やガス、電気設備の点検を装って電話や訪問をする強盗や盗難事件が多発しています。中には新型コロナウイルスへの不安を利用する形で高額な水道管費用を騙し取るケースも。国民生活センターは3月の時点で「『新型コロナウイルスが水道水に混ざっている』等の根拠のない話には耳を貸さないで」として注意喚起を呼びかけていました。

住宅街には、さまざまなセールスや業者が頻繁に訪問してきます。3年前から都内近郊の新興住宅地に住んでいる筆者宅も例外ではありません。その中で実際に詐欺被害に遭ったわけではありませんが、「なんか嫌だな」「怪しいかも」と感じる業者のパターンがいくつか見えてきました。実際の例を紹介します。

■「近所で工事をしているのでご説明を…」は訪問販売だった

水道全般の工事や修理、リフォームを行っている株式会社クラシアンは先日、「悪質な水道業者を見極めるための10箇条」を発表。

水道業者を選ぶ時や業者訪問時に気をつけるポイントとして、「他社と比較して極端に低価格」「見積書を作成してくれない、作成しても有料である」「費用に対して明確な説明がない」「お願いしても名刺や社員証を呈示してくれない」といった項目を挙げています。

この「飛び込み営業・依頼していない訪問」というのは、筆者も何度か経験しました。ある水道業者はインターホン越しに「この地域で水道管の工事をしているので、そのご説明をさせてください」と言ってきたので、「騒音などもあるから近隣住民に丁寧な説明をしているんだな」と思った筆者はドアを開けて説明を聞くことに。

しかし、話を聞き始めるとどこで工事をやっているのか明確な説明がありません。そして次第に自社のやっている水道工事の説明をしだし、「今ご契約されると、この地域限定で通常の3割ほど安く工事を請け負えますがいかがですか?」とセールストークを始めたのです。結果的に、インターホン越しの説明とは全く違う飛び込み営業だったことがわかりました。

■個人情報を聞き出すようなセールストークも

また、こちらの個人情報を聞き出そうとする業者も少なくありません。とある教育系教材を扱っているという業者が飛び込み営業をしてきた際に、インターホン越しに「3軒隣に住んでいるおじいちゃんに、ここのお宅に中学生のお子様がいるという話を聞きまして……」と言ってきました。しかし、筆者宅には未就学児の子どもしかいません。

筆者が「うちには中学生の子どもはいません」と断ると、「それでは、お子さんは何歳ですか?」「どの小学校を受験するつもりですか?」「ご主人のお仕事は?」など、個人情報を聞き出すかのような質問を立て続けにしてきたのです。インターホン越しに見える表情がずっと笑顔だったことも怖くなり、結局「もう二度と来ないでください」と言って切り上げてしまいました。

また、太陽光発電の訪問販売業者が常識外れの時間帯にインターホンを押してきたことも何度かあります。それは、朝8時前でした。そんな時間帯に来られると、インターホンを受けるのも怖くなります。

居留守を使うと、その翌日には夜21時に同じ業者がまた訪問。怖くなった筆者は夫に玄関まで出てもらい、「こんな時間に訪問に来るなんて非常識。会社にクレームを入れるので名刺を出してください」と怒ってもらいました。すると、名刺も出さず謝罪だけしてそそくさと帰っていきました。

■まともな業者は身元がしっかりしていて明朗会計

クラシアンは「悪質な水道業者を見極めるための10箇条」に加えて「信頼できる水道業者の見極めポイント3つ」も示しています。それは、「水道局指定工事事業者である」「明朗会計である」「運営会社がしっかりしていて実績も豊富である」といった項目を挙げています。

これは水道に限らず、ガスや電気、教材、住宅リフォームなどあらゆる事業者に通じるポイントではないでしょうか。また、国民生活センターも公式サイトの「発表情報」ページで被害事例を報告して注意喚起しているので、実際に起きた事例に目を通しておくのもおすすめです。

すべての訪問販売や水道、ガスなどの業者が悪いわけでは決してありません。しかし、求めてもいないのにいきなり飛び込みで訪問してこられと、恐怖心や不信感を覚えることも否めません。怖い思いや詐欺被害に遭わないため、また自分や家族の身を守る上でも、こうしたポイントを押さえておくのは大切なことでしょう。

【参考資料】
「水道局職員を装った悪質な訪問販売や詐欺が多発しています!( https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kurashi/trouble/houmon.html )」(東京都水道局)
「悪質な水道業者を見極めるための10箇条( https://www.qracian.co.jp/column/waterworks/9339/ )」(株式会社クラシアン)
「新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!(速報第4弾)( http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20200331_1.html )」(独立行政法人 国民生活センター)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?