バブル崩壊後の最高値更新が続く日経平均、上昇トレンドはどこまでいくか

− 【日経平均株価】テクニカル分析 2020年11月29日 −


■ダウ平均史上初の3万ドル超えなどを受けて日本株も上昇

2020年11月27日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より107円40銭高の26,644円71銭となりました。月曜日は勤労感謝の日の祝日で休場でしたが、連休明けの火曜日から4連騰でした。終値ベースでおよそ29年半ぶりの高値を更新しています。

24日の米国株式市場で、ダウ工業株30種平均は最高値を更新。終値ベースで初めて3万ドル台に乗せたことを受け、日本株も連れ高となりました。

背景には、新型コロナウイルスのワクチン開発が進み、経済活動再開が期待されていること、また、トランプ米大統領がバイデン前副大統領への政権移行業務を認めたと報道されたことも好感されました。

今週の動きはどうなるでしょうか。ダウ平均はいったん3万ドルの大台に乗ったものの、その後は利益確定売りなども出て、27日の終値は29,910ドル37セントとなり、やや落ち着いています。日本株も連日のようにバブル後の最高値を更新してきたため、上昇一服から若干の調整が入るかもしれません。

その後は、目線を上に持っていいのではないでしょうか。米株については、バイデン氏が今週前半にも次期財務長官にジャネット・イエレン連邦準備制度理事会(FRB)前議長を指名すると伝えられています。イエレン氏は財政出動や金融緩和に前向きなことから、市場は好意的に受け止めると考えられます。

ただし金融緩和が進むとドルが売られることになり、円高傾向が続くと日本の輸出関連企業の業績に影響が出ます。さらに国内では、新型コロナの新規感染者数が急増しています。大阪、北海道に続き、東京も飲食店などに対して時短営業の要請を行いました。時短要請が全国に広がる可能性があり、注意が必要です。

一方で、米国ではクリスマス商戦も始まります。国内でも、コロナの影響はあるものの、巣ごもり需要などに応えて収益を拡大する企業も出てきそうです。なかなか見極めが難しいところですが、好業績の企業などを中心に銘柄を物色したいところです。

■短期〜長期まで、チャートは力強い上昇トレンドへ

先週の日経平均の値動きをテクニカル面から振り返ってみましょう。前週に5日移動平均線を割り込んだことから、先週はこれを回復できるかどうかが一つのポイントでした。

ふたを開けてみると、連休明けの24日火曜日には、大きく窓を開けて、いきなり5日線を回復するところまで上昇して寄り付きました。その後は大きな陽線となって上昇。さらに25日水曜日も窓をあけて上昇、陰線にはなりましたが、終値ベースでは上昇となりました。その後、週末にかけても上昇しました。

今週以降の展開はどうなるでしょうか。チャートは非常にいい形です。5日線、25日線、75日線、さらに200日線が上から順に並び、扇型に開いています。これは典型的な上昇トレンドの形です。

注目すべきは200日線も横ばいから上昇に転じてきていること。短期から長期まで、いずれもチャートは上昇トレンドになっています。目線を上に持っていいでしょう。

ただ、RSIなどオシレーター系の指標が「買われすぎ」を示していることもあって、利益確定売りも出やすいところです。とは言うものの、心理的節目となる26,000円や25,000円までもだいぶ距離があります。若干の調整局面は押し目買いの好機と考えられます。

上値メドについて、月足や年足などで長期的に見ると、バブル崩壊後の1991年3月の27,270円付近まで目立った節がありません。ここを越えると、さらに上のステージに上がります。楽しみなところです。

関連記事(外部サイト)