半導体需要増で東京エレクトロンが3日連続上場来高値更新! 日経平均株価は3日続伸

− 【東京株式市場】 2020年12月3日 −


■株式市場の振り返り−日経平均株価はわずかに3日続伸、狭いレンジ内での値動きに終始

2020年12月3日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 26,809円(+8円、+0.03%) わずかに3日続伸
  • TOPIX 1,775.2(+1.2、+0.1%) わずかに3日続伸
  • 東証マザーズ株価指数 1,232.9(▲32.6、▲2.6%) 6日ぶり大幅反落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,266、値下がり銘柄数:834、変わらず:77
  • 値上がり業種数:17、値下がり業種数:16
  • 年初来高値更新銘柄数:75、年初来安値更新銘柄数:3

東証1部の出来高は12億3,343万株、売買代金は2兆5,457億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。

特段目立った材料がない中でこの日もリスクオンモードが継続しましたが、週末の米国雇用統計発表を控え、やや様子見スタンスが強まりました。それでも、売買代金は2兆5,000億円レベルを維持しています。

そのような中、日経平均株価は久しぶりに狭いレンジ内での推移となりました。最後はわずかに上昇して3日続伸となったものの、膠着感が強まったと言えそうです。取引時間中の高値は26,868円(+68円)、安値は26,719円(▲81円)となり、値幅(高値と安値の差)は約149円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで3日続伸となりました。

■東証マザーズ株価指数は6日ぶり反落、売買代金は3日ぶり2,000億円を下回る

東証マザーズの出来高は8,998万株、売買代金は1,778億円となり、いずれも前日より減少しました。

売買代金は156日連続で1,000億円を超えましたが、3日ぶりに2,000億円を下回っており、個人投資家の様子見スタンスが強まったようです。

また、利益確定売りが多く出たと見られ、株価指数は▲3%安に迫る大幅安で6日ぶりの反落となりました。なお、終値は1,200ポイント台を維持しています。

■シリコンウエハー大手のSUMCOが15連騰、11月減収の良品計画が一時▲7%弱安へ急落

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • ソフトバンクグループ(9984)
  • 東京エレクトロン(8035)
  • ファーストリテイリング(9983)

ハイテク株では、世界的な半導体需要の高まりを背景に、東京エレクトロンが3日連続で上場来高値を更新し、やや出遅れていたアドバンテスト(6857)も連日の年初来高値更新となりました。同じ半導体関連では、シリコンウエハー大手のSUMCO(3436)は怒涛の15連騰で年初来高値を更新しましたが、信越化学工業(4063)は9日ぶりに反落しています。

また、経済産業省が2030年代半ばに国内のガソリン車の新車販売をなくす目標を設ける方向で調整に入ったという観測報道を受け、日産自動車(7201)が一時+4%高に迫る大幅高となりましたが、概ね織り込み済みということで上げ幅は徐々に縮小、目立った上昇には至りませんでした。さらに、その他のEV(電気自動車)関連銘柄も上昇は限定的に止まっています。

その他では、Go To トラベルが来年6月まで延長されるという観測報道が流れ、西日本旅客鉄道(9021)が急騰し、東海道線9022)や日本航空(9201)など輸送株が値を上げたことが目を引きました。

なお、医薬品株では、菅政権の目玉政策の1つである不妊治療支援が加速する期待感であすか製薬(4514)が6連騰で3日連続の年初来高値更新で引けています。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • エムスリー(2413)
  • ダイキン工業(6367)
  • 第一三共(4568)

小売り株の一角が売られ、とりわけ、発表された11月の月次売上高(既存店)が減収に転じた良品計画(7453)が一時▲7%安に迫る急落となり、コジマ(7419)やZOZO(3092)も大きく値を下げました。

また、医薬品株では大手で孤軍奮闘していた第一三共が一時▲4%弱安へ大幅下落となり、エーザイ(4523)も下落しています。さらに、前日に急落した業務用スーパーの神戸物産(3038)が大幅続落となりました。

その他では、TOB価格を10%以上上回る株価水準が続いていた東京ドーム(9681)が急反落したことが目を引きました。

関連記事(外部サイト)