じつは損する「投資商品」の買い方ワースト3。人気商品はNGな理由


私はファイナンシャルアドバイザーとして1万人以上の資産形成に関わってきて、あることに気が付きました。それは、投資で【損する人たち】が、同じような商品の買い方をしているということです。

ここでは、現在、投資の主流になっている「投資信託」の買い方について、損するケースが多い3パターンをお教えしていきます。

なお、日本で買える投資信託は6000本以上もあります。そのなかから本当にいい投資信託を見つけ出すのは難しいものです。けれど、逆にこれからご紹介する「損する3パターン」を知っておけば、「得する商品」に出会える確率がグッと高まります。ぜひ参考にしてみてください。

■【損するパターン1】 新商品やテーマ型商品に手を出す人

新商品=いいものというイメージがあります。

しかし、投資信託の新商品は必ずしも良いとは言えません。それでも人気が出るのは、ブームになっている間は利益がそれなりに出るからです。スタート時は勢いがあっても、ブームが終わったらすぐに失速します。そこで大損する人が多いのです。

そもそも、なぜ6000本もの投資信託が存在するのでしょうか。それは各運用会社が商品を売るために、競って新商品をどんどん作ってきたからです。

これはカップヌードルなどの戦略を考えるとわかりやすいと思います。カップヌードルは常に新しい商品を開発していて、これまでに発売されたものを累計すると100種類以上の商品があるそうです。

毎年「カップヌードルxx味」という新商品が数種類発売されます。レギュラー商品は基本的にオリジナルとカレー味、シーフード味ですが、酢豚味やハヤシ味、回鍋肉味など、変わり種のものはすぐに消えていってしまいます。他の味は、もとから期間限定で短期的に売ることを狙って作られているのでしょう。

同じように、投資信託も売れそうな商品(ファンド)を作ってバンバン売り出します。

売れる投資信託として、よく本やセミナーなどで紹介されているのは「テーマ型投資信託」というものです。最近では「5G(ファイブジー)」や「GAFA(ガーファ)」のような、コロナ禍でも業績が堅調な強い会社の株式を集めて運用する投資信託が売れています。

カップヌードルなら売ることを目的に商品を作ってもいいと思いますが、投資信託は「売れる=資産が増える」ではありません。投資信託はずっと持っていて、運用益を増やしていかなければいけないのに、その新商品は来年もあるかどうかわかりません。短命の商品を選び続けていたら、資産は増えていかないでしょう。

■【損するパターンA】 人気ランキングの上位を買う人

正直なところ、私たちのように投資信託をずっと見てきた者からすると、ネットに出ている人気ランキングはまったく当てになりません。

そのランキングに並んでいる商品は、「過去」のパフォーマンスがよかったようなものばかりです。本当に大事なのは5年後や10年後に良い結果になるかどうか、なのですが、そういう意味のランキングではないことを覚えておいてください。

ランキング情報はむしろノイズ(雑音)のようなものです。長期運用には役立ちません。

こういった人気商品は、毎年のように形を変えて生まれては、消えていっています。私はこれを「羊の皮をかぶった狼」と呼んでいます。近寄ってはいけない狼なのに、見た目は羊の姿をしており、安全・安心に見えるから騙されてしまうのです。

また、もうひとつ大切なことは、人気になっているということは、そもそもその時点でたくさんの人が商品を買っているということ。冷静に考えれば、既にブームの後追いになっていて、相場よりも高くなっているものを買わされるのだという点に注意しましょう。

( https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E9%87%91%E3%81%AE%E4%B8%8D%E5%AE%89%E3%81%8B%E3%82%89%E4%B8%80%E7%94%9F%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%82%8B%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E6%8A%95%E8%B3%87%E7%94%9F%E6%B4%BB-%E7%A6%8F%E7%94%B0-%E7%8C%9B/dp/4864107807/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E6%8A%95%E8%B3%87%E7%94%9F%E6%B4%BB&qid=1605506887&s=books&sr=1-1 )

筆者の福田猛氏の著書(クリックすると三科公孝氏の著書(画像をクリックするとAmazonのページにジャンプします)

■【損するパターンB】 販売者の言葉を信じすぎる人

最近はネット証券で商品を購入する人も多いでしょうが、もちろん証券会社や銀行の窓口でも投資信託は販売されています。そして、そこの担当者にはノルマで売っている人もいます。

もちろん良心的な営業担当者もいますが、本当にその商品が素晴らしくて売っているわけではないという可能性も考慮してください。

■おわりに

今まで投資信託を買ってもうまくいかなかった方は、特にパターン@、Aに当てはまる人が多いのではないでしょうか。新商品やランキング上位など、わかりやすいもので判断したくなるのは、人間の性。ある意味、仕方ないことだと私も思います。

投資信託は正しく活用すれば大損する商品ではないですし、長く資産運用をしていくために、こんなに適したツールはありません。だから今後は、この3パターンを避けて、上手に得する人になっていきましょう。

仕事や趣味はもちろん、家事、育児、人付き合いと、皆さん何かと忙しいでしょう。そんな時に投資商品の人気ランキングとにらめっこしながら、売ったり買ったりをするなんて面倒くさいのではないでしょうか。ぜひ、考えなくていい、忘れていられる、でも資産は増えている、そんな投資生活を身につけましょう。

( https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E9%87%91%E3%81%AE%E4%B8%8D%E5%AE%89%E3%81%8B%E3%82%89%E4%B8%80%E7%94%9F%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%82%8B%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E6%8A%95%E8%B3%87%E7%94%9F%E6%B4%BB-%E7%A6%8F%E7%94%B0-%E7%8C%9B/dp/4864107807/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E6%8A%95%E8%B3%87%E7%94%9F%E6%B4%BB&qid=1605506887&s=books&sr=1-1 )

『お金の不安から一生自由になれる 考えない投資生活( https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E9%87%91%E3%81%AE%E4%B8%8D%E5%AE%89%E3%81%8B%E3%82%89%E4%B8%80%E7%94%9F%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%82%8B%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E6%8A%95%E8%B3%87%E7%94%9F%E6%B4%BB-%E7%A6%8F%E7%94%B0-%E7%8C%9B/dp/4864107807/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E6%8A%95%E8%B3%87%E7%94%9F%E6%B4%BB&qid=1605506887&s=books&sr=1-1 )』(福田猛 著)

関連記事(外部サイト)