鬼滅はコメダやバレンタインにも! コラボが後を絶たない鬼滅の刃人気


2020年は新型コロナウイルスの感染拡大に揺れ動き、何かと暗い空気が日本を覆いました。そんな中、大ブームとなって明るい話題を振りまいたのが鬼滅の刃です。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、不滅の大記録と思われていた『千と千尋の神隠し』を抜いて歴代興行収入1位になり、1月5日現在で346億円に到達しています(興行通信社調べ)。また、映画の主題歌『炎』を歌うLiSAはこの作品で第62回レコード大賞を受賞するなど、その影響は各方面に波及しています。

■「鬼滅」コラボ商品は後を絶たず

実際、鬼滅の刃人気にあやかろうというコラボ企画や関連商品が相次いで登場しました。たとえば、映画上映に合わせるように発売されたダイドードリンコの缶コーヒー「鬼滅缶」や、丸美屋食品のレトルトカレー、ふりかけなど。

これらの商品は、あっという間に店頭から姿を消すほど大人気となりました。筆者は、鬼滅の刃ふりかけを一度も見ることがなく販売されていることをネットニュースで知ったくらいです。

また、日本郵便の2021年向け年賀状でも鬼滅の刃のイラストを採用。昨年10月末に販売予約を開始すると注文が殺到し、12月15日の年賀はがき受付開始時点で販売枚数が200万枚を超え、過去最高の売上を記録したとメディアでも大きく取り上げられていました。

通常、映画公開から時間が経つとこうしたコラボレーションも減少していきます。しかし、鬼滅の刃に関しては、まだまだ勢いの衰えは見られません。

多くのコラボ商品を展開しているローソンでは引き続き様々なキャンペーンを展開を継続しており、2月2日(火)から主要キャラクターのイラストが描かれている「こどもしょうぎ」の販売を予定しています。ターゲット層を明らかに子どもに定めた商品はコンビニには珍しく、鬼滅の刃人気が幅広い年代で受け入れられていることが分かります。

■コメダ珈琲との期間限定キャンペーン

上記のような既存の有名商品に加え、今度は人気喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」とのタッグも企画されています。同チェーンでは、1月8日(金)から2月28日(日)まで期間限定で「コメダでくつろいで鬼を滅ぼせ!」キャンペーンを実施。

公式アプリをダウンロードし、ドリンク1杯(キッズドリンク除く)を注文するごとにスタンプ1個が貰え、スタンプを5個集めると鬼滅の刃オリジナルグッズに応募できる仕組みです。

この他にも、期間中の1月15日(金)からは店頭で数量限定の鬼滅の刃デザインの豆菓子が販売されます(店内での飲食またはテイクアウト利用者のみ購入可、1人1セット限り)。豆菓子を購入するとオリジナルクリアファイル1枚がプレゼントされるなど、SNSで話題になりそうなキャンペーンです。

■バレンタインにもファンが喜ぶ商品が登場

そして今年もやってくるバレンタインデー。例年キャラクターデザインの商品も多数店頭に並びますが、今回、イタリアのウェハースとスイーツの専門店「BABBI」(バッビ)では、鬼滅の刃とコラボした限定商品を1月中旬からオンラインストアを含め一部店舗や催事場で販売します。

9種類ある鬼滅コラボ限定ポーチはデザイン性も高く、人気を集めそうです。この他にも、3月には集英社から原作イラストを使用した塗り絵が2冊販売されます。アニメと原作とでは絵のテイストも多少異なるため、作者の吾峠呼世晴の世界観を堪能したいファンにとっては待望のアイテムとなりそうです。

■おわりに

こうしてコラボ企画が途切れることなく続くことから、いかに企業側が鬼滅の刃の経済効果に期待しているかが見えてきます。経済情勢が不安定な今、少しでも起爆剤となる方法を考えれば、企業が鬼滅の刃を選択するのは当然の流れかもしれません。とはいえ、原作が終了し、映画公開日から時間が経っていている作品がこれほどの影響力を保っているのには驚くばかりです。

●参考資料

  • 「『鬼滅の刃』こどもしょうぎを2月2日(火)より発売!( https://www.lawson.co.jp/lab/entertainment/art/1423065_5839.html )」(株式会社ローソン)
  • 「コメダでくつろいで鬼を滅ぼせ!( http://www.komeda.co.jp/kimetsu2021_1/ )」(株式会社コメダ)
  • 「バレンタイン限定 BABBI×鬼滅の刃 スペシャルギフト( https://babbi.co.jp/2020/12/26/babbi-kimetsu/ )」(株式会社レガリーノ)

関連記事(外部サイト)