お金の県民性、「貯蓄上手」「食にお金をかけたい」1位はどこか


「寒い地方の人は忍耐強く真面目である」「海に面した地域の人は穏やかで開放的」など、人々の性質や性格が住んでいる地域と結びついている様子を、「県民性」などといった言葉と共に語られることは多々あります。そういった県民性によって、お金の使い方やお金に対する意識にも差はあるのでしょうか。

先月、ソニー生命保険株式会社は全国20〜59歳の男女を対象に行った「47都道府県別 生活意識調査2020」の調査結果を公表しました。そこで今回は同調査をもとに、都道府県別という観点からお金の使い方やお金に対する意識の違いについて紹介していきましょう。

■「倹約家」「貯蓄上手」ダブルで1位なのは?

調査では、お金の使い方なども含めたさまざまなアンケートを行っていますが、その中で「自分は【倹約家】だと思う」と答えた人が最も多かったのは、千葉県と鹿児島県(ともに68.0%)でした。以下、和歌山県・徳島県・福岡県(62.0%)、青森県・栃木県・東京都・三重県・京都府・熊本県(61.0%)と続いています。

また「自分は【貯蓄上手】だと思う」という質問でも、鹿児島県が38.0%で1位になっており、鹿児島県民は「自分は倹約家で貯蓄上手だ」という意識を持っている傾向が高いことがわかります。

この調査結果から、筆者が思い出したのは大学時代に仲良くなった鹿児島県出身の友人でした。周りの友人たちが常に「お金がない、今月ピンチ!」と言っている中で、彼の口からは一度もそのような言葉を聞いたことはありませんでした。

筆者と比べて仕送りが特別多いわけでもなく、バイトを極端に頑張っているわけでもないのに、なぜこんなに生活の余裕度が違うのかと当時は不思議に思ったものですが、彼の中に流れる鹿児島県民の血が成せる業だったのかもしれません。

■家計管理が得意でも倹約家とは限らない

一方、「自分は家計管理が得意だ」という問いに対して上位を占めたのは、1位から順に福島県(36.0%)、滋賀県(34.0%)、京都府・佐賀県(33.0%)、東京都・愛知県(32.0%)でした。

「家計管理が得意=倹約家」というイメージを抱きがちですが、これらの都道府県の中で「自分は倹約家だと思う」に対し、トップ10に入っていたのは京都府(61.0%)だけです。

筆者の妻は福島県出身ですが、確かに家計の管理を任せている身からすると「毎月上手にやりくりしてくれるなぁ」という印象を持っていますが、その反面自分の趣味には大胆にお金を使うこともあります。

福島県や滋賀県の人は、お金の使い方にメリハリを付けるのがうまいのかもしれませんね。

■「食」にお金をかけたい都道府県はどこ?

「衣食住」は生活していくうえで重要な要素ですが、これらにどの程度お金をかけたいと考えるかにも、県民性が垣間見られるようです。

「【食事】にお金をかけたい」と回答したのは、1位から順に石川県(43.0%)、兵庫県(37.0%)、新潟県・京都府(36.0%)でした。同調査では「Go To イート」の利用率に関してもアンケートを行っており、1位の石川県こそ上位には入っていないものの、兵庫県・新潟県・京都府はそれぞれトップ10入りとなっています。

兵庫県と京都府はかつて「天下の台所」と呼ばれた大阪に隣接していますし、新潟県は米どころであり日本海の新鮮な魚介類も楽しめるという地理的な要因が、食事に対して目がない県民性を生み出しているのかもしれません。

■「住宅」にお金をかけたい西日本

「【住宅】にお金をかけたい」という問いでは、大阪府と岡山県がともに18.0%で同率1位であるのを筆頭に、高知県(16.0%)、京都府・愛媛県・佐賀県・沖縄県(15.0%)と続いており、上位7府県は西日本で占められています。

残念ながら筆者の知識では、この理由に県民性や地域性を見出すことは叶いませんが、住宅の購入は人生の中でも最も大きな買い物の一つ。夫婦で住宅購入を考えているといった方は、将来のトラブル防止のために、お互いの住宅に関する金銭感覚について事前に話し合ってみるとよさそうです。

■おわりに

お金の使い方やお金に対する意識は人それぞれですが、生活の中でどういった要素・項目にお金を使いたいかは、県民性や地域性にも関連があるようです。そういったことを念頭に置いて、夫婦や周囲の友人知人とお金について話し合ってみると、今までにない新しい気づきを得られるかもしれませんね。

●参考資料

  • 「47都道府県別 生活意識調査2020( https://www.sonylife.co.jp/company/news/2020/nr_201211.html )」(ソニー生命保険株式会社)

関連記事(外部サイト)