発言や株価に注目が集まるEV推進の旗手イーロン・マスクの功罪

EV(電気自動車)といえばテスラ。そしてイーロン・マスクCEOの存在は際立ちます。世界で最もEVを売っているEV専門メーカーがテスラ社です(年産約50万台/2020年)。イーロン・マスク氏の発言や株価は、常に注目を集めますが、それを真に受けていいものか戸惑う人も多いのではないでしょうか?

テスラバブルに踊らされずに、真のEV産業の本質を見極めるにはどうしたらよいのか? 日本経済と自動車のスペシャリストである、加藤康子氏(元閣官房参与)、池田直渡氏(自動車経済評論家)、岡崎五朗氏(モータージャーナリスト)の3人が、EVの裏でうごめく国や利権の争いを紐解きます。

▲電気自動車を通して見えてくる日本の産業や政治の問題点を徹底討論

※本記事は、加藤康子×池田直渡×岡崎五朗:著『EV推進の罠 「脱炭素」政策の嘘』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■EV推進におけるテスラの功績は大きい

加藤 世界のEVマーケットを誰が牽引してきたかというと、やはりアメリカのテスラ社と言えるでしょう。「テスラ」は、CEOのイーロン・マスク氏が世界一の大金持ちになったり、宇宙にロケットを飛ばしたり、カリスマ経営者として異彩を放っています。ところで、実際にお二人はテスラに乗られたことはありますか?

池田・岡崎 もちろんありますよ(笑)。

岡崎 僕はね、テスラは“ラブ&ヘイト”(愛と憎しみ=可愛さ余って憎さ百倍)なんですね。すごく素晴らしい部分もたくさんある。でも、すごく駄目な部分もたくさんある、というメーカーだと思っていて。全面的に支持はしないし、全面的に駄目だとも言わない。けれど、ただ一つ言えるのは、やはりとてもカッコいい、性能も高い……。

加藤 スタイリッシュですよね。

岡崎 しかも、EV以外は作っていないという、とてもわかりやすい商品ラインナップです。イーロン・マスクはこれまで歯を食いしばって、倒産しそうになりながらも、なんとか頑張って頑張って、ここまで持ってきた。すごいことだと思いますね。

池田 「EVが次の時代のクルマだ」という印象を作りあげてきたことについては、テスラの功績はすごく大きいと思っています。日本のメーカーが最初にEVに手をつけたときには、もっとしょぼくて、加速の性能も低かった。とにかく電費をケチった乗り物で「こんな貧乏くさいものに商品の魅力ないよね」と言われていた時代がありました。

加藤 ゴルフカートみたいなクルマのことですね。

池田 でも、テスラはとにかく大容量のバッテリーをドカンと積み込んで、1000万円以上の高い値段で内装も高級に仕立てて、驚くべき加速をしてみせた。人々に「アレ欲しい!」と思わせたんですよね。

岡崎 最初のクルマが「ロードスター」というスポーツカーで、2008年の発売でしたね。英ロータスからシャシーの技術供与を受け、そこにバッテリーとモーターを組み込むという、成り立ちとしては改造車の域を脱しないモデルでした。乗ってみても驚くような性能があったわけではありませんでしたが「ノートパソコン用のバッテリーを大量に積んで、スポーティーに走るEVに仕立てる」というコンセプトは、確かに新鮮ではありました。

池田 そういう意味では、このEV時代を切り拓いた功績は、まさにイーロン・マスクが考えた「EVはゼロ・エミッションなんだから、速くて、長距離が走れて、高性能なことが大事」であると。未来のプロダクツ、夢のある製品を人々に見せる作戦が大正解だった。

しかし、そのままでいいのかという次のフェーズに入っているのに、まだその前の成功体験から離れられないでいるのではないか、というのが、僕の今のテスラの評価ですね。

■2020年はテスラの株価が爆上がり

加藤 テスラの株価が2020年初頭から1年の間で約10倍に急騰しましたね。

▲テスラの株価は1年で86ドルが883ドルに!

岡崎 そのテスラが、果たして地球環境に良いことをしているのか? あんなにデカくて重くて速くて、電気をいっぱい食うEVを作って売ることが、果たしてCO2削減、地球のためになるのかといったら、まぁ、ならないわけですよ。

池田 要するに「EVを作ること=エコロジー」という考え方なら、彼らはエコなことをやっているという話なんですけど、エネルギーをセーブしろようという概念は、どこにもないわけです。

加藤 リチウムイオン電池そのものが、ある面でいうと地球に優しくないわけですしね。有害物質で環境破壊するわけですから。化石燃料に比べれば、CO2削減にはいいのかもしれませんが、廃棄まで考えたら大変な産業廃棄物になります。

池田 だから、今の風潮って、世の中の無知や誤解に基づいて“わかりやすいところ”だけをやっている。わかりにくいところでは「それってどうなのよ」と言われることが、いっぱいあるんですよね。だけど、やっぱりテスラってこれだけの急成長をしているので、テスラを崇め奉る人たちが大勢いるわけですよ。「すごい! 我々もこの成長を見習いたい! あやかりたい!」と。

■テスラは砂上の楼閣でバブルの絶頂なのか?

加藤 株価10倍で、イーロン・マスクCEOは個人資産が世界1位※ですから。

▲イーロン・マスクCEO 出典:ウィキメディア・コモンズ

※2021年4月の時点ではジェフ・ベゾス氏(アマゾン創業者)に次いで2位[『フォーブス』世界長者番付・億万長者ランキング(2021年版)]

池田 いやぁ、でも1年で10倍の成長って、普通に考えておかしいですって。

加藤 EVを年間50万台、製造している会社ですよね。

岡崎 トヨタの20分の1ですね。

池田 マツダの3分の1で、スバルの半分ともいえますが。

岡崎 地球のことを考えるんだったら、この資産をもうちょっといいところに使われたらいいんじゃないかなと思いますが(笑)。でも、イーロン・マスクってやっぱりすごい人だなと思うのは、EVという新しいものを、世の中に「これは必要なものなんだ」と“誤解”させて、あたかも本当のように見せているところですよね。

しかも、すごくカッコいいクルマを商品として提供して、年産50万台まで持っていったというのは、本当に素晴らしい経営者だと思います。でもね、一方で嘘もたくさん言っているんですよ。例えば「ロボ・タクシー」といって……。

池田 2020年中に100万台走らせるというやつですよね。

岡崎 そうそう。2020年には、自動運転の運転手のいないテスラ車をタクシーとして100万台走らせるって、2019年の4月に言っていたんだけど、今どうですか?

池田 うーん、1台も走っていない(笑)。

岡崎 当時はかなり自信満々でしたよね。でも、日本の政府やメディアのなかには、イーロン・マスクすごい、テスラすごい、EVすごい、テスラの自動運転はさぞかしすごいんだろう、日本の技術はどうせオワコン(終わったコンテンツ)だろう……と思っている人も結構いるようなんですが、これらは明らかに嘘なわけですよ。というか、ただのイメージ、虚像の上に成り立っている、まさにバブルですよね。テスラは砂上の楼閣なわけです。

加藤 まさしく、この株価もバブルじゃないですか。

池田 この株価がバブルじゃなかったら、何がバブルなんだという話ですよ。

岡崎 空売り筋は、株価が異常に高いから空売りするわけじゃないですか? で、予想より上がって大損した人も多いわけですけど。その空売り阻止を、GPIF在籍時の水野さん※注1がやったというのを、僕は新聞記事で読みましたけどね。そういう意味では、イーロン・マスクにはかなり感謝されているんじゃないですか。

■EVの社会的な認知を進めたイーロン・マスク

加藤 EVにシフトした場合、日本の経済を支えている自動車産業には、どんな影響がありますでしょうか?

岡崎 急激な変化というのは明らかにマイナスなんですよ。例えば「2035年に、どのぐらいEVが走っているか?」とさまざまな機関が試算をしているんですけど、これね、やっぱりポジショントークの嵐。

日々ちゃんと機械を作っているエンジニアリング会社などは、わりと保守的で「EVはせいぜい30%ぐらいでしょう」と言っているんだけど、環境系のファンドを立ち上げている研究機関がやったところなどは「90%いってます」みたいな感じでね。

池田 EV推進派の方は、バッテリーの価格はこのままいくと、どんどん下がって、軽自動車でも通用するようになると言います。でも、それはなんの根拠もない乱暴な予測……というより願望であって、まったくあてにならないものです。

もう一つ、EVの議論をするときにちゃんと考えなきゃいけないのは、ステージ(段階)があるということなんですよ。EVというものが、このように環境技術として注目されているとき、日本の自動車メーカーなどは、それまで一生懸命に「どうやって軽くて小さくてエネルギーを食わない自動車を作ろうか」と、爪に火を点すような研究を日夜努力してやっていたんです。

加藤 まさに仰る通りですね。

池田 そこにイーロン・マスクという人が現れて。この人がすごかったのは「いやいや、電気はゼロ・エミッション(CO2ゼロ)なんだから、バッテリーを積めるだけ積んで、速くてスタイリッシュなクルマを作っちゃったら、めっちゃ普及するじゃん」と言い切ったことです。

普及をまず優先させたのです。EVの社会的な認知を進めるには、それはものすごいプラスだった。真面目な技術者だけではブレイクできなかったところを、イーロン・マスクがブレイクさせたというのは事実です。だけれども、もうそのステージは終わって、これからは本当に地球環境のことを考えなくてはなったとも言えます。

岡崎 だから、小泉進次郎さんは「環境問題をセクシーに」とか言っていたのか。イーロン・マスクの言っていたことと同じなんですね。

池田 同じですよ。

岡崎 テスラは、やっぱり“セクシー”で売ってきたクルマなんですよ、エコじゃなくてね。

加藤 なるほど。

岡崎 この2人って、感覚がすごい近いんじゃない? 実際、打ち合わせているかもしれないけれど。

池田 ええ、これに水野さんも含めるとだいぶシンクロするでしょう。ただね、これからはそうじゃないわけですよ。電気(電力)がゼロ・エミッションだったというのは普及のための方便だったわけだから、これからは本当に省エネルギーなやり方を考えていくべきでしょう。

※注1【水野弘道】
1965年生まれ。投資家。国連事務総長特使(2021年1月〜)。テスラ社外取締役(2020年4月〜)。住友信託銀行出身。元GPIF最高投資責任者(2015年1月〜2020年3月)。元経済産業省与(2020年5月〜2021年1月)。2021年1月28日号の「週刊新潮」では“菅政権の脱ガソリン車政策の黒幕”という記事となり話題に。

『EV推進の嘘 #03』EV推進は株価のため?テスラ&イーロンマスクの功罪!脱ガソリンの嘘!(加藤康子・池田直渡・岡崎五朗)( https://www.youtube.com/watch?v=jt4FVQN0LsI&t=946s )

関連記事(外部サイト)