資産家の母、死の前日に〈30代の男と入籍〉…怒髪天の長女「まるで後夫業!」遺産は取り戻せるのか【専門家が解説】

母は亡くなる前日に、30代の男性と入籍していた――。今回は、前夫の娘が後夫に挑む闘いです。なかなかドラマティックですが、人生100年時代、増加が予想される事例だといえます。夫婦問題コンサルタントの寺門氏と弁護士の木野氏がタッグを組んで解決策を探します。※本連載は、小川実氏監修、寺門美和子氏・木野綾子氏の共著書籍、『別れても相続人』(光文社)より一部を抜粋・再編集したものです。

相談者:娘・野口さくら 26歳

父・野口康夫 52歳

母・堀内京子 (故人・享年50歳)

母の現在の夫(再婚相手)・堀内俊輔 39歳

祖父・松岡肇 (故人・享年80歳)

祖母・松岡美恵子 75歳

伯母・53歳

資産家&魅力的な母だったが…自身が原因で父と離婚に

さくら:信じられません! 母は男にだらしない人だとは思っていましたが、こんなに浅はかだったなんて……。

寺門:どうされたのですか?

さくら:母はまだ50歳の若さで病気で亡くなりました。祖母を残したまま亡くなったのです。

寺門:(相談シートを見て)お母様と苗字が違いますが、さくらさんはご結婚されているのですか?

さくら:いいえ。私の両親は私が中学生の時に離婚しました。母の浮気が原因でしたので、私は父に引き取られました。とはいえ、父は理解があり、母とはしょっちゅう行き来がありましたが。

寺門:お父様、素晴らしいですね。妻に浮気された男性が、そこまで寛容なのは珍しいですよ。

さくら:父には救われます。しかし母がここまで愚かとは……。

寺門:どんなことがあったのですか?

さくら:母は、娘の私から見ても、とても魅力的な女性でした。だからモテるのですが、ダメンズばかり寄ってきていつも騙(だま)されるんです。母方の祖父は地主で、家賃収入がたくさんあり、母一家は経済的には裕福なんです。

寺門:さくらさんのお父様は賢い方なのに……。

「それではまるで、後妻業ならぬ…」

さくら:父は祖父が決めた結婚相手で、祖父のところに出入りしていた銀行マンだったんです。祖父は父にいつも、「娘が申し訳ない」と頭を下げていました。離婚原因の決定打は父の部下との不倫でしたが、いつも恋愛は短期間で終わる恋多き女性でした。

寺門:傍で見ていたさくらさんも辛かったでしょうに。しかし、お母様、お祖母様とも苗字が違う。……ということは、お母様は再婚したのですね。

さくら:どうやらそうらしいんです。

寺門:さくらさんはご存知なかったのですか?

さくら:私はその男との結婚に大反対していましたから。付き合う分には構いませんが、見るからに怪しいタイプで。まだ39歳と母よりひと回りも年下で、仕事も何をしているのかすらわかりません。いつも母の家にいて、どうも母が貢いでいたんじゃないかな。母が大金を渡すのを見ちゃったんですよね。

寺門:まぁ。後妻業ならず後夫業のようですね。

さくら:そうそう、それそれ! 祖母も最初は反対していたんです。でも、半年前に母が末期がんで余命宣告をされて祖母も落ち込んでしまい。最後には許してしまったみたいなんです。

寺門:さくらさんは最近、お母様とは会っていなかったのですか?

さくら:とんでもない! 休日のたびにお見舞いに行きましたし、最後の1か月は会社の有休も取得して、できる限り会いました。その男もいつも病室にいましたけど、そこは受け入れましたよ。

結婚に気づけなかったのは、入籍が死の前日だったから

寺門:さくらさんはこんなにしっかりしているのに、なぜ結婚に気がつかなかったんですか?

さくら:それが、入籍したのが亡くなる前日なんですよ。婚姻届の証人欄には、祖母と伯母が署名しました。病院のベッドで痩せ細った母が泣いてお願いするから断れなかったとか……。

寺門:え〜! お祖母様や伯母様はことの重大さをわかっているのですか?

さくら:今、2人は後悔というか反省というか……、相当落ち込んでいます。ほかの親族から私に、「専門家に相談してきなさい」と連絡があって今日は伺いました。祖母も伯母も天然キャラで。私も、病院とのやりとりや、母との残された時間を大切にしたいばかりに、そこまで気が回りませんでした。病床で母は、「怒られるから、さくらには言わないで」と言ったみたいです。

寺門:これはかなり困ったケースですね。

さくら:病院のベッドのネームプレートも「松岡京子」のままでしたからね。母の姓が「堀内」と言われても、娘の私でも未だにピンときません。

寺門:お母様も資産はお持ちなのですか?

さくら:はい。祖父が亡くなった際、二次相続対策というのでしょうか? 母の名義になった不動産やら、株式・現金やらがあるそうです。

寺門:もうこれは、弁護士さんにお願いするしかありません。戸籍上、夫である俊輔さんは、婚姻期間がたった1日でも、娘のさくらさんと同じ相続割合の権利がある相続人です。何ができるかわかりませんが、相談してみましょう。

さくら:はい。母は祖父に天国でめちゃ怒られていますよ。きっと祖父が力を貸してくれるはずです。

「再婚自体が無効だとして、争うことはできる?」

木野:弁護士の木野綾子です。確かに大変な事態ですね。単にパートナーへの金銭的なお礼なら、「遺言書」「生前贈与」「保険金」など、別のやり方もあったのに、なぜお母様はよりによって「結婚」という形を取ったのでしょうね。「養子縁組」や「隠し子」もそうですが、ほかの家族に内緒で家族を増やすというのは、心情的に受け入れられないものです。さくらさんのショック、お察しします。

さくら:お恥ずかしいのですが、母は恋多きロマンチストでした。特に、今回は私が大反対していたので逆に燃え上がってしまったのかもしれません。

寺門:木野先生、さくらさんのお母様には驚きましたが、今回のようなケースはよくあるものなのでしょうか?

木野:珍しいケースだといえます。逆パターンの例として、熟年夫婦ですでに離婚が決まっていて、あとは離婚契約書に双方の弁護士が同席して調印するだけだったのに、その調印予定日の前日に夫が病死したというケースを扱ったことがあります。お子さんのいないご夫婦でしたので、離婚成立と死亡の前後関係次第で兄弟の相続分が大きく変わることになり、たちまち「争族」に発展しました。

寺門:えー! そんなこともあるのですね。戸籍上夫婦か否か、たった1日で相続の権利が変わってしまうのですものね。今回のケースも、お母様が再婚さえしなければ、さくらさんが全財産を取得できたわけです。そもそも、お母様が俊輔さんと結婚したこと自体が無効だと、争うことはできないのでしょうか?

さくら:そう、それですよ! 木野先生、今、落ち込んでいる祖母たちのためにも、私はそうしたいです!

婚姻の無効について、考えられる争点は「3つ」

木野:遺言無効や養子縁組無効と同じように、婚姻無効を主張して争うことも確かにひとつの考え方です。今回の場合は3つの観点が考えられます。

①実際の婚姻届を市区町村から取り寄せて筆跡等を確認すること。本人の筆跡でなければ、そこから争うことが考えられます。

②病院から医療記録を取り寄せたり、さくらさん自身の記憶やメモから、婚姻届を出した当時のお母様の病状を明らかにすること。意識朦朧として、判断能力のないまま婚姻届にサインしたという場合には、無効になる場合があります。

③実質的な夫婦共同生活をする意思があったかどうか。先ほどの2つは遺言や養子縁組の無効を争う際にも共通でしたが、これは結婚特有の観点ですね。

さくら:先生、母は危篤に近い状態だったんです。もちろん退院の見込みなどないのですから、「夫婦共同生活」などできるはずはないですよ。そんな意思、母にもあの男にもなかったと思いますよ。

木野:ただ、お母様と俊輔さんは、それまで同居していたようなので、そうした経緯が重要視されることもあり得ます。婚姻無効を争う場合には、調停や訴訟で決着をつけることになりますが、婚姻届の証人欄にお祖母様や伯母様のサインがあるということなので、まずはこのお二人に相談してからの方がよいのではないでしょうか?

寺門:そうですね。相続というものは、法定相続人以外の親族も巻き込んでしまうので、意見を無視すると親族離散に繫がります。ここはていねいに慎重に進めた方がよいでしょう。木野先生、やはり最終的には、さくらさんと俊輔さんが遺産分割協議するしかないのでしょうか?

さくら:母の相続のことで、あんな大嫌いな男と話し合いをするなんて気が重いです。私、できるかな? 感情的になってしまいそう。

戸籍上の記載だけで「ゼロか100か」決まってしまう

寺門:木野先生、離婚時の財産分与や、不貞の慰謝料請求においては、そのご夫婦の婚姻期間の長短で金額が変わるじゃないですか。遺産分割調停において、今回のように婚姻期間が極端に短いからという理由で、配偶者の取得分を少なくすることはできないのでしょうか? どう考えてもおかしな状況ですし。

木野:寺門さん、鋭いご指摘です。確かに紛争の内容によっては、夫婦の婚姻期間が「もらえる金額」を左右することもあります。でも残念ながら、相続においては、婚姻期間の長さや、夫婦仲がどうだったか、別居中かどうかなどは全く考慮されずに、戸籍上の記載だけでゼロか100かが決まってしまうんです。調停になっても、本人が「1日しか夫婦じゃなかったから100分の1でいいです」などと譲らない限り、法定相続分である2分の1をもらう権利があります。

寺門:百ゼロ! だからよく、冷え切った夫婦関係でも、「嫌な旦那でも我慢して、死んで遺産や遺族年金が入るのを待った方がいい」と言う人もいるんですね。

さくら:私の場合、あの男と遺産分割の話し合いをする際に、どんな点で相手方と対立することが予想できますか?

木野:そうですね。再婚相手の俊輔さんからは、もしかしたらさくらさんの「特別受益」、つまり、さくらさんがお母様から生前贈与を受けたことがあれば、それを遺産の中に含めて計算せよとの主張が出るかもしれません。

さくら:母が病気の告知を受けた際、「私がいなくなったら、これからの生活の足しにしなさい」と、300万円もらいました。離れて暮らしていましたし、将来のことも心配してくれたのでしょう。あの男の前で渡されました。でも、これって親子なんだから当然といえば当然な気もするので、私から何か反論はできないのでしょうか?

木野:一応、寄与分が考えられますが、お母様の財産形成に貢献したといえることはありますか?

さくら:私は昔から手先が器用なので、何年も前から月に1回、母にネイルをしてあげていました。ネイルの相場は1回8000円前後です。また、病気になってからはヘアカットもしてあげていました。美容院なら5000〜6000円するんじゃないでしょうか? 母はショートカットだったので、こちらも2か月に1回はしていましたよ。料理が苦手な母のために、作り置きも数え切れないほどしています。お手伝いさん代わりだったと言ってもいいくらいです。

木野:とても素敵なエピソードですが、金額的にはずいぶん細かいお話のようですね。でも一応、言ってみたらどうでしょう? 「法的に認められないかもしれないから言うのは我慢しなさい」という弁護士もたくさんいますが、私は「悔いのないよう、言いたいことは全部言ってみましょう。ただし、ダメ元ですよ」というスタンスです。

さくら:ありがとうございます! ダメ元でも主張したいです。ところで、母とあの男が夫婦なら、私もあの男の娘になるのですか? あの男が死んだら、相続できるのでしょうか?

寺門:それは「親の再婚あるある」で、よく誤解される話ですよね、木野先生。

木野:はい。親の再婚相手とは、養子縁組手続きをしない限り、当然には親子関係は生じないので安心してくださいね。

さくら:あ〜、よかった。私にはあの男と親子関係になるなんて耐えられませんから。

寺門:今回のケースは深く考えさせられました。お祖母様や伯母様は、自分の娘、妹の死を目の前にして、「せめて最後は好きな人と夫婦にさせてあげたい」という気持ちで、婚姻届にサインをしてあげたのでしょう。しかし、その安易な気持ちが大変な事態を招いてしまいましたね。

相続に「離婚・再婚」が及ぼす影響をよく考えて

家族問題を扱っている専門家のひとりとして、「情」と、「資産」や「権利」を守ることは切り離さなくてはいけないと、常々考えさせられます。今回もそのケースでした。

家族が余命宣告をされたからといって、いきなりエンディングノートや遺言書を書いてくれとは言いづらいでしょう。また、そんな最中、相続の勉強をしましょうとも言えません。実際に不可能でしょう。だからこそ、繰り返しになりますが、相続について、元気なうちに学び、対策を講じて欲しいと思います。特に「離婚×(再婚×)相続」では将来的にどんなことが起こるのか、注意深くシミュレーションする必要があります。

寺門 美和子
AFP/上級プロ夫婦問題カウンセラー/相続診断士/終活カウンセラー/公的保険アドバイザー

木野 綾子
弁護士/上級相続診断士/家族信託専門士/終活カウンセラー

小川 実(監修)
税理士/上級相続診断士/終活カウンセラー

図版:秋穂 佳野

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?