地方移住後の最初の住まいを選ぶなら…「戸建て購入」よりも「賃貸マンション」といえる、これだけの理由

(※写真はイメージです/PIXTA)

地方移住を検討していると、まず悩むのが「最初の住まいをどうするか」という問題です。地方に永住する意気込みで移住を検討している場合、始めから戸建て購入を選びがちですが、最初の住まいは賃貸マンションにすべきと、地方移住や2拠点・多拠点生活に関する情報発信メディアを運営する合同会社Stoneintechの中嶋遼太代表はいいます。一体なぜなのでしょうか、みていきます。

はじめての地方移住なら賃貸マンションがおすすめ

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

結論、はじめて見知らぬ土地へ移住するなら賃貸マンションがおすすめです(賃貸の戸建ても可)。

それは、賃貸の場合やり直しが効くからです。そのほかにも理由はいくつかありますが、最悪の場合を想定して、また引っ越せばこれまでの生活環境に戻れるという状態にしておくことが、はじめての移住には重要です。

また、その土地に定住・永住するという重たい考えになりにくいので、ご自身に「合わなかったらまた引っ越せばよい」と移住後の生活も少し気が楽になるでしょう。

なぜ「賃貸マンション」がおすすめなのか?

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

ここからは、上述した「はじめての地方移住なら賃貸マンションがおすすめ」という理由を実際に移住した方の体験談の紹介も交えて解説していきます。

移住に失敗してもやり直しが効く

こちらは上述した内容と同じですが、最悪の場合もとの生活環境に戻れるという状態にしておくことが、精神的にも、パートナーや子育てにおいても大事です。

たとえば、移住後には下記のような思いもよらぬ事態が起きたとします。

・移住先の不便さが想像以上に耐えられないものだった

・パートナーが急に体を壊し医療体制が充実した環境が必要になった

・お子さんの通学先の学校が合わなかった(子供たち同士の人間関係など)

・ご両親が急病で世話をしなければならなくなった

上記のようなことが事態が起こる可能性があることを頭に入れて、最悪の場合を想定した住まい選びが大切になるため、はじめは賃貸マンションをおすすめします。

<体験談① 大阪府→愛媛県松山市→愛媛県東温市>

奥様の大病で移住を考え始めた岡さん。しかし、「地方で仕事があるか不安だったのでまずは企業も集まる松山市内で仕事を探し、賃貸物件に住み始めました」

その後は、愛媛県への永住を決めお隣のまち東温市に新居を新築されました。

「2段階移住」という選択肢

有田市空撮

「2段階移住」とは、最初は地方のある程度都会的な利便性を残した環境で暮らし、その後より田舎の地方へ移住するという考え方です。

段階を踏んで移住するため、「2段階移住」と呼んでいます。

実は、自治体側もミスマッチを防ぐ意味で積極的に取り組んでいます。たとえば、高知県ではまず四国のなかでも中核的な都市機能を備えた高知市に住んでもらい、その後に高知県内のより田舎のまちへの移住を推奨しています。

これにより、その土地やエリアごとの特性や特徴、自然環境、風土、文化だけでなく、町に住む人の雰囲気や、教育環境、治安や身近なスーパーや市場、交通アクセスなど住む場合に事前に知っておきたい情報が、リアルに収集することがきます。

そのため、より地方へ移住してもミスマッチが少なく理想の田舎ライフを送れる方が多いのです。

<体験談② 東京都→埼玉県上尾市→長野県上田市>

「家と東京都心にある仕事先を往復するだけの日々に疲れていた」と語る相川さん。ちょっと後ろ向きなプチ移住でしたが、上尾駅からバスに乗って約20分、畑の隣にある庭付きの一軒家でした。それが人生を変える大きなキッカケになりました。

その後は、田舎での農作業に目覚め最終的に長野県の上田市にある限界集落へ移住し農家として活躍されています。

<体験談③ 兵庫県→北海道札幌市→北海道帯広市>

兵庫県から北海道の札幌市へプレ移住し、その後帯広市へ2段階移住されたかんべさん。もともとは旅先として北海道を訪れており、惚れ込んで移住を決意されたそう。

最初の移住先を札幌にしたのは、いきなりの田舎暮らしに不安があったからです。札幌で北海道暮らしに慣れてから地方に移住する「二段階移住」を考えました。現在は帯広市に住んでいますがとても快適です。

その土地に住んでみると、よりよい物件が見つかる

田辺市田舎エリア

移住する際に、「思い立ったら即行動!」と物件探しもネットにある情報だけを頼りに決めてしまう方もなかにはいるかもしれません。筆者である私もそのタイプなのですが、移住における物件探しでは避けたほうがよいです。

地方の優良物件は、ネットに掲載されているものもあれば、掲載されていないものもたくさんあります。まずネットに掲載する方法を知らなかったりして、所有者は手放したいけど放置されている空き家なんかもたくさんあります。

自治体が積極的に空き家の情報を集めて「空き家バンク」を運営していますが、自治体によっては運営に人手が回っておらず、「空き家バンク」だけでもすべては網羅されていません。

※ 空き家物件情報を地方公共団体のホームページ上などで提供する仕組みのこと

では、どうすればよいか?

地元の不動産会社に話を聞くか、移住先で人脈などを作って、優良物件の情報を聞くしかありません。優良物件の情報などは、その土地に住む人たちのコミュニティの中で情報が行き交っています。

賃貸で暮らしながら、地元の方とのコミュニティに馴染み「あそこの物件には誰も住んでいなさそうですけど……」と聞けば、いろいろ教えてくれるでしょう。地元の手放したい物件の所有者も、信用できる人や大切にしてくれる人に貸したり、売ったりしたいのが人間の心理です。

<体験談④ 東京都→兵庫県淡路島>

「現在は賃貸アパートに住んでいますが、将来的には古民家に移り住む予定です。家賃は7LDK+庭・倉庫付きで月3万円と格安です。状態のよい空き家は、市場に出てこないことが多いです。身内や知人など、人づてに情報が流れていって限られた人間関係の中で買い手がつくので、地域外の移住検討者にはなかなか優良物件の情報は降りてこないですね。

移住後に、腰を据えて物件を探すと間違いが少ないでしょう。

戸建て購入のデメリット

移住後にその土地を離れることができない

1番のデメリットは、移住後にその土地や人間関係が合わなかったり、トラブルに巻き込まれたり、親族に万が一のことがあったりと、なにが起きるかわかりません。

また一度購入してしまえば、手放す際にも時間やコストがかかります。買い手を見つけてもらうために不動産仲介業者へ手数料を支払ったり、買い手が見つかるまではその土地を離れられなかったりと…。

そのため、その土地に住み続けたいと思えるまで物件を購入しないことがベターでしょう。戸建ての賃貸も地域によっては格安であるので、探してみましょう。

維持管理費や固定資産税がかかる

物件を所有すれば、当たり前ですが塗装の塗り替えや、水・ガス回りの点検、木造であれば、シロアリ駆除や耐震面構造の強化、傷んだところの改築など数年スパンでコストがかかります。

また、地域によっては景観について厳しいまちもあり、自治体から景観を保つためにもリフォームなどを依頼される可能性があります。

あとは、固定資産税です。その土地の価値に応じて毎年固定資産税を自治体に納めなければならないため、経済的にもデメリットになるでしょう。

移住するときの物件取得方法

移住をする際に最もお金がかかるところは住居です。住居を手に入れる方法は3つの選択肢があります。

3つ物件の取得方法

・物件を賃貸する

・物件を購入する

・親族等から譲ってもらう

工夫次第では二拠点生活の住居費を大幅に抑えることができます。通常の賃貸物件でも地方は安価で、単身者であれば月々2万円程度の物件もあります。

また、古民家を安価で手に入れてリノベーションをし、自分好みのカスタマイズをすることも可能です。

住居選びは、十人十色。移住における重要なポイントでもあり、さまざまな方法で物件を取得する方法があるので、今回の記事を参考にしてみてください。

物件を賃貸する

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

はじめて移住を検討している方は、賃貸がおすすめです。知らない土地で、失敗無しで最高の家を探すことができる移住者はそうそういません。

リスクを抑える上でもまずは賃貸。戸建ての賃貸物件なども都会では身近ではないかもしれませんがありますよ。理想の賃貸物件を探すためにはどのような方法があるのでしょうか。

賃貸物件を探す方法

・民間企業の物件検索サービスを使用する

・自治体の「空き家バンク」を活用する

・移住したいエリアの地元不動産で相談する

・移住支援センターの担当者や地元の農家さんなどに尋ねる

これらの方法のうちどれか1つで理想の物件に出会えることは少なく、複数の方法を同時並行して探すことをおすすめします。エリアや地域によって物件の情報量や、一般の我々に公開されている情報には限りがあるためです。

それぞれの物件探しの方法についての詳細を解説していきます。

①民間企業の物件検索サービスを使用する

「SUUMO」や「HOME’S」などを活用した物件探しの方法です。おそらくみなさまも1度は使ったことがあるでしょう。

注意点は、より人口の少ない地方に行けば行くほど優良物件の情報は民間の検索サービスに掲載されていない可能性が高いことです。そのため、②以降の物件探しの方法も必ず試してください。

②自治体の「空き家バンク」を活用する

自治体の多くは、空き家の活用を目的として主に移住者に向けてそのエリア内の空き家の情報を公開しています。

ただし、かなり物件情報として掲載されている画像が荒かったり、暗かったり、そもそも写真が無かったりと、少し使用しずらさはありますが、中には比較的きれいで築年数の浅い優良物件に格安で住めることもあります。

根気強く、継続して自治体の空き家バンクを定期的にのぞいてみることをおすすめします。

空き家バンク活用の手順

・希望の自治体のHPへ行く

・空き家バンクのリンクを探しクリック

・空き家情報一覧を閲覧することができる

③移住したいエリアの地元不動産で相談する

実は筆者の最もオススメしている探し方。優良物件に巡り合えることはもちろん、地元の人しか知らない(民間のサイトなどには掲載されていない)情報が多々あります。

比較的多くの移住した方が、「地元の不動産に相談」することで、理想の物件に巡り合い、即決しているケースもあるようです。

まずは、お電話などで物件を探している背景を伝えて、2~3件ほど希望に近い条件の物件を射繕ってもらいましょう。希望に近い物件情報をその不動産会社が持っていれば、かなりスムーズに物件探しが進むはずです。

複数の不動産に問い合わせしてもよいかもしれませんが、あまりにも田舎だとそのエリアに1件しかなかったりもします。

④移住支援センターの担当者や地元の農家さんなどに尋ねる

こちらもオススメの物件の探し方です。

移住支援について相談した自治体の窓口のご担当者や、実際にお試し移住や視察時に地元の方に尋ねるという方法です。

自治体の窓口の方は移住者が好みそうな物件情報や、空き家情報を持っている方が多いでしょう。また、地元の方は「先月近隣の家が、空き家になって空いている。」や「あそこの物件を大家さんが手放したがっている。」など地域の方しか知りえない掘り出し物の物件情報を持っているケースが大いにあるでしょう。

最初は勇気がいるかもしれませんが、ぜひ交流してみて下さい。

物件を購入する

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

物件の購入はご近所ならまだしも、まったく知らない土地で購入することはとても心配ですよね。

売物件を探す方法

・民間企業の物件検索サイトで探す

・移住先の地元の不動産屋さんで探す

・自治体の「空き家バンク」で探す

・移住相談窓口の担当者さんにヒアリングしてみる

・移住先に住んでいる方に聞いてみる

※新居を新しく建てることは今回割愛します。

いくつか物件を探す方法を記載しましたが、それぞれのメリット、デメリットを紹介していきます。

■民間企業の物件検索サイトで探す

メリットは手軽に情報収集できることです。

その地域の不動産価格の相場感をつかむにはもってこいでしょう。

しかしデメリットは賃貸物件と同様に、より人口の少ない地方に行けば行くほど優良物件の情報は民間の検索サービスに掲載されていない可能性が高いことです。そのため、そのほかの物件探しの方法も必ず試してください。

■移住先の地元の不動産屋さんで探す

おすすめの方法で条件に合う物件をいくつかピックアップして紹介してくれるでしょう。

物件を購入するとなると現地に詳しい方と一緒に内見ができたほうが安心です。

もちろん、まだ移住先のエリアを迷われている方にとってはお電話で周辺環境を聞き出すこともできそうですよ。

まずは、お電話などで物件を探している背景を伝えて、2~3件ほど希望に近い条件の物件を射繕ってもらいましょう。希望に近い物件情報をその不動産会社が持っていれば、かなりスムーズに物件探しが進むはずです。

■自治体の「空き家バンク」で探す

掘り出しものの物件が見つかる可能性があります。

ただし、安価なものはリフォームをしたり、定期的にメンテナンスしたりと追加で費用が発生するケースもしばしば。

また、自治体によっては物件の検索結果の写真が掲載されていないことや、古めの暗い写真などあまりその物件の良さが伝わらないことも多いかもしれません。

現地の不動産屋さんに紹介いただく物件と合わせて現地を訪れ、いくつか空き家バンクの物件も見てみることをおすすめします。

■移住相談窓口の担当者さんにヒアリングしてみる

移住相談窓口の担当者は、移住者に住みやすいエリアや、周辺環境の利便性、治安なども鑑みてよい物件があれば情報を教えてくれるかもしれません。

もちろん、物件の案内は専門外なので、困っていることを伝えれば、地元の不動産屋さんを紹介してくれるなど親身に対応いただけるでしょう。

■移住先に住んでいる方に聞いてみる

移住したての頃は賃貸物件に住んでいて、地元の方とのコミュニティが広がった際に、物件の情報が転がり込んでくるケースが多いように感じます。

しかし、行動力のある方であれば、現地を訪れた際に少し長期滞在をしながら、地元の方との交流を通じて情報を入手できるかもしれません。

しかし、あまり期待しすぎずその他の物件探しの+α程度に捉えておきましょう。

物件選びのチェックPoint!

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

最後に物件を選ぶ際のチェックポイントを紹介します。

特に、購入時は移住後に後悔しないように必ず確認しましょう。

■改修費がかかりすぎない

実際に住むとなると傷んだところや水回りをリフォームすることもしばしば。事前に改修費などを見立てて、購入を決断しましょう。

■暮らし方と家のサイズが合っている

あまりにも広い家にすると、夏場や冬場に冷暖房費が嵩むことになります。また、掃除なども大変に。リアルな生活をイメージして選びましょう。

■家主との相性

特に田舎暮らしで賃貸をする際、気を付けるポイントです。静かな暮らしを求めてきたのに家主さんが干渉してくるケースも聞きます。家主さんとも一度お会いして、人柄などを見ていると安心ですよ。

そのほか、補足として購入時にみておきたい点をまとめました。

①床下の腐食を確認する

②天井裏の雨漏りを確認する

③悪天候、最悪の状態を知っておく

④屋根の状態を確認する

⑤水回りを確認する

⑥家の傾きを確認する

⑦持ち主には、境界線と不人気の理由を聞く

合同会社toneintech

中嶋遼太

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?