初心者トレーダー「いくら勉強しても勝てない…」←勉強のやり方を根本的に間違えている!プロトレーダーが実践している方法を伝授

※画像はイメージです/PIXTA

本やyoutubeなどでいくらFXの勉強をしても勝てるようにならない……こうした経験から、FXの勉強をやめてしまう初心者トレーダーは少なくありません。しかし、FXの勉強をしてもトレードに勝てないのは、勉強のやり方に根本的な誤りがあると、株式会社ソーシャルインベストメントの清水一喜氏はいいます。そこで今回は、プロトレーダーが実践している、トレードが上達しやすいFXの勉強方法について解説します。

勉強したことが成果につながる保証がないFX

学生のころ、テスト期間中に必死になって勉強をした経験がある人は多いでしょう。学校のテストは出題される範囲が決まっていて、場合によっては出題される内容が特定できる授業もあります。学校のテストは勉強すればするほど高得点を出しやすいので、猛勉強をした人もいるはずです。

しかし、FXの世界では、勉強すれば結果が出やすくなるという相関関係はありません。努力は必ず報われるという信念のもと生活していた人にとっては絶望感をもたらす現実かもしれません。

「成果につながる保証がない」というギャップが、多くの初心者トレーダーからFXの勉強意欲を奪っています。その結果、学習することを蔑ろにしたトレードを多く行うことが、大きな損失や機会損失に繋がってしまいます。

プロトレーダーは勉強したことが成果に繋がらない可能性を理解したうえで、さらに勉強することの真の意味を知っているため、長く安定した利益を積み上げることができています。

勉強せずFXへと挑むリスク

勉強することの必要性を感じられなくなったトレーダーは、トレードの振り返りや勉強を行わないという選択肢をとる傾向にあります。トレードの結果を確認することはあれど、損益を見るだけでトレードの中身を振り返ることはありません。

勉強せずにFXに挑む最大のリスクは「同じ失敗を何度もしてしまうこと」です。

振り返りや勉強をすることで、自分がどのような場面で損失を被りやすいのか知ることができます。また、トレードの学習をすることは、相場の変化に気づく感度の高いアンテナを自分自身に取り付ける作業でもあります。なにも勉強せずにトレードしている人と比べ、勉強している人は相場の波をより無意識的に理解することができます。

木を見て森を見ないトレーダーと比べ、勉強をしているトレーダーは森を見ることができるので、長い目で見てトレード結果に違いが出てくるのは当然でしょう。FXの世界では、勉強することが必ずしもすぐに成果に結びつくことはありませんが、長期的に見ると学習する人のほうが大きな成果を残しやすい傾向にあります。

FXの勉強をする本当の意味

貴重な時間を使ってFXの勉強をしても必ず成果に結びつかないのであれば、意味がないのでは?と考える人も多くいます。しかし、FXで勉強する真の意味は「学習が失敗に気づく最大の武器になる」ことです。

プロトレーダーと初心者トレーダーの大きな違いは、同じミスを繰り返すかどうかです。

プロトレーダーの場合、損切りした理由を徹底的に追求して、次に同じミスをしないための対策を取ります。一方で、初心者トレーダーの場合、損切りをただのマイナストレードとしか捉えていないことが多く、原因を追求しようとしません。その結果、同じようなミスを繰り返し、なかなか収益を上げることができません。

プロトレーダーと初心者トレーダーで顕著に異なる点が「原因追求できるかどうか」です。そして、原因追求に必要な知識こそ、普段からFXに関する勉強をしているかどうかで大きく差がついてしまいます。

普段から勉強している人は、自分の間違いに気づくことができます。チャート分析に問題があるのか、資金管理に欠陥があるのかなど、具体的な変化に気づくことができるのは勉強しているからです。

FXに関するひとつひとつの知識が武器になることは少ないですが、知識が教養となったときに、総合的に相場や自分のトレードを振り返るための武器になります。

イレギュラーが頻発する相場で利益を出し続けるには

FXの世界では、昨日通じたトレード理論が今日は使えないというイレギュラーが頻発します。このような世界では変化に気づくスピードが早い人ほど、大きな利益を出すことができます。

確実に早く成果が出るとは限らないFXの勉強は、終わりの見えない作業でもあるので継続するモチベーションの維持が難しいでしょう。

しかし、相場の変化にいち早く気づくためには、日々の学習と相場での経験を活かす必要があります。FXの勉強をしているすべての人が長く利益を上げ続けているとは限りませんが、長く利益を出しているトレーダーは全員FXの勉強を行っています。

偶然の利益だけでなく、長く相場と付き合っていきたいと考えている人は、ぜひFXの勉強を継続していきましょう。日々のトレードにマンネリ化を感じてしまった人も、一度立ち止まって自分のトレードを振り返るとよいでしょう。

清水 一喜

株式会社ソーシャルインベストメント 

執行役員

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?