2億円・港区の超高級タワマンの“壮絶・階層格差”…世帯年収1,900万円の妻、子供をインター幼稚園に通わせて大後悔のワケ「一人だけ半笑い、惨めです。」

港区の超高級タワマンに壮絶な階層格差 高層階の部屋を見比べて憂鬱になる女性も

記事まとめ

  • 超高級タワマンといっても、その部屋の価格帯は低層階と高層階で大きく異なるという
  • 港区のタワマンに住む女性が「毎日劣等感に苛まされています」と語っている
  • 子供が遊びにお呼ばれして高層階の豪華な部屋を見比べるたび、憂鬱になるらしい

2億円・港区の超高級タワマンの“壮絶・階層格差”…世帯年収1,900万円の妻、子供をインター幼稚園に通わせて大後悔のワケ「一人だけ半笑い、惨めです。」

(※写真はイメージです/PIXTA)

港区のとある超高級タワマン。ひとくちに「超高級タワマン」といっても、その部屋の価格帯は、低層階と高層階で大きく異なるという。そんな同じ建物内で巻き起こる階層ヒエラルキーとはいったい……。実態について、住民に話を聞いた。

港区のタワマンに住むも、劣等感を感じる日々

「せっかく港区のタワマンだし、子供の将来のことを考えてインターナショナルスクールに通わせたのですが、これが大失敗でした……」

目の前の女性は力なくつぶやいた。有名私立大学を卒業し、誰もが知るような大企業に務め、港区のタワマンに住んで子供をインターに入れて国際色豊かに育てる――。理想的な人生のように思えるが、実際はそうではないのだろうか。

「高層階に住む家との格差がすごくて、毎日劣等感に苛まされています」というか細い声からは決して謙遜ではなく、本音で後悔しているであろうことが伝わってくる。

37歳の女性が港区のタワマンに引っ越したのは今年。「港区といっても、高輪だし低層階だから全然大したことないですよ」と話すように、西麻布や広尾のような「本物の富裕層」が住む街と違い、共働きであればギリギリ手が届く部屋もある。

購入を決断したのが新型コロナ禍の真っ最中で、不動産価格が現在のように高騰する前でタイミングがよかったことも幸いした。

タワマンといっても1,000戸を超えるような大型物件の場合、ファミリータイプだけでなく、賃貸用のワンルームなどの部屋も数多く用意されている。女性が住むタワマンは、ファミリータイプの高層階の部屋は2億円超えのものも多い。

年収1200万円の夫が8000万円、年収700万円の彼女がペアローンで4000万円をそれぞれ借り、彼女は毎月11万円をコツコツと返済しているという。

決して楽な生活ではないが、夏冬のボーナスを考えると、多少のゆとりはある。そうしたなか、彼女が考えたのが子供をインターナショナルスクールに入れることだった。

インターの学費は月々25万円程度だが、港区の補助もあり、実際に払うのは月15万円程度。実家からの資金援助もあり、なんとか通わせることができたという。

「吸収力が早い子供のうちに英語を身に着けさせるのが効率的」という彼女の期待どおり、まだ3歳の子供は通って半年ほどで英単語を話すようになったという。

子供だけじゃない…親にも試される「英語力」

ここまで聞けば順風満帆、という感じもするが、彼女を悩ませるのが英語でのコミュニケーションだ。子供を迎えに行くたび、学校の先生と英語で話さなければならない。

「私は純ドメで大学受験以来、英語には触れていない。正直、先生がなにを言っているのかもよくわからない。連絡アプリの内容も毎日Google翻訳しています」とうなだれる。

※純粋ドメスティックのこと。生まれてからずっと生まれた国にいる人

彼女が住むタワマンには同じインターに子供を通わせている家が数組いるが、ほかの親はみな英語が流暢で、先生とのコミュニケーションを完璧にこなしている。

「送迎やイベントのたび、一人だけ半笑いでやりすごしているけど、すごく惨めな気持ちになる」という。

最初は順調だった子供の英語力も、ここにきて成長スピードが鈍化しつつあることも悩みだ。ある日、夫がお迎えをすると学校の先生から「友達同士で日本語を話すことがあるから、家でも注意して欲しい」と伝えられたという。本人としても、つい得意な日本語が出てきてしまうという。

子供に注意しても、なぜ日本語を話してはダメなのか、まだ納得できないようだ。

「少しでも英語への接触時間を増やそうとNetflixの音声を英語にしたけれど子供は嫌がるし、もうどうすればいいのかわからない……」と悩ましげだ。

最近、インターに通う子供は英語も日本語も中途半端な「セミリンガル」になる可能性があるというネットの記事を読み、日々悶々としているという。

親同士のコミュニケーションも憂鬱の種だ。インターに通う子供同士が仲良くなり、たまにお茶をするようになったが、周りの親は外資系企業や起業でバリバリ働いている。

「私みたいに、日本企業の内勤でまったり働いている層とは話のレベルが違う」

なかには中国から帰化し、子供に日中英のトリリンガル教育を施している親もいるという。

「子供の語学力で親としての能力が試されているようですごく嫌だ」と嘆く姿は、深刻そのものだ。

「なんで東京タワーが見えないの?」…高層階と低層階の“格差”

タワマンと一口に言っても、低層階と高層階ではエレベーターの種類も違えば、住設機器も異なる。

「キッチンの水栓がうちは国内ブランドなのですが、子供のお友達の家はドイツ製なんです。トイレも、うちよりも全然高い上位機種の製品でした」

子供が遊びにお呼ばれして高層階の豪華な部屋を見比べるたび、憂鬱になるという。

部屋の値段も段違いだ。ネットで調べると、同じ間取りでも低層階と高層階では1億円以上の差がついているといい、とても手が出ない。いまの家に引っ越してきたときは2人目の子供も考えていたが、教育費のことも考えると、これ以上は無理だと諦めたという。

憂鬱な親心を察してか、「格差」に子供も敏感に反応する。

「先日、子供から『なんでうちの部屋からは東京タワーが見えないの?』と聞かれて、答えられませんでした。悪気がないとは思うのですが、高層階の子供は『うちは東京タワーが見えるから』みたいな自慢をしているようです。親同士、私がいないところで、どういう風に言われているのかを考えるだけでゾッとします」と嘆く女性は、精神的に参っているようだった。

「背伸びなんかしなければよかったんでしょうね」

そう話す女性だったが、いまさらインターをやめさせるという選択肢も、タワマンから引っ越すという選択肢もないという。本来であれば「中の上」としてそこそこの暮らしができたはずなのに、上の世界を見てしまったゆえの悩みなのだろうか。

関連記事(外部サイト)

  • 40

    >37,39 価値を自分で判断できない人は販売価格で価値を決めるのです。海外製品は国内製品より高く販売されているので高級品と判断してるのでは?ドイツのフォルクスワーゲン車は日本国内でなぜか高級車扱いしている人が多いですよね、それもこんな理由かと。日本のトヨタとほぼ同じ会社がドイツのフォルクスワーゲンで、ラインナップもほぼ同じ、でも日本向けは高いグレードのみなので勘違いしちゃうんですかね。

  • 39

    >37 戦前的発想では、舶来品は高級なんだそうです。子供の頃に聞いたような気がする。

  • 38

    >31 デマ 無闇に外出せず各戸に備蓄があればなんの問題もない。余裕がある人々は別荘かホテルに行ってる。 トイレの件は尾ひれを付けて面白おかしくし流されたデマ、まだ信じてるとは・・・

すべてのコメントを読む