インフルエンザの新治療薬ゾフルーザに耐性を持つウイルス発見 未知の副作用を指摘も

記事まとめ

  • インフルエンザの新治療薬ゾフルーザを使った患者から耐性を持つウイルスが発見された
  • ゾフルーザは錠剤を1回飲むだけで済む手軽さもあり急速にシェア拡大していたとされる
  • 一方で「未知の副作用があるかも」と、ゾフルーザの使用に慎重姿勢を示す医療機関も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております