世界同時株安ひと息も…市場が怯える“中国リスク”の深刻度

いき過ぎた米中貿易戦争による"中国リスク"深刻 米財務長官の発言に市場関係者怯える

記事まとめ

  • 米国発の世界同時株安は12日も続きひと息ついたが、不安が去ったわけではないという
  • 米FRBの利上げ継続観測より深刻なのはいき過ぎた米中貿易戦争による"中国リスク"とも
  • 米財務長官が、中国が意図的に人民元を下げているとし、市場関係者を震え上がらせた

世界同時株安ひと息も…市場が怯える“中国リスク”の深刻度

世界同時株安ひと息も…市場が怯える“中国リスク”の深刻度

習近平も困惑?(C)共同通信社

米国発の世界同時株安は12日も続いたものの、東京市場の終値は前日比103円80銭高の2万2694円66銭に戻し、ひと息ついた。ニューヨーク市場も12日は反発、ダウ平均は同287.16ドル高の2万5339.99ドルで終了した。

 だが、不安が去ったわけではない。トランプ米大統領が株安の原因だとして矛先を向けた米FRB(連邦準備制度理事会)の利上げ継続観測よりも、むしろ深刻なのは、いき過ぎた米中貿易戦争による「中国リスク」である。

 最近、市場関係者をギョッとさせた米高官発言があった。10日付の英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで、ムニューシン財務長官が人民元安に言及、中国が意図的に人民元を下げているとして為替操作国の認定をにおわせたのだ。ムニューシンは親中派とされてきたが、トランプや議会が対中強硬路線をとる中、同調せざるを得なくなってきているとみられる。

 だが、なぜこの発言が市場関係者を震え上がらせたのか?

「中国は意図的に人民元を下げているわけではないのです。その逆で、資本の無秩序な流出を懸念していて、人民元安で輸出を支援する余裕などありません。とはいえ、米国に反論することもできない。うっかり当局の意図に反して人民元が下がっていると言ったら、当局が人民元をコントロールできなくなっていると暴露することになり、さらなる資本流出や通貨不安、株の暴落を招くことになってしまいかねません。加えて、米国の為替批判は中国国内の金融政策も制約しかねない。つまり、中国を追い込み、身動きできなくさせるような発言なのです」(経済評論家・斎藤満氏)

■返り血を浴びるのは米国の方

 中国税関総署がきのう発表した9月の対米貿易黒字は、341億3000万ドルで過去最大を更新した。これでトランプがますます中国に厳しくなりそうだが、中国経済がそこまで堅調なのかというと、実は今年4〜6月の経常収支は赤字。巨額の債務を抱え、新興国売りの中心となったトルコやアルゼンチンと似たような境遇にあるのだ。

「米国の対中戦略は、実のところ中国経済のおいしい部分に寄生虫のように吸い付くことにある。貿易黒字攻撃は、中国の門戸を開放させ、その利益を得るためのものであり、米中の貿易不均衡が簡単に解消されないことなどハナから織り込み済みです。中国経済を殺してしまったら元も子もないのに、やりすぎると米国は返り血を浴びることになってしまいます」(斎藤満氏)

 トランプの辞書に「さじ加減」という言葉があるようには思えないから、ヤバイのだ。

関連記事(外部サイト)