ソフトバンク株が東証1部上場も公開価格割れ 株式アナリストの藤本誠之氏が解説

記事まとめ

  • 19日東証1部に上場したソフトバンク株価は、公開価格の1500円を下回る1282円で引けた
  • 「初値が1463円だったのは、証券会社が“買い”を入れたから」と株式アナリストは分析
  • 「株価はあと4、5日、下落する可能性があり、下値のメドは1250円」だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております