平昌五輪の感動の名場面が氷像に 新宿駅に毎日続々登場、次のハイライトシーンが楽しみ

平昌五輪の感動の名場面が氷像に 新宿駅に毎日続々登場、次のハイライトシーンが楽しみ

平昌五輪の感動の名場面が氷像に 新宿駅に毎日続々登場、次のハイライトシーンが楽しみの画像

東京・新宿駅に、平昌冬季五輪の氷の彫刻が出現だ。コカ・コーラシステムは2018年2月12日〜18日の期間、平昌五輪のハイライトシーンを再現した氷像を展示する「#コーク氷のハイライト」を実施している。

コカ・コーラ平昌2018冬季オリンピック応援キャンペーン

大会中の興奮さめやらないシーンを「氷」で切り取るこの企画。期間中、前日のハイライトシーンを毎日追加で制作・展示し、初日の12日には平昌五輪の公式マスコット「スホラン」が、翌13日には躍動感あふれたスピードスケートの選手が彫られた。

縦1080、横600、幅280ミリメートルの「スケート像」は圧巻で、実際に目にした30代の男性は「躍動感があってとてもいいですね。明日もどんなハイライトシーンが見られるか期待しています」と話した。

展示は、東京メトロ丸ノ内線・新宿駅の地下連絡通路で6時〜23時の間行われる。13日と15日の18時〜20時、18日の16時〜18時には先着でサンプリングも行われる。

サンプリングは、前日に日本人選手が金メダルを獲得した場合、「限定おウチコークセット」(50人)もしくは「コカ・コーラ」1リットルペットボトル(430人)を、獲得がなかった場合は「コカ・コーラ」1リットルペットボトル1本が720人にプレゼントされる。

なお「限定おウチコークセット」は、「コカ・コーラ 限定パーフェクトグラス」1個と「コカ・コーラ」1リットルペットボトル1本が入っている。

今後のハイライトシーンも何が登場するか楽しみだ。

詳細はイベント特設サイトから。

綾瀬はるか起用のキャンペーンも同時展開

本キャンペーンは「ウチのコークは世界一」をテーマに、家ならではのおいしい「コカ・コーラ」の楽しみ方が、平昌五輪を応援するひとときをさらに特別なものにすることを訴求している。

キャンペーンCMでは女優の綾瀬はるかさん(32)と元プロフィギュアスケーターの高橋大輔さん(31)が「コカ・コーラの最高の美味しさを味わいながら、平昌2018冬季五輪を楽しもう」と呼びかけている。